市場調査サービス市場調査サービスOur Business

化学・メディカル関連

I.調査対象市場

調査対象市場 イメージ
  • ケミカル/マテリアルは、石油化学品を中心とした基礎化学品からファインケミカル、高機能材料など、幅広い用途分野にまたがる裾野の広い業界である。近年は海外における基礎化学品の生産拡大により、日本の競争力低下の傾向が強まる中、国内の化学メーカーでは高い技術力を生かし、先端エレクトロニクス素材や次世代自動車材料、ハイブリッド・複合材料、メディカル・ライフサイエンス関連素材など、より高機能・高付加価値な素材・材料への注力度を高めている。
  • エンジニアリング業界は、東日本大震災以降のエネルギー事情の変化により、太陽光発電、風力発電、地熱発電、バイオマス利用などの再生可能エネルギーへの注力度が高まっている。また、地球温暖化対策として、CO2排出削減の各種取り組みに向けた需要も拡大している。
  • メディカル産業は、日本における成長産業の一つとして政府に位置付けられており、医療ICTや画像診断装置、在宅医療機器などの関連企業や研究機関への支援が拡充されていく方針である。今後は政府主導によるオールジャパンでの国産医療機器開発を図った研究開発や輸出促進に関する事業環境の整備進展が期待されている。

II.市場調査実績/テーマ

カテゴリ 分野 対象市場
ケミカル/マテリアル ベース原料 ナフサ(エチレン/プロピレン/ブタジエン/BTX)、シェールガス、バイオマス、ほか
有機材料 プラスチック、エラストマー、繊維、紙、油脂、溶剤、ファインケミカル、ほか
無機材料 鉄/非鉄金属/貴金属、レアメタル、セラミックス、ガラス、セメント、ほか
先端エレクトロニクス素材 半導体、実装、LCD、OLED、タッチパネル、LED、電池材料、センサー、ほか
フィルム・シート 汎用樹脂フィルム・シート、エンプラ・スーパーエンプラフィルム・シート、ほか
高機能材料 耐熱ポリマー、光学ポリマー/光学材料、発泡プラスチック、微粉体/微粒子、炭素繊維、ハイブリッド/複合材料、高機能添加剤、ほか
応用製品・素材 パッケージ/包装材料、次世代自動車材料、塗料/コーティング、エネルギー関連マテリアル、ウェアラブル素材、建材、ほか
エンジニアリング エネルギー 太陽光発電、風力発電、地熱発電、バイオマス、電力貯蔵、コージェネ、ほか
プラント・設備 廃棄物処理、水処理/下水処理、CO2分離回収、海水淡水化、医薬品、ほか
環境対策 大気汚染防止、地球温暖化対策、循環型社会形成(3R)、土壌汚染対策、ほか
インフラ/建材 道路、橋梁、トンネル、鉄道、港湾設備、住宅、ビル、商業施設、駐車場、ほか
メディカル 医療機器/装置 画像診断装置、臨床検査装置、手術室関連機器/システム、感染防止機器/システム、ほか
医療ITソリューション 電子カルテ、PACS、RIS、遠隔医療システム、地域医療連携システム、ほか
ヘルスケア機器/デバイス 生体センシング/ウェアラブル機器、医療・介護機器、スポーツ機器、ほか
ヘルスケアサービス 健康管理支援サービス、高齢者見守りサービス、介護支援システム、PHR関連システム、ヘルスケアビッグデータ、ほか
医療用部材/素材 メディカル・ライフサイエンス原料、ディスポーザブル、医療用包材/医薬品包材、研究/分析用部材、人工臓器、バイオ医薬、再生医療、ほか

III.発刊実績

化学・メディカル関連市場調査レポート・刊行予定
2017年 化学・メディカル関連市場調査レポート
2016年 化学・メディカル関連市場調査レポート
2015年 化学・メディカル関連市場調査レポート
2014年 化学・メディカル関連市場調査レポート

ページトップ