◆市場調査レポート:2022年01月13日発刊

2022 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望 市場編

ニューノーマル対応、デジタル社会の到来を見据えたDXビジネスの全貌を調査
−はじめに−
  • 経済産業省が2018年に「DXレポート〜ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開〜」や「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」を発表したことを受け、国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が加速している。
  • 技術面では、これまでにICT分野における注目テーマとなっていた、AI、IoTはもはやあたり前の技術として広く活用が進んでいる。5G(第5世代移動通信システム)の商用化も本格化しており、ユーザーのこれらデジタル技術を活用したDXへの取り組みが活発化している。
  • ユーザーサイドでは、ユーザー企業における各種データの利活用への注目が高まっており、データドリブン経営や保有するデータなどを活用したビジネス創出を目的とした、基幹システムの整備やモダナイゼーションへの投資機運も高まっている。2020年は、COVID-19の影響によって、国内企業においてもニューノーマル時代のビジネス変革としてデジタル化への取り組みが急速に広がり、これまでにデジタル化の取り組みが遅れていた業界や業務、中小企業においてもデジタル化投資が拡大した。
  • また、ユーザーのデジタル化への取り組みに関しては、これまでの新規事業創出や労働生産性向上、競争上の優位の確立といった目的に加え、SDGsの達成に向けたサステナビリティ経営の実現を目指す取り組みにもデジタル化の流れが押し寄せてきている。
  • こうしたDXを取り巻く環境の変化を受けて、本市場調査資料「2022 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望 市場編」では、業界別のデジタルトランスフォーメーション市場や注目ソリューション市場の動向を調査し、デジタルトランスフォーメーション市場の全体像を把握し、2030年に向けたDXビジネスの方向性を示すことを目的とした。
  • DXビジネスは自社の競争力向上に加え、社会課題解決に向けた取り組みとして、ベンダー、ユーザー双方が注力していく事業であることは明らかであり、参入企業各社および参入を検討している企業、さらに自社でDX導入を検討する企業にとって有用な市場調査資料として活用いただければ幸甚である。
−調査目的−
  • 本市場調査資料では業種別のデジタルトランスフォーメーション市場および注目ソリューション市場の動向を調査し、国内のデジタルトランスフォーメーション市場を総合的に分析することで、当該ビジネスに関する事業立案を行う企業に対し、有用な情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
調査対象市場
カテゴリー投資(市場)規模算出例
DX市場編製造DXスマートファクトリー、サービタイゼーション、デジタル現場支援、購買/調達DX、マテリアルズインフォマティクス
流通/小売DXデジタルオペレーション、動態可視化・分析、デジタル店舗
金融DX次世代金融基盤サービス、デジタル審査・予測、デジタル接客
医療/介護DX医療ビッグデータ分析支援、介護支援、手術支援、診断/治療支援
交通/運輸DXセーフティドライブ、コネクティッド、MaaS、輸送機器の次世代メンテナンス、輸送サービス変革
不動産DXスマート賃貸
自治体DX行政手続きオンライン化、業務効率化
社会インフラ/建設/
その他業界DX
デジタル点検/CBM、デジタル検針/巡回、VPP/DR、デジタルコンストラクション
営業・マーケティングDXCRM/SFAの高度化、オンライン商談、デジタルマーケティング基盤、顧客接点改革
カスタマーサービスDXマルチチャネル対応、顧客応対自動化、応対記録作業の効率化、VOC活用、応対管理支援
コミュニケーションDXビジネスチャット、Web会議、クラウドPBX
戦略/基盤DXDXコンサルティング/データ活用コンサルティング、ローコード/ノーコード、モダナイゼーション
注目DXソリューション市場DXコンサルティングサービス、ローコードプラットフォーム、ノーコードプラットフォーム、モダナイゼーションソリューション、クラウド型動画自動生成ツール、安全・健康管理ツール、画像解析ソリューション
−調査項目−
DX市場
1. 調査対象市場の定義/範囲
2. 業界課題とDX化の方向性
3. 投資規模推移(2020年度〜2030年度)
4. ロードマップ
5. DXを実現するソリューションの収益モデル
6. 実証実験/導入事例
7. 主要ユーザー企業におけるDX推進組織の動向
8. ユーザーにおける新設DX企業の動向
9. DXによって創出される新たな価値、デジタルビジネス動向分析
10. データ利活用の動向と利活用ビジネスの方向性
11. DX関連技術採用動向
12. DX実現に向け解決すべき課題と方向性
13. 注目ベンダーの取り組み
14. DX対応ソリューション一覧
注目DXソリューション市場
1. 調査対象市場の定義/範囲
2. 注目ベンダーの取り組み
3. 市場規模推移
4. 注目業界別市場動向
5. 市場シェア
6. 主要ソリューション一覧
−調査項目−
I. 総括編(1)
1. デジタルトランスフォーメーション市場総括(3)
2. 業界別デジタルトランスフォーメーション市場分析(13)
3. 各業界におけるトップランナーのDX推進体制、動向(37)
4. DXの実現に向けたデータ利活用動向(43)
5. デジタルトランスフォーメーションにおける新規ビジネス、ビジネスモデル変革の動向(47)
6. モダナイゼーション市場の状況(49)
7. DXにおけるコンサルティングサービスの動向(52)
8. 関連省庁の取り組み(54)
II. DX市場編(65)
1. 製造DX(67)
2. 流通/小売DX(86)
3. 金融DX(102)
4. 医療/介護DX(116)
5. 交通/運輸DX(132)
6. 不動産DX(149)
7. 自治体DX(158)
8. 社会インフラ/建設/その他業界DX(166)
9. 営業・マーケティングDX(181)
10. カスタマーサービスDX(193)
11. コミュニケーションDX(201)
12. 戦略/基盤DX(209)
III. 注目ソリューション市場編(227)
1. DXコンサルティングサービス(229)
2. ローコードプラットフォーム(236)
3. ノーコードプラットフォーム(241)
4. モダナイゼーションソリューション(247)
5. クラウド型動画自動生成ツール(252)
6. 安全・健康管理ツール(254)
7. 画像解析ソリューション(258)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2022 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望 市場編

頒価
198,000円(税抜 180,000円)

発刊日
2022年01月13日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
262ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第三部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

ISBNコード
ISBN978-4-89443-957-3

PDFは、CD-ROMに本資料全編のPDFファイルを収録。注:PDFファイルの印刷は不可となります。
PDF+集計ファイルは、CD-ROMに本資料全編のPDFファイル、集計エクセルデータ、ユーザーアンケートの詳細分析(ローデータ)を収録。
PDF、集計ファイル、ネットワークパッケージ版はデータでの提供はございません。CD-ROMでの提供のみとなります。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 231,000円(税抜 210,000円)

集計ファイルセットがあります(PDFと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    集計ファイルセットでの購入を希望する
      頒価 264,000円(税抜 240,000円)

市場編/ベンダー戦略編セットでご購入いただくと、セット価格が適用されます
    市場編/ベンダー戦略編セットでの購入を希望する
      頒価 385,000円(税抜 350,000円)

市場編/ベンダー戦略編セット・PDFセットでもご購入いただけます(PDF単品でのご購入はできません)
    市場編/ベンダー戦略編セット・PDFセットでの購入を希望する
      頒価 451,000円(税抜 410,000円)

市場編/ベンダー戦略編セット・集計ファイルセットでもご購入いただけます(集計ファイル単品でのご購入はできません)
    市場編/ベンダー戦略編セット・集計ファイルセットでの購入を希望する
      頒価 517,000円(税抜 470,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版(2022 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望 市場編)の購入を希望する
      頒価 396,000円(税抜 360,000円)
    ネットワークパッケージ版(市場編/ベンダー戦略編)の購入を希望する
      頒価 770,000円(税抜 700,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とするベンダー/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただくベンダー名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セット(2022 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望 市場編)での購入を希望する
      頒価 231,000円(税抜 210,000円)
    電子書籍(市場編/ベンダー戦略編)セットでの購入を希望する
      頒価 451,000円(税抜 410,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ