◆最新市場調査レポート:2020年02月06日発刊

2020 画像・音声AI/次世代インターフェース市場の現状と将来展望

ディープラーニングの活用によって普及・拡大フェーズに入った画像・音声AI市場を徹底調査
−はじめに−
  • 人間が何かを判断して行動を起こす際、その情報処理プロセスは目(視覚:色彩や形状など)や耳(聴覚:言語や感情、ノイズなど)といった器官を通じ「情報取得」を行い、その情報を過去の経験や知識を基に「推論・判断」し、判断した内容に基づいて「行動」する。人間の全ての行動は原則的にこのプロセスを踏むこととなるが、昨今機械がこの工程を代替し始め、作業支援などで社会に貢献しつつある。こうした背景にはAIがある。AIは、蓄積されたデータを知識へと変換・推論するニューラルネットワーク、膨大な演算処理を支える半導体デバイスの進歩、センシング技術の進化など、情報処理技術の進展によって実用・応用化レベルが高まっている。
  • 人間が判断を下す際に活用する情報は五感から得るが、特に重視されるのが視覚および聴覚からの情報であり、両者を合わせると情報判断の割合は9割を超すとも言われている。この人間の視覚および聴覚に当たる部分を担うテクノロジーが画像認識および音声認識であり、ヒトと機械をつなぐインターフェースの根幹となっている。
  • 画像認識および音声認識の歴史は古く、両分野ともに現在の技術の根幹となる研究の本格的な始まりは1950年代後半から1960年代まで遡る。その後は、現実の課題や複雑・例外的な事象への対応が困難なこと、膨大な画像や音声データを処理するためのハードウェア技術やデータベースの未成熟さなどから本格的な実用レベルには到達せず、ビジネスで日の目を見ることはなかった。
  • しかし、近年膨大なデータ(ビッグデータと呼ばれるようになった)を蓄積しうる環境が整い、CPUやGPUといった演算デバイスの高速化は目覚ましい進歩を遂げている。2010年代に入りこれら周辺のインフラ環境が整ったことにより、画像認識と音声認識はAIの代名詞的なポジションを得ながら、これまで実現できなかったビジネス領域へと踏み込む段階へと到達した。
  • 現在、画像認識や音声認識のさらなる進化を目指し、コアとなるCNNやRNNといったニューラルネットワーク技術の研究開発に取り組むベンダー、それら技術を自動車(モニタリングやADAS/自動運転)やFA(異常検知など)、リテール(無人店舗/顔認証決済など)、コンシューマー(音声アシスタント/顔認証など)といった各分野/用途に向けたインターフェースやソリューションに落とし込むベンダーが多数登場している。
  • 本市場調査資料ではこのような市場環境を踏まえて、画像および音声に関する注目ソリューションについて、課題やAI活用の進捗状況、主要ベンダーの取り組み事例などをまとめることにより、創出される新しい価値や市場について展望・分析した。また、これらソリューションを実現するにあたりキーとなるテクノロジーを、ソフトウェア、ハードウェアの両面から分析した。関係各位が本市場調査資料を今後の事業戦略立案・展開において役立てていただくことを切に望むものである。
−調査目的−
  • 本市場調査資料では、画像認識や音声認識に関するAIを活用したソリューションやキーテクノロジーの市場、各参入ベンダーの保有技術や注力分野、採用・実証実験事例などを整理することで、当該市場における事業展開に有益な情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
1) 調査対象品目
コグニティブ関連技術9品目顔・表情認識、静脈認識、視線認識、虹彩認識、OCR、3D認識、音声認識、感情認識、音認識
視覚・聴覚情報2品目AR・VR、音声合成
自動車向けソリューション3品目インキャビン画像ソリューション、インキャビン音声ソリューション、ADAS・自動運転
スマート社会関連ソリューション6品目高精度地図、決済ソリューション(顔)、決済ソリューション(静脈・指紋)、無人店舗ソリューション、混雑管理ソリューション、人物追跡ソリューション
業務関連ソリューション12品目コンタクトセンター向け音声ソリューション、次世代議事録作成・会議改革ソリューション、インフラモニタリングソリューション、画像外観検査ソリューション、医用画像診断支援ソリューション、農業支援ソリューション、畜産支援ソリューション、PCアクセスソリューション(顔・静脈・指紋)、入退出管理ソリューション(顔)、入退出管理ソリューション(静脈・指紋)、入退出管理ソリューション(虹彩)、AR・VR開発設計ソリューション
アプリケーション9品目スマートフォン、スマートグラス、HMD、ヒアラブルデバイス、スマートスピーカー、業務用コミュニケーションロボット、自動車、ドローン、監視カメラ
キーデバイス10品目イメージセンサー、小型カメラモジュール、高画素TOFセンサー、LIDAR、画像処理プロセッサー、指紋センサー、MEMSマイクロフォン、指向性スピーカー、ハプティックデバイス、脳波センサー
合計51品目
2) 調査対象国・地域
日本、中国、台湾、韓国、その他アジア(フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インド、西アジア、その他)、北米、中南米(メキシコ、ブラジルなど)、欧州(西欧、ロシア含む東欧)、その他(アフリカ、オセアニアなど)
−調査項目−
画像・音声AI関連ソリューション
1. 概要/定義
1) 概要
2) 主な構成技術/機器
3) ソリューション構成例
2. ビジネスモデル例
1) 概略
2) 価格体系例
3. 市場概況
1) 市場動向
2) 市場規模推移・予測
3) 市場に影響を与える要因
4) 提供形態別トレンド
5) グローバル動向
4. ベンダーシェア/動向
1) シェア
2) 主なベンダー動向
3) その他主なベンダー/ソリューション一覧
5. ソリューション改善/発展の可能性
6. 構成要素における必要スペック
7. エッジ側処理
「4.1 自動車向けソリューション」ではワールドワイド市場を取り上げた。
「4.2 スマート社会関連ソリューション」「4.3 業務関連ソリューション」では国内市場を取り上げた。
アプリケーション
1. 概要/定義
2. アプリケーション特長
1) 概略図
2) 主な注目搭載機能
3. 市場概況
1) 国・地域別トレンド
2) ワールドワイド市場動向
3) ワールドワイド市場規模推移・予測
4) 注目関連ソリューション
4. タイプ別ウェイト
5. メーカー動向
1) ワールドワイドシェア
2) 主要参入メーカーおよび動向
3) 主なメーカー×ベンダー取り組み動向
6. 関連ソリューションベンダーサイドのアプリケーションに対する要望
7. 今後の製品/技術展望
8. エッジAI対応状況
キーデバイス
1. 概要/定義
2. 市場概況
1) ワールドワイド市場動向
2) ワールドワイド市場規模推移・予測
3) 価格動向(2019年Q4時点)
3. タイプ別ウェイト
4. 用途別ウェイト
5. ワールドワイドシェア
6. 主要参入メーカーおよび動向
7. 技術/製品開発動向
8. 納入関係(2019年Q4時点)
9. レファレンス動向
−目次−
1.0 総括・分析(1)
1.1 画像・音声AI市場の全体動向分析・将来展望(3)
1.2 画像・音声AIを実現するキーデバイスと開発動向(11)
1.3 自動車におけるマルチモーダル・インターフェースの動向(15)
1.4 マルチモーダル・インターフェース活用・先進事例(18)
1.5 アンビエントコンピューティングの概要(22)
1.6 説明可能AIの現状と適用業界(23)
1.7 ソリューション・アプリケーション別エッジ処理の対応状況(25)
1.8 ソリューション別提供形態動向(クラウド・オンプレミス・ソフトウェアなど)(27)
1.9 ディープラーニングを活用したAIと用途別動向(29)
1.10 スタートアップ一覧(31)
2.0 コグニティブ関連技術(35)
2.1 画像認識関連技術(37)
2.1.1 顔・表情認識(37)
2.1.2 静脈認識(43)
2.1.3 視線認識(46)
2.1.4 虹彩認識(50)
2.1.5 OCR(53)
2.1.6 3D認識(57)
2.2 音声・音認識関連技術(63)
2.2.1 音声認識(63)
2.2.2 感情認識(81)
2.2.3 音認識(86)
3.0 視覚・聴覚情報(89)
3.1 AR・VR(91)
3.2 音声合成(97)
4.0 画像・音声AI関連ソリューション(103)
4.1 自動車向けソリューション(105)
4.1.1 インキャビン画像ソリューション(105)
4.1.2 インキャビン音声ソリューション(108)
4.1.3 ADAS・自動運転(111)
4.2 スマート社会関連ソリューション(117)
4.2.1 高精度地図(117)
4.2.2 決済ソリューション(顔)(123)
4.2.3 決済ソリューション(静脈・指紋)(127)
4.2.4 無人店舗ソリューション(131)
4.2.5 混雑管理ソリューション(135)
4.2.6 人物追跡ソリューション(140)
4.3 業務関連ソリューション(145)
4.3.1 コンタクトセンター向け音声ソリューション(145)
4.3.2 次世代議事録作成・会議改革ソリューション(159)
4.3.3 インフラモニタリングソリューション(168)
4.3.4 画像外観検査ソリューション(171)
4.3.5 医用画像診断支援ソリューション(178)
4.3.6 農業支援ソリューション(183)
4.3.7 畜産支援ソリューション(188)
4.3.8 PCアクセスソリューション(顔・静脈・指紋)(191)
4.3.9 入退出管理ソリューション(顔)(195)
4.3.10 入退出管理ソリューション(静脈・指紋)(200)
4.3.11 入退出管理ソリューション(虹彩)(205)
4.3.12 AR・VR開発設計ソリューション(211)
5.0 アプリケーション(215)
5.1 スマートフォン(217)
5.2 スマートグラス(221)
5.3 HMD(226)
5.4 ヒアラブルデバイス(232)
5.5 スマートスピーカー(236)
5.6 業務用コミュニケーションロボット(240)
5.7 自動車(244)
5.8 ドローン(249)
5.9 監視カメラ(253)
6.0 キーデバイス(259)
6.1 イメージセンサー(261)
6.2 小型カメラモジュール(266)
6.3 高画素TOFセンサー(270)
6.4 LIDAR(275)
6.5 画像処理プロセッサー(279)
6.6 指紋センサー(283)
6.7 MEMSマイクロフォン(287)
6.8 指向性スピーカー(291)
6.9 ハプティックデバイス(293)
6.10 脳波センサー(296)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2020 画像・音声AI/次世代インターフェース市場の現状と将来展望

頒価
180,000円+税

発刊日
2020年02月06日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
298ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-901-6

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ