◆市場調査レポート:2013年01月31日発刊

2013 ヒューマンインターフェース関連市場総調査

様々な機器における先進的なユーザーインターフェースの動向と、それを実現するデバイス・モジュールの
市場及び技術トレンドを徹底調査(2012 ヒューマンインターフェイス関連市場総調査から改題)
−調査の背景−
  • 人が機器に意思を伝える手段として、これまではキーボードやマウスを使用した入力方法がスタンダードとなっていた。機械的な入力方法は確実性が高く、入力した感触もあるため長い間親しまれてきた。
  • しかし、タッチパネルの登場によってユーザーインターフェース(UI)に大きな変化が起きた。スマートフォン等で採用されると、直感的な操作が受け入れられ爆発的に普及した。タッチパネルは、UIが機器の市場を大きく変えうることを証明したといえる。今後はタッチ入力だけでなく、音声、ジェスチャー等の新しい入力方法が普及していくとみられる。またユーザーのアクションだけでなく環境情報も機器が認識できるようになってきたことで、ユーザーが意識をしない情報を機器が検知するという領域が拡大していくとみられる。
  • 一方、機器側からの出力も、平面映像だけでなく、投射映像、音声、振動、ホログラムなどの新しい出力技術が次々に開発されている。いずれもユーザーの使い勝手を向上させることにつながっており、入出力ともにユーザーフレンドリーな機器への進歩が加速している。これまではユーザーインターフェースという言葉が一般的であったが、徐々にヒューマンインターフェースという言葉も認知され始めている。
  • このように、ヒューマンインターフェースに関わる機能が、デジタル製品の差別化につながる状況となりつつある。同時に、新しいインターフェースを搭載するために新たなデバイスやソフトウェア、システムが求められているため、部品メーカーやソフトウェアデベロッパにとってもヒューマンインターフェースに関わる業界は新市場となっており、デジタル機器業界全体にとって注目すべき分野に成長し始めている。
  • 本調査資料「2013 ヒューマンインターフェース関連市場総調査」では、人と機器をつなぐインターフェースの動向・搭載状況と、これらを支えるヒューマンインターフェース関連デバイスの市場ポテンシャルや技術トレンドおよびネットワークやサービスとの連携について分析し、「ヒト」と「キカイ」が今後どのようにフレンドリーな関係になっていくかを展望する。
  • 本調査資料を貴社事業戦略のためのデータベースとしてご活用いただければ幸いである。
−調査目的−
  • 本調査資料は、人と機器との間のインターフェースに関わるアプリケーション、周辺機器、デバイス、ソフトウェアの動向について調査し、当該事業展開のために有益な情報を提供することを目的とした。
−調査対象品目−
1. アプリケーション11品目
2. 周辺機器4品目
3. ヒューマンインターフェース関連デバイス22品目
4. ヒューマンインターフェース関連ソフトウェア3品目
−目次−
I. ヒューマンインターフェースの全体動向(1)
1.1 総括(3)
1.2 全体分析(4)
II. ヒューマンインターフェースの現状と将来展望(5)
2.1 各ヒューマンインターフェースのロードマップ(7)
2.2 入力系ヒューマンインターフェースの搭載状況(10)
2.3 出力系ヒューマンインターフェースの搭載状況(12)
2.4 ヒューマンインターフェースとネットワーク・サービスの関係(14)
2.5 入力系ヒューマンインターフェースの市場動向(19)
2.6 環境情報入力系ヒューマンインターフェースの市場動向(28)
2.7 出力系ヒューマンインターフェースの市場動向(36)
2.8 ヒューマンインターフェースの技術課題および普及要件(45)
III. 集計と分析(51)
3.1 入力系ヒューマンインターフェースデバイス(53)
3.2 環境情報入力系ヒューマンインターフェースデバイス(57)
3.3 出力系ヒューマンインターフェースデバイス(61)
IV. アプリケーション(65)
4.1 携帯電話/タブレット(67)
4.2 DSC(77)
4.3 ヘッドマウントディスプレイ(84)
4.4 ポータブルゲーム機/ゲームコントローラ(91)
4.5 薄型TV(97)
4.6 ノートPC/PCモニタ(104)
4.7 デジタルサイネージ(110)
4.8 住宅関連設備(115)
4.9 自動車コックピット(119)
4.10 IVIシステム/ディスプレイオーディオ(124)
4.11 家庭向け掃除ロボット(131)
V. 周辺機器(135)
5.1 タッチペン/デジタルペン(137)
5.2 リモコン(140)
5.3 ウェアラブルコミュニケーションデバイス(144)
5.4 キーボード(148)
VI. ヒューマンインターフェース関連デバイス(151)
6.1 入力系デバイス(151)
6.1.1 タッチパネル(153)
6.1.2 イメージセンサ(158)
6.1.3 生体認証(163)
6.1.4 マイクロフォン(168)
6.1.5 脳波センサ(173)
6.1.6 バイタルサインセンサ/脈波センサ(178)
6.1.7 ガスセンサ/においセンサ(182)
6.1.8 味覚センサ(188)
6.2 環境情報入力系デバイス(192)
6.2.1 GPS(194)
6.2.2 電子コンパス(199)
6.2.3 加速度センサ(205)
6.2.4 角速度センサ(210)
6.2.5 気圧センサ(216)
6.2.6 IC温湿度センサ(221)
6.2.7 多機能照度センサ(226)
6.2.8 測距センサ(230)
6.3 出力系デバイス(235)
6.3.1 ディスプレイ(LCD/OLED/3Dディスプレイ)(237)
6.3.2 プロジェクターモジュール/HUD(243)
6.3.3 ホログラム(249)
6.3.4 ハプティックデバイス(251)
6.3.5 スピーカ/レシーバ(257)
6.3.6 骨伝導デバイス(262)
VII. ヒューマンインターフェース関連ソフトウェア(267)
7.1 音声認識/音声合成(269)
7.2 視線入力/認識(視線/顔/表情)(274)
7.3 AR(279)
VIII. 事例集(283)
8.1 民生(BtoC)分野(285)
8.2 業務(BtoB)分野(288)
8.3 デバイス/注目技術(291)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2013 ヒューマンインターフェース関連市場総調査

頒価
120,000円+税

発刊日
2013年01月31日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
292ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 130,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 240,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ