◆最新市場調査レポート:2019年03月05日予定

車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2019(下巻)

下巻:ECU関連デバイス編
2020年代、自動車のさらなる高度化を支えるシステム/デバイスの全容
−調査背景と調査対象範囲−
調査背景
  • 自動車メーカーや各国政府が「自動運転」「コネクテッドカー」「電動車(EV)」といったさまざまな次世代自動車技術の実現/普及目標として掲げている2020年代がいよいよ間近に迫りつつある。
  • そのため次世代自動車技術の実用化、普及を図る上で必要な、車載電装システム/デバイス関連事業に対する自動車関連企業の関心、注力度は高まり続けている。
  • 今回の「車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査」では、 2020年以降の次世代自動車/システムを支える車載電装システム/デバイスの市場や技術開発の最新動向を提示する。また車載システム/デバイスから見える2030年、2040年の自動車像を推定する。
調査対象範囲
上巻:システム/デバイス編
対象範囲製品メーカー
大項目
上/下自動車データ編自動車自動車メーカー
上巻 システム編
システム
  • パワートレイン系
  • HV/PHV/EV/FCV系
  • 走行安全系ボディ系
  • 情報通信系
システムメーカー
情報機器編情報機器情報機器メーカー
デバイス&
コンポーネンツ編
デバイス
  • センサーモジュール/ アクチュエーター
  • 表示/入力系
  • 環境対策系
デバイスメーカー
下巻:ECU関連デバイス編
対象範囲製品メーカー
大項目
上/下自動車データ編自動車自動車メーカー
下巻 ECU編
ECU
  • パワートレイン系
  • HV/PHV/EV/FCV系
  • 走行安全系ボディ系
  • 情報通信系
  • スマートセンサー/アクチュエーター
ECUメーカー
ECU構成デバイス編
ECU構成デバイス
  • 半導体
  • 回路部品
  • センサー(IC/素子)
半導体メーカー
回路部品メーカー
センサーIC/素子メーカー
その他
  • 基板
  • コネクター
  • ワイヤハーネス
基板メーカー
コネクターメーカー
ワイヤハーネスメーカー
−調査対象(下巻:ECU関連デバイス編)−
ECU編
  • パワートレイン系ECU(エンジンECU、トランスミッションECU、アイドリングストップECU、他)
  • 足回り系ECU(ブレーキ制御ECU、パワーステアリングECU、他)
  • ボディ系ECU(ボディ統合ECU、エアバッグECU、照合ECU、シート制御ECU、他)
  • 安全系ECU(ADAS-ECU、エアバッグECU、他)
  • 情報系ECU(IVIシステムECU、カーナビECU、オーディオECU、他)
  • HV/EV系ECU(パワーコントロールECU、バッテリー監視ECU、他)
  • スマートセンサー/アクチュエーター(ヨーレイトセンサー、スマートモーター、他)
ECU分析編
  • 車1台当たりのECU搭載数分析
  • ECUの搭載場所・搭載方法分析
  • ECUの統合化/機電一体化分析
  • パワーデバイスおよび放熱技術開発動向
ECU構成デバイス編
センサー(IC/素子)
  • 圧力センサー
  • 磁気センサー(ホール素子/MR素子)
  • 温度センサー
  • 加速度センサー
  • 角速度センサー
  • イメージセンサー
半導体
  • 車載マイコン
  • SoC/FPGA
  • 電源IC(LDO/DC-DC/複合)
  • ドライバーIC
  • MOSFET/IPD
  • SiCパワーモジュール
  • EEPROM
  • メモリー(DRAM/NAND)
  • 車内LANトランシーバー
  • Ethernetトランシーバー
回路部品
  • アルミ電解コンデンサー
  • タンタル電解コンデンサー
  • 積層セラミックコンデンサー
  • チップ抵抗器
  • インダクター(パワー系/信号系)
  • 水晶振動子/セラミック発振子
  • 車載リレー
その他
  • 車載プリント配線板
  • 半導体パッケージ基板
  • ワイヤハーネス
  • 車載コネクター
−調査項目(下巻:ECU関連デバイス編)−
総括編
1. 車載電装デバイス&コンポーネンツ全体市場概況
2. ECUの市場規模推移
3. ECU構成デバイスの市場規模推移
4. 車載ECUの現状と方向性
5. パワーデバイスおよび放熱技術開発動向
6. トピックス
個票編
ECU個票
1. 当該ECUの種類と概要
2. エリア別市場規模予測(2017〜2025/2030年)
3. 代表的ECU別市場規模予測(2017〜2025/2030年)
4. メーカーシェア(2017年/2018年)
5. 代表的ECUのメーカーシェア(2017年/2018年)
6. 搭載箇所別市場規模推移(数量ベース)
7. 価格動向
8. 技術開発動向(放熱/耐振、他)
9. 供給マトリクス
10. 参入メーカー一覧
ECU構成デバイス個票
1. 製品定義
2. エリア別販売市場規模予測(2017〜2025/2030年)
3. 搭載動向
4. メーカーシェア(2017年/2018年)
5. 価格動向
6. メーカー動向
7. 供給マトリクス
8. 参入メーカー一覧
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2019(下巻)

頒価
120,000円+税

発刊日
2019年03月05日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 140,000円+税

上下巻セットでご購入いただくと、セット価格が適用されます
    上下巻セットでの購入を希望する 230,000円+税

上下巻セット・PDFセットでもご購入いただけます(PDF単品でのご購入はできません)
    上下巻セット・PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 40,000円+税
      合計金額 270,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版(車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2019(下巻))の購入を希望する
      頒価 240,000円+税
    ネットワークパッケージ版(上下巻)の購入を希望する
      頒価 460,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ