◆市場調査レポート:1999年07月16日発刊

’99 自動車部品マーケティング便覧

主要72品目の市場動向及び予測
−調査目的と背景−
  • '98年の国内自動車販売は厳しい景気を反映し、588万台と12年ぶりに600万台を割り込む結果となった。

  • 自動車部品業界では自動車技術の電子化や開発・生産のグローバル化の波が完成車メーカーと部品メーカーの関係を根底から揺るがしている。
    ITSをはじめとする電子化の進展は電機メーカーとの結びつきを強め、グローバル化は国際展開力を持たない部品メーカーを締め出すこととなった。業界を超えた再編が加速する中、系列に安住していた部品メーカーが相次いで淘汰される時代に突入したと言えよう。

  • 完成車メーカーの発注作業や組み立て工場での負担を軽減、それに伴う開発期間の短縮に効果があるモジュール生産方式は今や欧米では常識化している.同時に完成車メーカーの推進に伴いここ2、3年で部品メーカーがモジュールサプライヤーになるため、多くのM&Aが繰り広げられている。一方国内大手自動車メーカーも取引き部品各社と共同でモジュール化への取り組みを強化しはじめた。モジュール化で販売攻勢をかける海外部品大手との取引関係構築をにらみながら単品での品質やコストに優れた日本製部品でも複合化を進める必要があると判断した。国内自動車需要の頭打ちで生産規模の小さい部品メーカーの経営環境は厳しさを増している。モジュール化の進展は部品メーカーの再編を一段と加速することにもつながりそうだ。

  • 本調査レポートは従来からの自動車部品に加え、モジュール・システム化製品の動向にもスポットをあて、海外の自動車部品メーカーの実態を調査することにより、自動車及び自動車部品産業における事業戦略上の基礎データを提供する。

−調査対象予定品目−
〈A.エンジン関連部品〉
  1. ピストン
  2. ピストンリング
  3. クランクシャフト
  4. エンジンバルブ
  5. 軸受メタル
  6. 電子燃料噴射装置
  7. ディーゼル用燃料噴射装置
  8. キャブレター
  9. 燃料ポンプ
  10. 燃料フィルター
  11. オイルフィルター
  12. オイルポンプ
  13. 水ポンプ
  14. ラジエータ
  15. フライホイール
  16. エアクリーナ
  17. ターボチャージャー
  18. マフラー
  19. ガスケット
  20. オイルシール
  21. 気化器

〈B.電装部品〉
  1. スタータ
  2. バッテリー
  3. オルタネーター
  4. ディストリビューター
  5. イグニッションコイル
  6. スパークプラグ
  7. エンジン電子制御措置
  8. ヘッドランプ
  9. フォグランプ
  10. ディスプレイメーター
  11. エアコン
  12. 光ファイバコントロールケーブル
  13. 電子式四駆制御装置
  14. ダイナモ
  15. ヘッドアップディスプレイ

〈C.駆動/伝動/操縦装置部品〉
  1. プロペラシャフト
  2. ディファレンシャルギア
  3. 自動トランスミッション
  4. パワーステアリング装置
〈D.懸架/制御装置部品〉
  1. リーフスプリング
  2. コイルスプリング
  3. 電子制御サスペンション
  4. ショックアブソーバー
  5. サスペンションストラット
  6. トーションバー/スタビライザ
  7. ドラムブレーキ装置
  8. ディスクブレーキ装置
  9. ブレーキ倍力装置

〈E.車体部品〉
  1. ダッシュボードパネル
  2. バンパー
  3. 燃料タンク
  4. シート
  5. パワーシート
  6. ミラー装置

〈F.機能部品/材料〉
  1. エアバックシステム
  2. ABS
  3. TCS
  4. クリアランスソナー
  5. EVバッテリー
  6. 大容量キャパシタ
  7. 燃料電池
  8. ハイブリットシステム
  9. クルーズコントロール
  10. 盗難防止システム(イモビライザ)
  11. タイヤ空気圧警報システム
  12. 車間距離感知システム
  13. 車載用コンピュータ

〈G.モジュール部品〉
  1. 駆動系モジュール
  2. 懸架系モジュール
  3. 制御系モジュール
  4. 内装系モジュール

−海外自動車部品メーカー−
デルファイ・オートモーティブ・システムズ(米)、ビステオン(米)、ロバートボッシュ(独)、TRW(米)、リアー(米)、ジョンソン・コントロールズ(米)、マグナ・インターナショナル(加)、デーナ(米)、ルーカス・ヴァリティ(英)、JCI(米)、トムキンズ(英)、ECIA(仏)、ブリードテクノロジーズ(米)、マンネスマン(独)、フェデラル・モーグル(米)、ヴァレオ(仏)、コンチネンタル(独)…等

−調査項目−

I.総括編
  1. 全体市場概況
  2. 全体市場規模推移('97,'98実績、'99見込み、2000〜2003予測)
  3. 分野別市場規模推移と動向
  4. 品目別メーカーシェア
  5. 自動車メーカーの系列グループの再編動向
  6. 自動車メーカー別仕入先マトリックス
  7. 自動車メーカーの生産体制と海外進出状況
  8. 国内部品メーカーの生産・販売・技術提携状況
  9. 自動車メーカーのリユース/リビルト部品の取り組み状況

II.個別品目編
  1. 製品の定義
  2. 市場概要
  3. 市場規模推移('97,'98実績、'99見込み、2000〜2003予測)
  4. メーカー別シェア
  5. 自動車メーカーへの供給状況
  6. メーカー動向
  7. 海外生産・輸出入動向

III.海外自動車部品メーカー編
  1. 企業プロフィール
  2. 取扱い品目
  3. 部品の生産供給体制
  4. 部品の販売実績
  5. 自動車メーカー、部品メーカーとの提携等動向
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
’99 自動車部品マーケティング便覧

頒価
97,000円+税

発刊日
1999年07月16日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
241ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ