◆最新市場調査レポート:2020年10月15日予定

2021 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧

新型コロナウイルス禍が自動車業界に与えた影響と今後の事業方針および変貌する部品/システムの将来像を緊急分析
−調査の背景−
  • 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、世界の大手自動車メーカーが自動車生産を減少させたことで大打撃を受けている部品メーカーも少なくない。
  • 実際に足元の自動車販売台数は激減しており、全世界の2020年見込で前年比20%以上減になると見られる。さらに感染蔓延が長引くとリーマンショック時以上の危機に直面する可能性もある。
  • 一方で、この状況を好機と捉えポストコロナ時代の競争力を見据えた「CASE」への開発投資を強化しているメーカーが増加している。また、動態シナリオを根本的に変える移動手段を含めた都市デザインの開発が進むことも考えられる。
  • 自動車に目を向けると、仮に新型コロナウイルスの発生要因が自然破壊によるものであれば、環境やエネルギー問題について意識が高まり自動車の電動化が急速に進むことが考えられる。そうなると以前よりもエアコンなどの消費電力低減や、車体の軽量化、バッテリーや駆動ユニットの冷却効率向上が重要テーマとなり、部品やシステムが大きく変貌する可能性も高い。
  • 本市場調査資料では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自動車産業への影響と部品に与える影響を明確化し、ウィズコロナ/ポストコロナ時代を見据える自動車部品関連メーカーにとって、今後の方向性を考えるうえで有用なマーケティングデータを提供することを目的とする。
    調査のポイント
    • 最新の自動車生産台数および自動車部品販売予測
    • 新型コロナウイルスが自動車産業に与えた影響と、ウィズコロナ/ポストコロナ時代を見据えた対策や方針を把握
    • 電動化や自動運転化が見直された際の部品/システムの変化を考察
−調査対象企業・対象品目−
調査対象企業
自動車メーカートヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、BMW、Daimler、FCA、Ford、GM、Volkswagen、他
自動車部品メーカー(Tier1)アイシン精機、アイシンAW、ジェイテクト、デンソー、日立オートモティブシステムズ、マレリ、Aptiv、BorgWarner、Bosch、Continental、Lear、Magna、他
部材メーカー(Tier2・Tier3)太陽誘電、パナソニック、村田製作所、Infineon、NXP、TDK、他
調査対象品目
パワートレイン系部品(14品目)
イグニッションコイル
スターター・オルタネーター/ISG/BSG
ターボチャージャー/スーパーチャージャー
電動ウォーターポンプ
燃料ポンプ
PTCヒーター
熱交換器(ラジエーター/インタークーラー)
アクティブグリルシャッター
EGRクーラー
二次電池用冷却プレート(冷却器)
マフラー
触媒(酸化触媒/SCR触媒/電気触媒)
微粒子捕集フィルター(DPF/GPF)
排気熱回収器
駆動/足回り系部品(6品目)
トランスミッション(MT/AT/CVT/AMT/DCT)
デファレンシャルギア
プロペラシャフト
パワーステアリング(油圧式/電動式)
ブレーキブースター(真空式/電動式)
インホイールモーター
内装系部品(8品目)
ステアリングホイール
コンビネーションスイッチ
シートシステム
エアバッグモジュール/インフレーター
シートベルトプリテンショナー
インストルメントパネル
カーエアコン
コンプレッサー(固定容量型/可変容量型/電動式)
外装系部品(5品目)
ボディ
外装用照明(ヘッドランプ/リアランプ/他)
ミラー/電子ミラー
タイヤ
サンルーフ(機械式/電動式)
−調査項目−
I. 総括集計編
1. 自動車生産台数市場(2019年実績〜2030年予測)
1) エリア別
2) パワートレイン別(ICE/HV/PHV/EV/FCV)
2. 調査対象自動車部品市場(2019年実績〜2030年予測)
3. ウィズコロナ/ポストコロナ時代に向けた富士キメラ総研の提言
4. 機械式から電動化が進む自動車部品動向
5. 車載システム/自動車部品における熱マネジメント動向
6. EV化/自動運転化がもたらす自動車部品産業への影響
7. 自動車部品の軽量化および採用マテリアル動向
8. 自動車メーカーの主要生産拠点/開発拠点一覧
II. 業界動向編
1. 新型コロナウイルスに伴う影響
1) 自動車メーカー
(1) 新型コロナウイルスが与えた影響
(2) 自動車生産動向および拠点戦略
(3) 「CASE」への開発投資動向や加速状況
(4) ウィズコロナ/ポストコロナ時代を見据えた戦略
2) 自動車部品メーカー(Tier1)
(1) 新型コロナウイルスが与えた影響
(2) 部品供給に関する動向
(3) 「CASE」への開発投資動向
(4) ウィズコロナ/ポストコロナ時代を見据えた戦略
3) 部材メーカー(Tier2・Tier3)
(1) 新型コロナウイルスが与えた影響
(2) 部品供給に関する動向
(3) ウィズコロナ/ポストコロナ時代を見据えた戦略
2. エリア動向
1) 日本
2) 欧州
3) 北米
4) 中国
5) 韓国
6) インド
7) 東南アジア
8) アフリカ
III. 個票編
1. 製品概要
2. 市場規模推移予測(2019年実績〜2030年予測)
3. メーカーシェア(2019年実績、2020年見込)
4. 価格動向
5. 供給動向
1) 自動車メーカーへの供給マトリクス
2) 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う影響
6. 当該部品の変化と今後の方向性
1) 当該部品における開発テーマ
2) 開発に向けた方策/当該部品への影響
7. 自動車部品メーカー動向
8. 主要参入メーカー/生産拠点一覧
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2021 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧

頒価
180,000円+税

発刊日
2020年10月15日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
280ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ