◆市場調査レポート:2010年08月26日発刊

2010 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(下巻)

下巻:ベンダ・ユーザー実態編
−調査の背景−
  • 「クラウドコンピューティング」、「SaaS」など企業における情報システムの利用形態が大きく変革しつつある昨今において、ネットワークセキュリティビジネスとしてもこうしたシステム変革の潮流に則したソリューション提供が重要なポイントとなっており、旧来のビジネスモデルからの早期的な移行がセキュリティソリューションを展開するツールベンダやシステムベンダにとっての大きな差別化手段であり、また新たな潮流が浸透する中での優位性を確保する手段となると考えられる。
  • こうしたシステム利用形態の変化によるビジネスチャンスに加えて、コンプライアンス、事業継続、情報保護といった企業のリスクマネジメントとしてのセキュリティ対策も重要視されており、従来の外部脅威対策はもちろんであるが、内部脅威に対するセキュリティソリューションも今後のセキュリティビジネスにおいては、重要な役割を担っていくであろう。
  • システム形態の変化や内部脅威への対応強化など企業におけるセキュリティ対策分野が広がることでセキュリティビジネスとしても安定した成長が期待できる一方で、経済不況の影響が依然として残りIT投資や情報セキュリティ投資が抑制される傾向は少なからずあり、セキュリティ対策の重要性を理解しつつも革新的な対策を打てない企業が多く存在することも事実である。
  • また、企業がセキュリティ対策を実施していくことは、PDCAサイクルに準じて継続的な運用が求められることとなるが、これらは運用負担過多や管理すべきセキュリティの広範化を招く要因ともなり、企業により一層の負担を強いることとなる。こうした課題のためにセキュリティ対策の実践に二の足を踏む企業も想定されるなど、経営や事業を円滑に実施していくためにはセキュリティ対策の重要性は深く認識されているものの、コスト面や運用負担の面がネックとなり、継続的かつ先進的なセキュリティ対策が実践されない要因となっていると言えよう。
  • こうした状況を鑑みて今後のセキュリティビジネスとしては、企業が抱えるセキュリティ対策の実践にあたっての課題や問題点を汲み取り、コストパフォーマンスの高さや運用負担の少ないセキュリティソリューションを的確に提供していくことが、当該ビジネスの発展には欠かせない要因であり、クラウドコンピューティングやデータセンタなど新たな技術および環境を活用し、ユーザーリソースに依存しないソリューション提供が大きなインパクトとなると共に、新たなビジネスチャンスにも繋がっていくであろう。
  • セキュリティツールベンダにおいてもシマンテックによるベリサインの買収、インテルによるマカフィーの買収など、大型のM&Aが展開されており、より総合的且つ大規模なセキュリティベンダが誕生し新たな局面を迎えつつあり、セキュリティビジネスにおける優位性を確保していくためにはこうしたベンダにおける今後の戦略や動向にも注視が必要である。
  • 新たなビジネストレンドの台頭やセキュリティベンダの再編が進む市場環境において、当調査レポート「2010ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 下巻:ベンダ/ユーザー実態編」は、従来のセキュリティツールベンダやソリューションプロバイダの事業戦略についての調査・分析に加えて、今年度版よりユーザーアンケート調査も実施し、シーズ/ニーズの両面からセキュリティビジネスの方向性を多角的に分析しており、この調査・分析結果をまとめることにより、ネットワークセキュリティビジネスを展開する企業での競争優位を確保する戦略立案に資するマーケティング基礎データとして、大いに活用されることを切に望むものである。
−調査目的−
  • セキュリティソリューションプロバイダのソリューションサービス把握やセキュリティツールベンダにおけるビジネスモデル分析などを調査することにより、セキュリティビジネスの特性やソリューショントレンドを明確化し、当該ビジネスにおける今後の方向性を把握することを目的とした。
  • 1998年の調査開始より継続調査プロジェクトとして毎年刊行している当資料は、昨今の市場環境を踏まえた上で、関連市場を掘り下げると共に、参入企業の事業戦略、ビジネスモデル分析に加えて、企業ユーザーに対するアンケート調査も実施し総合的に検証することで、当該市場における競争優位を確保するためのマーケティング戦略立案の基礎データを提供することを目的とした。
−調査対象−
ネットワークセキュリティソリューションプロバイダ45社
ネットワークセキュリティツールベンダ16社
セキュリティ対策ユーザー618サンプル
−目次−
I. 総括編
1. ネットワークセキュリティソリューションビジネスの現状(3)
2. セキュリティソリューションビジネスのトレンド(5)
3. 業界構造/ベンダ連携状況(7)
4. セキュリティソリューションプロバイダのポジショニング(11)
5. セキュリティベンダのチャネル戦略(13)
6. セキュリティ対策ユーザー動向の分析(16)
7. ユーザーにおけるセキュリティ対策の方向性(21)
8. シーズ/ニーズから見たソリューショントレンドの方向性(23)
9. セキュリティソリューションビジネスのインパクト(26)
10. 調査対象企業概要一覧(27)
II. 企業編
A. ネットワークセキュリティソリューションプロバイダ
1. アズジェント(52)
2. インターネットイニシアティブ(55)
3. インフォセック(58)
4. NRIセキュアテクノロジーズ(61)
5. NECネクサソリューションズ(64)
6. NECフィールディング(67)
7. NTTコミュニケーションズ(70)
8. NTTコムウェア(73)
9. NTTソフトウェア(76)
10. NTTデータ(79)
11. NTTデータ・セキュリティ(82)
12. NTT PCコミュニケーションズ(85)
13. 大塚商会(88)
14. キヤノンITソリューションズ(91)
15. KDDI(94)
16. 住商情報システム(97)
17. ソフトバンクテレコム(100)
18. 大興電子通信(103)
19. 日商エレクトロニクス(105)
20. 日本IBM(107)
21. 日本電気(110)
22. 日本ヒューレット・パッカード(113)
23. 日本ベリサイン(116)
24. ネットワンシステムズ(119)
25. バリオセキュア・ネットワークス(122)
26. 日立システムアンドサービス(124)
27. 日立情報システムズ(127)
28. 日立製作所(130)
29. 日立ソフトウェアエンジニアリング(133)
30. 日立電子サービス(136)
31. 富士ゼロックス(139)
32. 富士通(141)
33. 富士通エフサス(144)
34. 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(146)
35. 富士通ビジネスシステム(149)
36. ブロードバンドセキュリティ(152)
37. マクニカネットワークス(155)
38. 丸紅情報システムズ(158)
39. 三井物産セキュアディレクション(161)
40. 三菱総研DCS(164)
41. 三菱電機(167)
42. 三菱電機情報ネットワーク(170)
43. ユニアデックス(173)
44. ラック(176)
45. リコー(179)
B. ネットワークセキュリティツールベンダ
1. RSAセキュリティ(184)
2. インサイトテクノロジー(187)
3. インテリジェントウェイブ(189)
4. F5ネットワークジャパン(192)
5. エントラストジャパン(195)
6. CA Technologies(198)
7. シスコシステムズ(201)
8. シマンテック(204)
9. ジュニパーネットワークス(207)
10. SonicWALL,Inc.(210)
11. ソリトンシステムズ(213)
12. チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(216)
13. トレンドマイクロ(219)
14. バラクーダネットワークスジャパン(222)
15. フォーティネットジャパン(224)
16. マカフィー(227)
C. セキュリティ対策ユーザー動向編
1. セキュリティ対策の取り組み意識/体制(233)
2. IT投資/セキュリティ対策投資動向(235)
3. セキュリティ対策の状況と計画(237)
4. 導入セキュリティサービス/製品の満足度と導入形態(240)
5. セキュリティベンダ認知度(246)
6. クラウド型セキュリティサービスの認知度(248)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2010 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(下巻)

頒価
97,000円+税

発刊日
2010年08月26日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
256ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

CD-ROMセット:
CD-ROMセットは、本資料全編のPDFファイルを収録。
集計ファイルセット:
集計ファイルセットは、本資料全編のPDFファイル、総括編ダイジェスト版データ(パワーポイント形式)及び集計データ(エクセル形式)を収録。
ご注意ください
CD-ROMセット単体及び集計ファイルセット単体での販売は行っておりません。また、CD-ROM/集計ファイルの上下巻セット販売価格の対応はありません。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 107,000円+税

集計ファイルセットがあります(PDFと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税
      合計金額 127,000円+税

上下巻セットでご購入いただくと、セット価格が適用されます
    上下巻セットでの購入を希望する 184,000円+税

上下巻セット・PDFセットでもご購入いただけます(PDF単品でのご購入はできません)
    上下巻セット・PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 204,000円+税

上下巻セット・集計ファイルセットでもご購入いただけます(集計ファイル単品でのご購入はできません)
    上下巻セット・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 60,000円+税
      合計金額 244,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版(2010 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(下巻))の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版(上下巻)の購入を希望する
      頒価 368,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ