市場調査サービス市場調査サービスOur Business

マーケティングレポート(ケミカルレポート、環境マーケティングレポート、月刊BT)のご案内

  • HOME
  • マーケティングレポート(ケミカルレポート、環境マーケティングレポート、月刊BT)のご案内

はじめに

マーケティングレポート(MR)は、業界構造、市場動向などをレポートする会員向け月刊レポートです。富士キメラ総研では現在、下記の分野のMRを発行しております。

他の市場調査レポートと異なり、1冊20〜50ページ前後にまとめたレポートで年間購読のご契約となります。月刊レポートならではのタイムリーな話題を取り上げるなど、内容は毎月異なります。

マテリアル・先端素材・高機能材料市場、環境・エネルギー市場
ケミカルレポート(Chemical Report・CR)
環境マーケティングレポート(Environment Marketing Report・EMR)
両レポートにつきましては、以下のご案内をご覧ください。
また、ケミカル市場、環境市場に関する市場調査レポートをお探しの方は、“マテリアル・先端素材・高機能材料市場調査レポート 一覧”も合わせてご覧くださいますよう、お願いいたします。
情報通信市場
月刊BT(ビジネステクノロジー)
月刊BTにつきましては、『月刊BT(ビジネステクノロジー)』のページにてご案内しております。

ケミカルレポート(マテリアル・先端素材・高機能材料市場に関する月刊市場調査レポート)のご案内

ケミカルレポートとは

富士キメラ総研は、総合マーケティングリサーチ会社である富士経済グループの一員として40年の実績を有しております。当「Chemical Report(ケミカルレポート)」は、富士経済グループ創業時よりケミカル分野のトレンドデータブックとして、関連各社の方々にご利用いただいている会員制の月刊レポートです。
ケミカル業界は、日本を代表とする基幹産業として長い歴史を持っております。その応用領域は自動車部品や家電・OA機器関連部品などの工業製品分野を始め、住宅・建築関連資材、医療関連資材、各種包装資材や合成繊維、生活用品・雑貨など広範な分野を対象としており、現代の生活に不可欠な産業として位置付けられております。
当レポートでは、情報通信分野など川下分野の急速な技術革新や、環境適合化やグローバル化等、需要構造の変化、新しい技術開発が進む中で注目される有望市場、技術市場に着目し、その市場分析を弊社独自の切り口でまとめていきます。
また、付加価値が高く、差別化に有効な材料及び加工品の開発が進められており、関連する製品市場、ユーザーニーズ動向、環境上の問題点、流通(業界)構造の変化等を捉えた上、次世代を担う材料市場分析を行い、有望製品・材料の今後の動向を明確化していくことを目的と致します。
「ケミカルレポート」は年間購読契約による会員向レポートです。当レポートのバックナンバー及び発刊予定テーマをご紹介いたしますので、是非この機会にご購読のご検討をお願いいたします。

年間購読料:100,000円+税/12ヶ月
体裁:オフセット印刷 A4 20〜30ページ(予定)
刊行予定:毎月25日年間12冊発行

刊行予定テーマのご案内

  • 太陽電池関連部材の動向
  • 燃料電池部材の研究開発トレンド
  • スーパーエンプラ市場動向
  • バイオプラスチックの市場展開状況
  • 環境に優しいモノづくり〜グリーンケミストリー
  • ファインセラミックス市場動向
  • 注目ナノマテリアル市場と研究開発
  • 自動車構成部材の市場・軽量化動向
  • 熱可塑性エラストマー市場動向
  • 表面処理技術、二次加工技術の動向
  • 注目ディスプレイ関連部材動向
  • リチウムイオン電池関連技術
  • 高機能繊維・複合材料市場
  • 高機能フィラー・用途分析
  • 高機能フィルム市場の現状と展望
  • 機能性塗料・コーティング材料市場分析
  • 注目建築・土木資材の需要分析、他

今後は上記テーマを中心に、また上記以外にもタイムリーな話題を取り上げ、選定していく予定です。尚、予定テーマにつきましてはやむを得ない事情により変更する場合がございます。
上記以外に御要望のテーマがございましたら、できるだけ御意向に添った形でレポートに取り上げさせていただきます。お気軽にお申し出ください。

主要調査ポイント

1. 製品概要、位置付け
2. 主要参入メーカー
3. 市場規模推移及び予測
4. メーカー動向
5. 用途動向
6. 研究開発・技術動向
7. 今後の方向性

上記ポイント以外にも、各テーマに則したポイントでの調査を行ないます。

バックナンバーの御案内(2017年)

 1月号  高透明シート市場の現状と将来展望
2月号  PETフィルムと代表加工フィルム市場実態
3月号  CMPスラリー・CMPパッド市場の現状と将来展望
4月号  ウェアラブルデバイスの市場動向と注目構成部材の展望
5月号  遠赤外線カメラおよび関連材料の現状と将来展望
6月号  化粧品原料・ケミカル市場の将来展望
7月号  農業用高機能フィルムの将来展望

バックナンバーの御案内(2016年)

 1月号  機能性カーボン市場の現状と将来展望
2月号  ガス・水蒸気コントロールフィルムの将来展望
3月号  多孔質無機材料の現状と将来展望
4月号  フロアインフラにおけるサイン&グラフィックスの将来展望
5月号  生体適合金属の応用事例および将来性
6月号  トナー市場の現状と将来展望
7月号  注目機能紙市場の現状と将来展望〜耐水紙・耐油紙・合成紙編〜
8月号  PAN系炭素繊維複合材料市場の現状と将来展望
9月号  紙おむつ・材料市場の現状と将来展望
10月号  UV-LED市場と主要材料動向
11月号  プリンタブル配線材料の将来展望
12月号  カプセル構造・バルーン構造マテリアルの現状と将来展望

バックナンバーの御案内(2015年)

 1月号  建材・インフラ関連などで拡大するエポキシ・不飽和ポリエステル樹脂市場
2月号  電気二重層キャパシター市場の現状と将来展望
3月号  包装フィルム市場で拡大が期待されるバリアフィルムの現状と将来展望
4月号  偽造防止技術の市場展開と開発動向
5月号  究極のエコカーFCVと関連構成部材市場の展望
6月号  医療用テープ市場の現状と将来展望
7月号  ノイズ抑制シート・電磁波シールド製品市場の現状と展望
8月号  難燃材料・応用製品市場の現状と将来展望
9月号  拡張現実(AR)を実現するヘッドアップディスプレイ/スマートグラス市場動向
10月号  潤滑油市場の現状と将来展望
11月号  医薬品包装市場の現状と将来展望
12月号  生体補助・医療分野応用が期待される生体センサー市場の将来展望

バックナンバーの御案内(2014年)

 1月号  新規市場獲得へ向け高機能化が進むコンデンサー市場
2月号  シェールガス革命と化学産業
3月号  光通信用100G/40Gトランシーバー/トランスポンダ関連部材市場
4月号  東南アジア地域の経済・産業動向およびケミカル産業の方向性
5月号  液状、フィルム状封止材市場の将来展望
6月号  ディスプレイ/光ディスク用機能性色素の市場動向
7月号  生分解性、バイオプラスチックフィルム・シート市場動向
8月号  発泡プラスチック断熱材市場動向
9月号  建築用ガラス/関連マテリアル市場の現状および高機能化動向
10月号  自動車エンプラにおける低フリクション摺動エンプラ市場動向
11月号  航空機向けスペシャリティケミカルの現状と将来展望
12月号  筆記具市場・関連マテリアルの将来展望

バックナンバーの御案内(2013年)

 1月号  ケミカル・マテリアル主要企業の事業・研究開発動向
2月号  産業用ガス市場の現状と将来展望
3月号  放射能汚染物質の除染に伴い需要拡大が期待される放射線遮蔽シートの市場・開発動向
4月号  コアシェル微粒子・複合微粒子の開発動向
5月号  世界的に需要が拡大している紙おむつ・マテリアル市場の将来展望
6月号  新規用途の拡大で注目される電子ペーパー市場の現状と将来展望
7月号  主要用途分野における熱可塑性エラストマーの市場展望
8月号  超耐熱・透明エンプラ市場の注目用途と市場展望
9月号  光学レンズ用樹脂材料と用途市場動向
10月号  タイヤ・関連材料市場の動向
11月号  有望放熱部材市場の将来展望
12月号  充電インフラ用部材市場の現状と将来展望

バックナンバーの御案内(2012年)

 1月号  EV・PHV充電インフラ市場
2月号  産業用大型二次電池の市場動向
3月号  コスト・環境意識の高まる容器・包装用材料市場の動向
4月号  タッチパネル構成部材の将来展望〜高分子材料を中心に〜
5月号  放熱ポリマー市場の現状と将来展望
6月号  PETフィルムの全貌と注目のタッチパネル用透明導電性フィルム市場動向
7月号  積層セラミックコンデンサと主要材料の市場展望
8月号  エネルギー関連プラスチックス市場の現状と将来展望
9月号  注目される溶剤市場の将来展望
10月号  光学用透明プラスチックフィルム・シート市場の展望
11月号  車載電装用部材・マテリアルの将来展望
12月号  注目される耐熱透明フィルム基板市場の将来展望

バックナンバーの御案内(2011年)

 1月号  メンテナンスフリーにより需要が拡大する高耐候性塗料の市場展望
2月号  CO2の化学的有効利用の動向
3月号  難燃性プラスチック関連市場
4月号  再生可能エネルギー動向及び蓄電デバイス用マテリアル
5月号  高屈折率ポリマー市場拡大トライアル分析
6月号  高機能飲料容器市場の現状と将来展望
7月号  フレキシブル銅張積層板市場の現状と将来展望
8月号  タッチパネル用光学透明接着剤市場の動向
9月号  バイオベース素材の立上がりが期待される高耐熱ポリアミド市場の展望
10月号  ナノテクノロジーが先導する先端医療市場
11月号  リチウムイオン電池と正極活物質の市場ロードマップ
12月号  高分子分離膜市場の動向

バックナンバーの御案内(2010年)

 1月号  安定した需要が期待される食品容器市場の展望
2月号  プリンタブルエレクトロニクス及びフレキシブルデバイスの将来性
3月号  LED関連マテリアルの将来展望
4月号  半導体プロセス材料の市場展望
5月号  導電性高分子コンデンサ及び陰極材料の市場動向
6月号  主要微粒子ポリマーの現状と今後の展望
7月号  2010年以降の好調な半導体市場の成長に起因するCMP関連部材市場展望
8月号  耐熱フィルム市場の将来展望
9月号  光学樹脂市場の現状と有望用途動向
10月号  市場投入が開始目前、有機EL照明市場の将来展望
11月号  プラスチック成形装置市場の動向
12月号  自動車用エコマテリアル市場の現状と展望

月刊「環境マーケティングレポート(EMR)」休刊のお知らせ

 拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別の御引き立てを賜わり、誠に有難うございます。
さて、毎月ご購読いただいております月刊「環境マーケティングレポート(EMR)」ですが、2016年9月号をもちまして休刊させていただきますことをお知らせいたします。
市場調査レポートである月刊「環境マーケティングレポート(EMR)」は、ご購読者様のニーズの多様化等により、現在のレポート形態ではユーザーニーズに十分対応ができないものと判断し、誠に勝手ながらこのたび休刊させていただくこととなりました。
発刊以来22年間という長きにわたり、ご支援、ご購読頂きましたことを、この場をお借りして厚く御礼申し上げるとともに、突然の休刊案内にて恐縮ではございますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
なお、弊社発行の調査資料に関しましては、今後とも変わらぬ御愛顧のほど、何卒宜しくお願いいたします。

敬具
年間購読の受付は終了しておりますが、バックナンバーを単品で販売しております。ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

バックナンバーの御案内(2016年)

 1月号  小型バイナリー発電の現状と今後の展望
2月号  水素ステーションの整備動向と将来展望
3月号  鉄道用回生電力システムの利用動向と今後の展望
4月号  COP21以降の温室効果ガス削減対策技術と人工光合成の動向
5月号  次世代型電力貯蔵技術の展望
6月号  食品系廃棄物の発生・再利用の状況と新規活用技術の開発動向
7月号  水処理膜装置市場の現状と将来展望
8月号  CO2排出削減に挑む自動車軽量・マルチマテリアル市場の方向性
9月号  再生可能エネルギーと火力発電を中心とした国内のエネルギー政策の動向

バックナンバーの御案内(2015年)

 1月号  地熱開発及び地熱発電の将来展望
2月号  浮体式洋上風力発電の開発動向と将来展望
3月号  大規模電力貯蔵設備市場と今後の動向
4月号  固定価格買取制度で注目される小形風力発電市場の課題と展望
5月号  水素の用途展開と次々世代利用技術の展望
6月号  FEMS市場の現状と将来展望
7月号  下水汚泥処理の現状と装置市場の今後の展望
8月号  海水淡水化プラント市場規模予測と動向
9月号  CO2分離回収技術の現状と今後の展望
10月号  レアメタル・レアアースリサイクルの現状と将来展望
11月号  木質系バイオマス直接燃焼発電の現状と将来展望
12月号  廃棄物発電の現状と将来展望

バックナンバーの御案内(2014年)

 1月号  メタン発酵システムの現状と今後の方向性
2月号  藻類バイオマスの開発動向と将来性
3月号  燃料電池自動車の開発および水素ステーション整備の動向
4月号  未利用木質資源の高度利用技術
5月号  再生可能エネルギー買い取り制度の下での太陽光発電システム市場の現状と今後
6月号  PM2.5をはじめとする大気汚染物質対策の現状と経済効果
7月号  リン回収システムの現状と将来展望
8月号  一般廃棄物処理施設の現状と海外展開動向
9月号  コージェネレーションシステムの現状と将来展望
10月号  定置式燃料電池市場の現状と将来展望
11月号  セルロース系バイオエタノール製造技術の現状と将来展望
12月号  廃棄物焼却灰処理・資源化の現状と今後

バックナンバーの御案内(2013年)

 1月号  IMO大気環境規制と対策技術の開発動向
2月号  工場・自動車分野における蓄熱技術の動向
3月号  注目を集めるシェールガス・オイルと日系企業の取り組み状況
4月号  海洋資源開発の動向と将来性
5月号  一般廃棄物処理施設の市場動向と今後の方向性
6月号  再生可能エネルギー買取制度導入で設置件数が急増しているメガソーラー市場の現状と今後
7月号  大規模電力貯蔵設備の現状と将来展望
8月号  洋上風力発電の整備動向と今後の方向性
9月号  波力発電の開発動向と今後の方向性
10月号  小型家電リサイクルの状況と展望
11月号  電気自動車インフラ市場の将来展望
12月号  省エネ対策用センシング技術の現状と将来展望

バックナンバーの御案内(2012年)

 1月号  東日本大震災以降の国内におけるエネルギー・温暖化政策の動向
2月号  レアメタル・レアアースの需給状況と代替技術の開発動向
3月号  メガソーラーの現状と今後の展望
4月号  水素ステーションと燃料電池自動車の将来展望
5月号  放射能汚染対策の動向
6月号  小型風力発電市場の現状と将来展望
7月号  電力不安への対応策として期待されるコージェネレーションシステムの現状と今後の展望
8月号  太陽熱発電関連ビジネスの動向と展望
9月号  次世代太陽電池の開発状況と市場展望
10月号  造船・重機大手5社の環境・エネルギー分野における研究開発動向
11月号  CO2有効利用技術の状況と今後の方向性
12月号  地熱発電の現状と今後の展望

バックナンバーの御案内(2011年)

 1月号  増加が見込まれる高層ビル解体とリサイクル対策の動向
2月号  スマートシティの現状と今後
3月号  海洋エネルギー利用の現状と将来性
4月号  国内におけるCCS推進状況及び主要企業の研究開発動向
5月号  木質バイオマス処理・エネルギー等利用の動向
6月号  家庭・業務用蓄電池の動向
7月号  脱原発の動向と代替発電技術のポテンシャル
8月号  定置型燃料電池(エネファーム)の現状と将来展望
9月号  東日本大震災の被災自動車の状況と処理・リサイクル対策
10月号  海外水ビジネスの状況と国内の取り組み
11月号  排熱利用技術・市場の動向
12月号  風力発電市場の現状と今後の動向

バックナンバーの御案内(2010年)

 1月号  排出量大幅削減の切り札CO2分離・回収・貯留技術の展望
2月号  電力貯蔵関連市場の現状と将来展望
3月号  電動自動車インフラの現状と展望
4月号  水処理エアレーションの市場動向
5月号  レアメタル資源確保に繋がる小型家電製品リサイクルの現状と課題
6月号  バイオマスプラスチックの現状と将来展望
7月号  日本、アメリカ、EUを中心とした先進各国の地球温暖化防止対策の方向性
8月号  途上国を中心とした、地球温暖化防止対策の動向
9月号  非可食バイオマス燃料(セルロース系・水生バイオマス)の研究開発動向
10月号  自動車リサイクルにおける再資源化・再利用技術の動向
11月号  電気自動車への採用により拡大が期待されるリチウムイオン二次電池リサイクルの将来展望
12月号  バイオガス化システムの動向

お申し込み・お問い合せ

お申し込み・お問い合わせ方法
以下のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mailにてinfo@fcr.co.jp、ファクシミリにて03-3661-1414までお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”(新しいウィンドウで開きます)でご確認ください。

ケミカルレポートについて
ケミカルレポートの詳細な内容説明を受けたい
ケミカルレポートの年間購読の見積を希望する
ケミカルレポートの年間購読を希望する(年間購読料 100,000円+税/12ヶ月)
ケミカルレポートのバックナンバーについて見積を希望する
  (ご希望の号数を通信欄に記載ください)
ケミカルレポートのバックナンバーについて購入を希望する(頒価 30,000円+税)
  (ご希望の号数を通信欄に記載ください)
環境マーケティングレポートについて
環境マーケティングレポートのバックナンバーについて内容説明を受けたい
環境マーケティングレポートのバックナンバーについて見積を希望する
  (ご希望の号数を通信欄に記載ください)
環境マーケティングレポートのバックナンバーについて購入を希望する(頒価 30,000円+税)
  (ご希望の号数を通信欄に記載ください)
ケミカルレポート・環境マーケティングレポート バックナンバー価格改定のご案内
2016年9月1日より単冊販売は頒価30,000円+税に改定いたします。

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研
担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄

ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)

本件に関するお問合せ先

株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
ケミカルレポート担当/環境マーケティングレポート担当
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町1-5 PMO日本橋江戸通
TEL:03-3664-5839
FAX:03-3661-1414
電子メール:info@fcr.co.jp

ページトップ