◆最新市場調査レポート:2018年07月02日予定

2018 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧

燃費や快適性向上に向けた小型軽量化やシステム化動向、EVや自動運転の普及がもたらす自動車部品の将来像
−調査の背景−
  • 自動車開発では、「燃費」や「快適性」の向上が常に重視され、各自動車メーカーやTier1以下のサプライヤーはそれぞれの課題解決のために日々開発を進めている。
  • 燃費の向上においては、各種自動車部品の小型軽量化や先端技術の採用が進められている。特に採用材料の金属から樹脂への代替や、他部品との一体化やモジュール化、電動化による効率化が注目されている。
  • 快適性の向上においては、自動車部品や関連システムの最適化が進められているとともに、構成/周辺部材の見直しや、電動化/電子制御化が進んでいる。
  • また、次世代カーとしてEVや自動運転車の普及が見込まれており、それに伴い従来の自動車部品にも高機能化や統合/省略といった変化が生じるとみられる。
  • 本市場調査資料では変化が著しいエンジン系部品、駆動/足回り系部品、内装系部品、外装系部品を調査対象とした。今後の自動車業界を取り巻くテーマが部品に与える影響を明確化し、自動車部品関連メーカーにとって、今後の方向性を考えるうえで有用なマーケティングデータを提供することを目的とする。
    調査のポイント
    • 主要自動車部品の最新市場動向を分析し、グローバルマーケットの2030年までの動向を展望
    • 自動車部品の小型軽量化やシステムの高度化、電動化、その他先端技術の導入とそれらがもたらす影響を把握
    • EVなどの電動車両や、ADAS/自動運転技術の普及が自動車部品に与える影響を把握
    調査対象範囲
    • エンジン系部品、駆動/足回り系部品、内装系部品、外装系部品
    • 内燃機関式自動車(ICEV)、次世代自動車(HV/EV/PHV/FCV)
−調査対象品目−
      :新規対象品目
エンジン系部品(15品目)
  • 可変バルブユニット
  • ラジエーターファン
  • ウォーターポンプ
  • 燃料ポンプ
  • スターター
  • オルタネーター/モータージェネレーター
  • スパークプラグ
  • イグニッションコイル
  • スロットルボディ
  • ターボチャージャー/スーパーチャージャー
  • エキゾーストシステム(エキゾーストマニホールド/マフラー等/後処理装置)
  • インテークマニホールド
  • エアクリーナー
  • EGRバルブ
  • EGRクーラー
駆動/足回り系部品(8品目)
  • トランスミッション(MT/AT/CVT/AMT/DCT)
  • クラッチ
  • デファレンシャルギア
  • プロペラシャフト
  • パワーステアリング(油圧式/電動式)
  • ブレーキブースター
  • サスペンションシステム(サスペンションアーム/ショックアブソーバー/スプリング)
  • インホイールモーター
内装系部品(9品目)
  • ステアリングホイール
  • コンビネーションスイッチ
  • シートシステム
  • エアバッグモジュール/インフレーター
  • シートベルトプリテンショナー
  • インストルメントパネル
  • カーエアコン
  • 電動コンプレッサー
  • ヒーター
外装系部品(8品目)
  • ボディ
  • ヘッドランプ
  • リアランプ
  • ミラー/電子ミラー
  • タイヤ
  • ワイパー
  • ドアラッチ
  • サンルーフ
−調査内容−
I. 総括集計編
1. 自動車部品市場(2017年実績、2018年見込、2019〜2025、2030年予測)
1) 全体部品市場概況
2) 品目別市場規模推移
2. 燃費向上に向けた開発トレンド
1) 採用マテリアルと主要材料メーカー
2) 成形/加工面、その他
3. 快適性向上に向けた開発トレンド
1) 構成/周辺部材の見直し
2) 電動化/電子制御化
4. EV化/自動運転化がもたらす自動車部品産業への影響
5. 自動車メーカーの主要生産拠点・開発拠点一覧
6. 自動車部品関連メーカー動向
7. 新興国における自動車部品生産拠点動向
8. トピックス
1) エンジンマネジメントシステムの現状と将来展望
2) パッシブセーフティの将来展望
3) 法規制動向
II. 個票編
1. 製品概要
2. 市場規模推移予測(2017年実績、2018年見込、2019〜2025、2030年予測)
3. メーカーシェア(2017年実績、2018年見込)
4. 価格動向
5. 自動車メーカーへの供給マトリクス(2017年実績)
6. 燃費/快適性向上に向けた開発動向と今後の方向性
1) 採用マテリアル/成形/加工技術
2) 電動化/電子制御化
7. EV/自動運転化による変化
8. 自動車部品メーカー動向
1) 日欧米メーカー動向
2) 新興国主要メーカー動向
9. 主要参入メーカー・生産拠点一覧
III. 関連データ
1. ワールドワイド自動車生産台数予測(2017年実績、2018年見込、2019〜2025、2030年予測)
2. ワールドワイド自動車販売台数予測(2017年実績、2018年見込、2019〜2025、2030年予測)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2018 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧

頒価
150,000円+税

発刊日
2018年07月02日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ