◆最新市場調査レポート:2022年11月07日予定

2023年 自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧

2050カーボンニュートラルと「CASE」普及を見据えた材料市場の変化を徹底分析
−調査の背景−
  • 新型コロナウイルス感染拡大、半導体供給不足による生産ストップなど、2020年代に入り自動車業界には外部要因的な逆風が強く吹き、世界全体で自動車生産の先行きが不透明となっている。
  • その中で、地球温暖化の影響によるさまざまな弊害の解決を目指し、CO2などの温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させるカーボンニュートラルが改めて全世界的目標と位置付けられるようになった。
  • 自動車業界においてもトヨタ自動車やホンダ、VWなど大手完成車メーカーが相次いで2050年のカーボンニュートラル達成目標を宣言し、「生産」「走行」「廃棄」のライフサイクルトータルにおける温室効果ガスの排出量削減を目指す施策を強化している 。
  • 加えて、中国をはじめとするEV生産の急拡大や、レベル3自動運転車の市場投入など、「CASE」と総称される次世代自動車技術はいよいよ普及段階に至ったといえる。
  • そのため、自動車用材料でも有機材料・無機材料の双方において、次世代自動車としての新技術実現に必要な部品・材料の採用と、カーボンニュートラル実現のための材料変化の双方に注目し、それぞれの要求・ニーズに対応していく必要がある。内装/外装/構造/駆動/電装・通信といった部位・分野ごとに異なるトレンド・優先順位への対応が迫られる可能性もあり、またサプライチェーンの安定性にも改めて注目が増すと考えられる。
  • そこで本市場調査資料では、2017年版・2020年版において調査を実施してきた現在の自動車業界での有機・無機材料採用材料状況を前提に、軽量化や低燃費化、「CASE」に対応するニーズとともにバイオ化・リサイクル化といったカーボンニュートラル対応の状況・方向性を把握し、採用材料変化の方向性を分析する。
  • 本市場調査資料を、当該市場関係各社における有益なマーケティングデータとして活用していただければ幸いである。
−本市場調査資料のポイント−
  • バイオ化/リサイクル化はいつから・どの部位から始まるのか? 方向性を調査
  • EV販売の本格化:モーター・バッテリー関係部品の増加/エンジン車の減少
  • 自動運転の導入加速:センサー・レーダー・通信用部品の増加
−調査対象品目−
既存材料編
A. 汎用樹脂
1. PP
2. PE
3. PVC
4. PMMA
5. ABS・ASA・AES
6. PC/ABS
B. エンジニアリングプラスチック
1. PC
2. PBT・PET
3. POM
4. PA6・PA66
5. PA11・PA12
6. 耐熱PA(PA46・PA6T・PA9T・PA10T・PA11T)
7. 変性PPE
8. PPS
9. LCP
10. 高耐熱樹脂(PEEK・PEI・TPI)
11. 光学レンズ用樹脂(COP・COC、他)
12. フッ素樹脂
C. 熱硬化樹脂
1. エポキシ
2. ポリウレタン
3. 不飽和ポリエステル
4. フェノール
5. シリコーン
D. ゴム・エラストマー
1. NR
2. IR
3. CR
4. EPDM
5. NBR・HNBR
6. S-SBR
7. ACM
8. ECO
9. フッ素ゴム
10. シリコーンゴム
11. α-オレフィンコポリマー
12. TPO・TPV
13. TPS
14. TPC
15. TPU
E. 金属
1. アルミニウム合金
2. マグネシウム合金
3. 鉄(軟鋼・高張力鋼・ホットスタンプ材)
F. 中間部材
1. 接着剤(内装用、構造用、他)
2. ガラス/グレージング
3. タイヤ
新規・カーボンニュートラル材料編
1. バイオ由来樹脂
2. リサイクル樹脂
3. CO2由来樹脂
上記品目より40品目程度を対象とする
調査段階で必要・要望に応じ品目の追加・変更を行う
−調査項目−
I. 市場総括編
1. 自動車用ケミカル&マテリアル市場総括
2. 材料別市場展望
1) 品目別・分類別動向
2) バージン樹脂/リサイクル樹脂/バイオ・脱石化樹脂別動向
3. 部位別採用材料動向
1) EV化・CASE対応による変化のまとめ
2) カーボンニュートラル対応による変化のまとめ
4. 自動車生産台数動向
II. 集計編
1. 主要参入企業一覧
2. 市場規模推移および予測(2019年〜2026年・2030年・2035年予測)
3. 品目別価格一覧
III. 品目別市場編
1. 製品概要
2. 市場動向(2019年〜2026年・2030年・2035年予測)
1) バージン樹脂/リサイクル樹脂/バイオ・脱石化樹脂別動向
2) リサイクル樹脂/バイオ・脱石化樹脂採用時期・部位の動向
3. 採用部位・部品動向
1) EV化・CASE対応による部品点数変化の動向
2) カーボンニュートラル対応による採用材料変化の動向
4. 価格動向(2022年見込)
5. メーカーシェア(2022年見込)
6. ニーズ・課題点
7. 研究開発・技術動向
8. 参入企業一覧
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2023年 自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧

頒価
176,000円(税抜 160,000円)

発刊日
2022年11月07日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
270ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 352,000円(税抜 320,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ