◆最新市場調査レポート:2020年11月17日予定

IoMT(Internet of Medical Things)新市場の将来展望 2021

医療(メディカル)/健康(ヘルスケア)領域の融合に関連しイノベーションをもたらすソリューションビジネスの最新動向を調査/分析
−調査の背景−
  • これまで弊社では「メディカルソリューション市場調査総覧」として先端医療機器と医療ITソリューションの連携やAI/IoTの融合による進化の方向性をまとめてきた。また「ウェアラブル/ヘルスケアビジネス総調査」としてIT/デバイス/センシング技術の進化と健康管理領域への応用動向をまとめてきた。昨今、ネットワークでメディカル/ヘルスケア領域がつながりつつあり、AI/IoTが融合する形でこれまでにない新しい形でのサービス/ソリューションが相次ぎ登場している。今後数年間での利用者増、ゲームチェンジを見据えた取り組みを各社展開している。
  • 2020年初頭より世界規模で影響が顕在化した新型コロナウイルス(COVID-19)によって、社会そのものの仕組みも再検討が必要となりつつある。今後は第二波/第三波に備えた中長期的な対策として医療機関/家庭内において感染症対策(インフェクションコントロール)に対するニーズが高まっていくことから、関連市場の拡大が見込まれるほか、医療体制のあり方が問われた今、遠隔医療は社会を救う技術として注目され、今後の前進が期待される。
  • 医療領域では今後AI/IoT/ネットワーク/先端技術が生み出すニュービジネスが高精度治療/低侵襲治療の実現、医療の効率化をもたらしていく。医用画像はネットワークを経由して保存/解析され、ビッグデータとして二次利用されるほか、今後個別化医療を目指して応用されていく方向性である。加えて医療(メディカル)/健康管理(ヘルスケア)領域は徐々にデータが共有/分析され、IoMT(Internet of Medical Things)として有機的に融合していくほか、「xxTech」として周辺市場とも結びついて新たな価値を創出していくことが展望される。
  • このように、メディカル/ヘルスケア領域をつなぎ新しく生み出されていく先端的な素材/デバイス/製品/サービス/ソリューションの動向を把握することは、中長期的なトレンド把握や社会構造の変革把握にもつながり、重要度が増している現状である。
  • 本市場調査資料では伸長が期待されるメディカル/ヘルスケアビジネスにおいて先端技術の応用動向/普及における課題/周辺環境などをまとめることで、今後のメディカル/ヘルスケアビジネスの方向性を展望する。参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作するものである。
−調査ポイント−
  • 今後の社会を支えるIoMTニュービジネスを定量調査
  • 各ソリューション領域の連携/融合(IoMT)について発展可能性を調査
  • 各ソリューションのビジネスモデルおよび今後の二次データ利用/付加価値化/方向性を展望
  • AI/IoTが加わり用途ごとに高機能化された各ソリューションの現状と将来性を調査
  • 製品/システムを高付加価値化するセンサー/通信関連等のデバイス、素材など最新技術動向を展望
  • 多様な参入企業を出身分野別に整理/分析
−調査対象−
I. 調査対象領域
IoMT(Internet of Medical Things)新市場
ニューメディカルソリューション領域
領域の効果/目的
  • 低侵襲治療
IoMTとの連携
  • 画像データの二次応用
メディカル/ヘルスケアフュージョン領域
領域の効果/目的
  • 安心の創出
IoMTとの連携
  • 医療/健康情報をつなぐ
ダスト&インフェクションコントロール領域
領域の効果/目的
  • 感染症/アレルギー対策
IoMTとの連携
  • 収集データの二次利用
II. 調査対象ソリューション(25〜30品目予定)
A. ニューメディカルソリューション領域
  • 電子カルテシステム
  • 疾患管理ソリューション
  • AI診断支援ソリューション
  • がん検出ソリューション
  • 医用画像解析ソリューション
  • 医用画像外部保管サービス
  • VNAソリューション
  • 4K/8K医療ソリューション
  • 医療用ディスプレイ
  • 術野/術場カメラ
  • 手術映像記録配信システム
  • 硬性内視鏡
  • ナノボット
  • 手術支援ロボット
  • PDT装置
  • 3Dプリンター、他
B. メディカル/ヘルスケアフュージョン領域
  • 遠隔診療サービス(オンライン診療/服薬支援/健康相談)
  • 遠隔医療システム
  • スマートウェアソリューション
  • インプランタブルソリューション
  • フードテックソリューション
  • トランステックソリューション
  • プラットフォームハウス、他
C. ダスト&インフェクションコントロール領域
  • 滅菌器
  • 器具洗浄機
  • 滅菌管理トレーサビリティシステム
  • 電解水生成機
  • 空間除菌脱臭機
  • 紫外線殺菌装置
  • 自動消毒器
  • 脱臭/吸煙装置
  • ウイルス追跡ソリューション
  • アレルギー可視化ソリューション
  • 花粉予報ソリューション、他
III. 先端企業事例(20社予定)
Apple、Calm、DeepEyeVision、EIZO、GEヘルスケア・ジャパン、Google、IBM、Intuitive Surgical、Meiji Seika ファルマ/アンリツ、MRT/オプティム、neten、NOBORI、、PSP、TechFirm/NTTドコモ、アクアシステム、アストラゼネカPLC、池上通信機、岩崎電気、インテグリティ・ヘルスケア、インテック、ウィルモア、ウシオ電機、ウドノ医機、エア・ウォーター、エヌ・ティ・ティ・データ、エヌビディア、エルピクセル、オーニット、オムロン ヘルスケア、オリンパス、カイロス、カゴメ、カリーナシステム、環境テクノス、キヤノンマーケティングジャパン、キヤノンメディカルシステムズ、キングジム、グラクソ・スミスクライン、クレオ、ケアストリームヘルス、ケニス、コニカミノルタジャパン、サクラシステム、サクラ精機、シャープ、積水ハウス、ソシオネクスト、ソニー、ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ、ソニービジネスソリューション、大正製薬、ダイソン、タキエンジニアリング、東レ、日本ストライカー、日本バイナリー、バイオハックス・インターナショナル、パナソニック、バルコ、日立製作所、フォーチュン、富士通、富士フイルム、ホシザキ、松波硝子工業、ミズホ、ミツフジ、メディカロイド、メドレー、モルフォ、リコー、リバーフィールド、他
都合により若干の対象の変更を行う場合があります。
−調査項目−
I. 総括編
1. 調査総括
2. 国内市場規模推移(数量/金額:2019年実績〜2025年予測)
3. 領域別市場分析
1) ニューメディカルソリューション領域
2) メディカル/ヘルスケアフュージョン領域
3) ダスト&インフェクションコントロール領域
4. IoMT連携/ソリューション付加価値化動向(AI/IoT/アルゴリズム開発)
5. 先端技術動向(センサー/マテリアル/キーデバイス開発動向等)
6. 業界構造/業界マップ/異業種参入動向
7. 参入企業動向
8. 市場周辺環境/関連法制度/政府動向
9. ビジネスモデルの方向性/マネタイズにおける課題
10. 市場トピックス(COVID-19との関連性、遠隔医療の最新動向/方向性、調査対象外有望ビジネスの概況、ウェアラブル領域/スマートホーム領域との関連性、データ二次利用/ビッグデータビジネスの可能性、他)
11. 世界市場動向
12. 今後の市場の方向性(市場における課題/成長市場分析)
II. 市場編(25〜30品目予定)
1. 対象定義/市場概況
2. 市場規模推移と予測(数量/金額、2019年実績〜2025年予測)
3. ベンダーシェア(2019年実績/2020年見込)
4. ビジネスモデル/料金体系
5. アライアンス動向
6. 最新サービストレンド
7. IoMT連携/周辺ソリューションとの連携
8. AI/IoT/先端技術採用動向
9. 市場拡大に向けた課題・問題点
10. 今後の方向性
III. 企業編(20社予定)
1. 企業プロフィール
2. 展開ビジネス概況
3. 販売規模推移(2019年実績〜2021年予測)
4. ビジネスモデル/料金体系
5. 技術特徴
6. IoMT連携/周辺ソリューションとの連携
7. 販売連携/アライアンス動向
8. 市場に関する見解
9. 事業拡大に向けた課題・問題点
10. 今後の方向性
都合により若干の項目の変更を行う場合があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
IoMT(Internet of Medical Things)新市場の将来展望 2021

頒価
180,000円+税

発刊日
2020年11月17日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
270ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ