◆最新マルチクライアント調査レポート:2022年05月30日発刊

透明エレクトロニクスの開発動向と市場性に関する調査

5G普及、カーボンニュートラル、非接触対人コミュニケーションの進展に向けて注目される透明エレクトロニクスの開発動向、市場予測
−はじめに−
  • 本マルチクライアント特別調査企画では、透明アンテナ、透明電波反射板、調光ウィンドウ、透明ディスプレイ、スマートミラーを「透明エレクトロニクス」と位置付け、その開発動向や現状の市場規模把握、市場規模将来予測を行った。
  • 5G通信のカバレッジ拡大を実現するためのキーデバイスである透明アンテナ、透明電波反射板は、基礎研究開発や試作、実証などを経て、商用実用が開始されようとしている段階である。低いイニシャルコストで、かつ、景観を損なわずにカバレッジを拡大可能な技術として需要拡大が続く見通しである。
  • 調光ウィンドウは、これまでも一定の市場規模が形成されてきたが、昨今の「カーボンニュートラル」「SDGs」推進という社会要請の中で再び度注目が高まっている。市場動向としては、米国企業によるEC方式量産や液晶方式における中国メーカーの躍進、自動車用途の立ち上がりなどが話題となっている。
  • 次世代映像表現として期待される透明ディスプレイは、実証段階を終え徐々に商用実用が開始され始めた段階である。地下鉄車両用途などいくつかの用途分野では透明ディスプレイのメリットが明確にみえてきており、今後の市場拡大が期待される。
  • 本マルチクライアント特別調査企画では透明エレクトロニクスおよび関連材料に注目し、その開発動向や現状の市場規模把握、市場規模将来予測を行うことを目的とした。本マルチクライアント特別調査企画を関係各位が事業戦略を立案・展開されるにあたり、役立てていただくことを切に望む。
−調査目的−
  • 本マルチクライアント特別調査企画では、透明エレクトロニクスとして、透明アンテナ、透明電波反射板、調光ウィンドウ、透明ディスプレイ、スマートミラーとそれらの主要材料を調査対象とし、開発動向や現状のワールドワイド市場規模把握、および、将来市場予測を行うことを目的とした。
−調査対象−
調査対象品目
透明エレクトロニクスデバイス5品目透明アンテナ、透明電波反射板、調光ウィンドウ、透明ディスプレイ、スマートミラー
透明エレクトロニクス関連材料3品目フィルム基板、ガラス基板、ハーフミラー材料
−調査項目−
透明エレクトロニクスデバイス市場
1. 製品概要・定義
2. 技術概要
3. キーマテリアルに対する要求特性
4. 主要参入メーカー
5. 想定用途
6. 先進導入事例
7. 技術ロードマップ・技術課題
8. タイプ別市場動向
1) タイプ別出荷数量推移・予測
2) タイプ別出荷金額推移・予測
3) タイプ別出荷面積推移・予測
9. 用途別市場動向
1) 用途別出荷数量推移・予測
2) 用途別出荷金額推移・予測
10. メーカー動向
1) メーカーシェア(2021年実績)
2) 主要メーカーの動向
透明エレクトロニクス関連材料需要予測
1. 製品概要
2. 要求特性
3. 用途別需要予測
1) 透明アンテナ
2) 透明電波反射板
3) 調光ウィンドウ
4) 透明ディスプレイ
 
透明エレクトロニクス関連企業ケーススタディ
1. 企業プロフィール
2. 透明エレクトロニクス取り扱い製品
3. 構造・構成材料
4. 製造プロセス概要
5. 技術ロードマップ
6. 課題
7. 透明エレクトロニクス関連事業規模
8. 注力用途分野
9. アライアンス動向
10. 投資動向
−目次−
1.0 総括(1)
1.1 透明エレクトロニクス市場予測とロードマップ(2)
1.2 主要参入企業とアライアンス(4)
1.3 ディシジョンメーカー考察(6)
1.4 透明エレクトロニクス先進導入事例(7)
1.5 キーマテリアルに対する要求特性(10)
2.0 透明エレクトロニクスデバイス市場(11)
2.1 透明アンテナ(12)
2.2 透明電波反射板(21)
2.3 調光ウィンドウ(30)
2.4 透明ディスプレイ(50)
2.5 スマートミラー(70)
3.0 透明エレクトロニクス関連材料需要予測(77)
3.1 フィルム基板(78)
3.2 ガラス基板(80)
3.3 ハーフミラー材料(82)
4.0 透明エレクトロニクス関連企業ケーススタディ(83)
4.1 NTTドコモ(84)
4.2 ジャパンディスプレイ(85)
4.3 正興電機製作所(88)
4.4 積水化学工業(91)
4.5 日本板硝子ウムプロダクツ(93)
4.6 パナソニックエンターテインメント&コミュニケーション(96)
4.7 Halio(99)
4.8 LG Display(102)
4.9 PayNitride(105)
4.10 Samsung Display(107)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
透明エレクトロニクスの開発動向と市場性に関する調査

頒価
660,000円(税抜 600,000円)

発刊日
2022年05月30日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
107ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 726,000円(税抜 660,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ