◆最新市場調査レポート:2019年10月21日予定

自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020

電動化と低燃費化、電装化、5G、ADAS・自動運転技術進展による材料変化の徹底分析
−調査の背景−
  • 世界の自動車生産台数は拡大を続け、年間生産台数1億台に到達するかと予測していたが、2018年は中国での自動車生産台数の減少を背景に微減で推移した。しかしながら自動車産業は、電装化やADAS・自動運転技術の搭載などさまざまな高付加価値化により、部品点数が増え、活況は続いている。
  • 自動車産業における材料変化の主な要因として、(1)環境負荷低減のための電動化や低燃費化、(2)自動車の機能向上のための電装化、(3)快適性向上を目指した5G・ADAS・自動運転などの技術進展があげられる。
  • 電動化や低燃費化に関する主な動向としては、ディーゼル技術やハイブリッド・電気自動車などの技術、車体設計や新素材を利用した軽量化などがあげられる。また電装化ではECUの採用個数の拡大から安全技術の根幹を支えるセンサー個数の拡大などが、5GやADAS・自動運転の技術については対応するセンサーや機器の増加と、これらのセンサーや機器の機能発揮を阻害しないための材料技術などが関連動向としてあげられる。
  • 自動車メーカーは競争力を高める目的から車種のブランド力を高めている。その一環として上記した電動化、低燃費化、電装化、快適性改善のみならず、意匠性の向上なども目指して、自動車材料にさまざまな機能を求めるようになっている。
  • このような背景の中、本市場調査資料においては有機材料から無機材料まで幅広く捉え、材料にどのような変化が今後起きていくのかを分析する。特に材料における付加価値化の動向、また加工品や応用素材側からもそのトレンドを把握する。
  • 本市場調査資料は、自動車用材料や部材市場とその方向性を明確化することにより、関連企業の経営、研究、製造、販売など、マーケティング全般においてご活用いただけるものと確信しております。
−注目キーワード−
自動車業界のトレンドによる材料変化の方向性
  • 電動化(HV/PHV/EV/FCV化)、軽量化
  • 電装化
  • 自動運転・ADAS、5G通信技術
  • 中国、インド、東南アジア、アフリカの動向
材料・技術トレンド
  • CFRP・CFRTP
  • CNF(セルロースナノファイバー)複合材料
  • バイオプラスチック
  • 長繊維複合技術
  • 塗装 vs 無塗装 vs フィルム化
  • センサーカバー、レンズなど透明樹脂の変化
  • 骨格・電装部品:金属から樹脂の動向
  • 外装:軽量化(金属・樹脂)、デザインの変化、表面保護、生産技術
  • 内装:高級感(表皮、加飾、無塗装)、快適性、質感、光・ディスプレイの応用
−調査対象品目−
I. ケミカル&マテリアル編
汎用樹脂
1. PP
2. PE
3. ABS、ASA、AES
4. PC/ABS
5. PMMA、特殊アクリル
6. PVC
エンプラ・熱硬化樹脂
1. PC
2. POM
3. PBT/PET
4. PA6、PA66
5. PA11、PA12
6. 耐熱PA(PA46、PA6T、PA9T、PA10T、PA11T)
7. m-PPE
8. PPS
9. LCP
10. 高耐熱樹脂(PEEK、TPI)
11. フッ素
12. エポキシ
13. ポリウレタン
14. 不飽和ポリエステル
15. フェノール
16. シリコーン
合成ゴム・エラストマー
1. NR
2. IR
3. CR
4. EPDM
5. NBR・HNBR
6. ACM
7. ECO
8. シリコーンゴム
9. フッ素ゴム
10. S-SBR
11. TPV、TPO
12. TPS
13. TPC
14. TPU
鉄/非鉄金属・セラミック
1. アルミニウム合金
2. マグネシウム合金
3. 鉄(軟鋼、高張力鋼、ホットスタンプ材)
4. タイヤ用カーボンブラック、シリカ
5. アルミナ
6. 窒化ケイ素、炭化ケイ素
上記より37〜40品目を対象として取り上げる。
II. 加工品・応用素材編
1. 構造用接着剤
2. 内装用接着剤
3. 電子部品用接着剤
4. ガラス・グレージング
5. ガラス中間膜
6. シート表皮材/内装表皮材
7. 自動車用触媒
8. パワーモジュール放熱材
9. 高周波対応部材
10. 吸音材
11. モーター/コイル用巻線
上記より6〜8品目を対象として取り上げる。
調査段階で必要に応じ品目の追加・変更を行う。
−調査項目−
I. 市場総括編
1. 自動車用ケミカル&マテリアル市場総括
2. 材料別市場展望
3. 注目トピックス
1) 材料別耐熱温度域トレンド
2) 電動車両・自動運転車両の普及による材料変化
3) 5G通信技術による材料変化
4) 新規注目材料の動向(CFRT、CNF、バイオプラ他)
5) 車体デザインの変化による材料変化
6) 快適性訴求による材料変化
4. 部位別採用材料
1) 骨格・構造材
2) 外装
3) 内装
4) 機構部品
5) 電装部品
6) バッテリー
5. 自動車生産動向
1) 世界の自動車生産台数の方向性
2) 日本の自動車生産トレンド
3) HV・PHV・EV・FCVのトレンド
4) 中国・インド・東南アジア・アフリカの動向
6. 自動車メーカーの生産動向(地域別・車種別)
7. 自動車デザインのトレンド
8. 環境規制の動向
II. 集計編
1. 主要参入企業一覧
2. 市場規模推移および予測(2018年〜2025年・2030年予測)
3. 品目別価格一覧
III. 品目別市場編
1. 製品概要
2. 市場動向
1) 市場規模推移および予測(2018年〜2025年・2030年予測)
2) 地域別・車種別材料使用量
3. 用途動向
1) 用途別ウェイト(2019年見込)
2) 採用部位の動向
4. 価格動向
5. メーカーシェア(2019年見込)
6. 材料動向
1) 耐熱温度域別用途動向
2) グレード別ウェイト(2019年見込)
3) 材料変化の要因
4) 競合素材との比較
7. ニーズ・課題点
8. 研究開発・技術開発動向
9. 参入企業一覧
10. 業界構造・主要材料納入先
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
自動車用ケミカル&マテリアル市場調査総覧 2020

頒価
150,000円+税

発刊日
2019年10月21日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ