◆最新市場調査レポート:2022年11月18日予定

2023 脱炭素社会に向けた自動車部品市場の将来展望

電動化、カーボンニュートラル/CO2排出削減、熱対策、CASE対応などにより、材料/機構/製造方法の変化が要求される部品の市場動向と自動車メーカー/部品メーカーの取り組み状況を徹底調査
−調査の背景−
  • 2050年のカーボンニュートラルを目指すための取り組みが、世界各国で活発になっている。自動車産業においても次世代における産業の主導権を確保すべく、あらゆる関連企業がカーボンニュートラルに向けた技術開発を進めている。
  • このような技術開発のうち、最も注目を浴びているのは電動化、特にバッテリーEVに関する取り組みである。多くの主要自動車メーカーがバッテリーEVの生産拡大を表明しており、ハイブリッド車の普及にいち早く取り組んできた日本の自動車メーカーの遅れを指摘する声もある。
  • しかしカーボンニュートラルを目指す上で、単にバッテリーEVのキーデバイスであるバッテリーやモーターの技術を高めるだけでなく、バッテリーEVが最適な使用環境を得られるように、さまざまな部品を最適化する必要がある。また直接パワートレインに関連しない部品についても、軽量化などを目指した材料や構造、製造方法の最適化が求められる。
  • 一方で自動車には、環境負荷低減の追求と並行して、さらに高い利便性、快適性、安全性が要求されている。これらの取り組みを同時進行していく上で、長年製造し続けられてきた部品であっても材料、製造方法、機能の見直しをする必要が生じている。
  • 自動車産業関連企業は、研究開発に多大な投資が要求される一方、新たな市場や顧客を開拓する大きな余地が生じているともいえる。
  • 本市場調査資料では、カーボンニュートラルを目標とする電動化や軽量化、自動運転化、快適性/意匠性向上といった自動車に要求される変化を受けて、需要が拡大する自動車部品や、材料、構造、製造方法などに変化が生じる自動車部品の市場や動向を調査し、今後の自動車産業における優位性を発揮するための戦略を立案しようとする方々に対して、有用なデータを提供することを目的とする。
−本市場調査資料のポイント−
  • カーボンニュートラルを目指した電動化や軽量化、自動運転化、快適性/意匠性向上といった自動車の変化に影響を受ける自動車部品の市場動向
  • 自動車部品の材料の変化、バイオ材料や異種接合技術の採用動向
  • 自動車部品製造時におけるCO2排出動向
−調査対象−
調査対象品目(34品目)
A. 電動化の影響を受ける部品
 
パワートレイン
ラジエーター
電装系
バッテリーケース、ECUケース、リレーボックス、冷却ファン、ウォーターポンプ、バッテリー冷却プレート、カーエアコンシステム、電動コンプレッサー
機能材料
断熱材、電線被覆材
B. 軽量化/カーボンニュートラルの影響を受ける部品
 
パワートレイン
シリンダーブロック、トランスミッションハウジング、ターボチャージャー/スーパーチャージャー
ボディ/骨格/シャーシ/外装
フード、フェンダー、ルーフ、ドアパネル、バンパー、バンパービーム、サスペンションアーム
C. 自動運転化の影響を受ける部品
 
ボディ/骨格/シャーシ/外装
ミリ波対応エンブレム
電装系
ヘッドランプモジュール、カメラハウジング、センサーハウジング、フィルムアンテナ
D. 快適性/意匠性向上の影響を受ける部品
 
ボディ/骨格/シャーシ/外装
サンルーフ
内装
センターコンソール、ドアトリム、ステアリング、シート、インストルメントパネル
機能材料
吸音材、制振材
主要な調査対象企業候補
自動車メーカー
BMW
Ford
GM
Mercedes-Benz Group
SUBARU
Tesla
Volkswagen/Audi
トヨタ自動車
日産自動車
本田技研工業
マツダ
その他
自動車部品メーカー
BorgWarner
Bosch
Magna
MAHLE
Valeo
Vitesco
愛三工業
アイシン
ジェイテクト
ダイキョーニシカワ
デンソー
トヨタ紡織
日鍛バルブ
日立ASTEMO
三菱電機
その他
調査対象品目・企業は変更となる場合があります。
−調査項目−
I. 総括編
1. カーボンニュートラルや次世代技術による自動車部品への影響まとめ
2. 調査対象自動車部品市場規模推移・予測
3. 自動車部品製造におけるCO2排出動向
4. カーボンニュートラル達成時期目標(エリア・自動車メーカー・自動車部品メーカー)
5. 自動車メーカー/自動車部品メーカー別カーボンニュートラル/次世代技術に向けた取り組み動向
6. 電動化による自動車部品の材料、製造方法への影響
7. サーマルマネジメントに伴う自動車部品の材料、製造方法への影響
8. 異種接合技術の採用や研究開発動向
9. 自動運転化に伴う自動車部品への影響
10. インモールドエレクトロニクスによる自動車部品材料や製造方法への影響
11. エリア別電動車・内燃機関車の販売予測(2021年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
II. 電動化/軽量化/カーボンニュートラルの影響を受ける自動車部品市場編 (対象品目A、B)
1. 製品概要
2. 市場規模推移(2021年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
3. エリア別動向(日本/欧州/北米/中国/その他)
4. メーカーシェア(2021年実績、2022年見込)
5. 価格動向(2021年実績、2030年/2040年予測)
6. 供給動向
7. 材料採用動向(軽量化材料やバイオ材料の採用について)
8. 異種接合技術採用動向
9. 部品の構造や製造方法の変化について
10. 部品製造時におけるCO2排出関連動向
11. 主要参入企業一覧
III. 自動運転化/快適性・意匠性向上の影響を受ける自動車部品市場編(対象品目C、D)
1. 製品概要
2. 市場規模推移(2021年実績〜2025年/2030年/2035年/2040/2045年予測)
3. エリア別動向(日本/欧州/北米/中国/その他)
4. メーカーシェア(2021年実績、2022年見込)
5. 価格動向(2021年実績、2030年/2040年予測)
6. 供給動向
7. メーカー/技術動向
8. エリア別ユーザーニーズ動向
9. 部品の構造や製造方法の変化について
10. 主要参入企業一覧
調査項目は変更となる場合があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2023 脱炭素社会に向けた自動車部品市場の将来展望

頒価
176,000円(税抜 160,000円)

発刊日
2022年11月18日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 352,000円(税抜 320,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ