◆市場調査レポート:2006年05月31日発刊

2006 自動車部品マーケティング便覧

環境技術と部品市場の変化をグローバルな視点から分析
−調査の背景−
  • 世界の自動車生産台数は、2005年以降も順調に増加傾向を示しており、引続き中国や東南アジアが牽引役となり、安定した成長が見込まれている。
    このため、自動車部品業界の全体の売上もパイの拡大を受けて既存部品の需要が拡大し、高度化した技術や新システムの開発による新規需要も生み出しており、順調に拡大傾向を示している。
    一方で、ここ数年続いている鋼材の供給不足や石油価格の高騰に伴う樹脂価格の上昇は、製品価格に転嫁できない部品サプライヤの利益を減少させており、商品開発や生産技術の効率化の努力は続けられているものの、今後の影響が懸念されている。
    また、完成車メーカーや部品サプライヤでは環境対応技術開発のための費用負担を強いられており、負担軽減を目的として完成車メーカー相互の技術提携や共同開発が活発に進められ、部品サプライヤ同士による合併や完成車メーカーとの協業体制の強化も目立ってきている。
    日系の部品サプライヤ各社は、中国や東南アジア向けの需要の拡大に対応するため、中国やタイ等に生産拠点を積極的に展開しており、製品コストの低減化と共に供給レスポンスを高めている。
  • 次世代自動車では、ディーゼルエンジンに対する開発が積極的に行われており、ハイブリッド車も本格的な普及段階に入るなど活発化している。
    しかしながら、燃料電池車については、構成材料の技術開発やコストの低減化が進んでいるものの、インフラ・設備関連の技術的問題もあり、現状では市場予測が困難のまま、自動車業界に開発負担のみを強いる厳しい状況が続いている。
  • 本レポートでは8つの分野から自動車主要部品50品目を選定して調査するとともに、キーテクノロジーである「環境技術」、高度道路交通システムとのシナジー効果が期待される「安全技術」、車室内を居住空間と捉える事でより注目され始めた「快適技術」、情報通信社会に対応する「自動車情報通信技術」の4つの視点から分析を加えることに主眼を置いて調査を実施した。
    また、ワールドワイドでの部品の供給状況及び市場動向を把握すると共に、中国市場戦略や戦略生産拠点など企業戦略についてもレポートしている。

−調査目的−
  • 本調査は、自動車部品および部品材料について、市場概況、市場規模推移(国内/世界)、マーケットシェア、自動車メーカーへの供給状況、中国市場、技術開発動向等を明確化し、当該事業における戦略策定のための有用資料とすることを目的とした。

−調査分野−
調査対象品目
自動車部品市場を下記の8分野に分類し調査した。
次世代自動車構成部材9品目
エンジンルーム7品目
外装5品目
足回り5品目
吸気・排気7品目
室内6品目
情報通信他7品目
モジュール4品目
合計50品目
上記調査対象品目については、「2005 自動車部品マーケティング便覧」の対象品目から見直しを行っている。

−調査項目−
総括調査項目
1. 市場概況
2. 技術トレンド
3. 中国市場での事業戦略
4. 部品メーカーの次世代自動車への取組状況・市場見解
5. 自動車メーカーの部品戦略
6. 自動車部品メーカーの戦略生産拠点の概要
7. 世界市場における主要部品の供給マトリクス
8. 省エネ/環境に関する日・欧・米の法制度
個別部品市場項目
1. 製品概要/定義
2. 市場概況
3. 市場規模推移(2005年実績〜2011年予測)
4. マーケットシェア(2005年実績)
5. 自動車メーカーへの供給状況
6. 技術開発動向
7. 中国市場戦略
8. 次世代自動車への取組状況・市場見解
9. 今後の見通し
10. 戦略生産拠点の概要

−調査対象先−
自動車部品メーカー  自動車メーカー  自動車部品販社  各種関連団体

−目次−
I. 総括編(1)
〈全体概要〉(3)
1. 市場概況(6)
1) 全体部品市場概況(6)
2) 品目別市場規模推移(W/W、国内、金額ベース)(8)
3) 品目別メーカーシェア(2005年実績)(16)
2. 技術トレンド(23)
1) 安全技術(23)
2) 環境技術(27)
3) 情報通信技術(29)
4) 快適技術(33)
5) その他(35)
3. 中国市場での事業戦略(37)
1) 部品メーカーの事業展開(37)
2) 自動車メーカーの取り組み状況(40)
4. 部品メーカーの次世代自動車への取組状況・市場見解(41)
5. 自動車メーカーの部品戦略(57)
A. トヨタ自動車(57)
B. 日産自動車(59)
C. 本田技研工業(62)
D. マツダ(64)
E. 三菱自動車工業(66)
F. 富士重工業(68)
6. 自動車部品メーカーの戦略生産拠点の概要(70)
7. 世界市場における主要部品の供給マトリクス(79)
8. 省エネ/環境に関する日・欧・米の法制度(85)
II. 個別部品市場編(87)
A. 次世代自動車構成部材
A-1 水素タンク(89)
A-2 セパレータ(92)
A-3 水素吸蔵合金(95)
A-4 モータ(燃料電池車用)(98)
A-5 フライホイールバッテリー(100)
A-6 インバータ(101)
A-7 降圧DC-DCコンバータ(105)
A-8 キャパシタ(108)
A-9 次世代二次電池(112)
B. エンジンルーム
B-1 エンジンバルブ(119)
B-2 スタータ(123)
B-3 オルタネータ(126)
B-4 燃料噴射装置(ECU)(130)
B-5 インジェクタ(135)
B-6 燃料ポンプ(141)
B-7 電子制御スロットルボディ(145)
C. 外装
C-1 アウトサイドミラー(149)
C-2 ヘッドランプ(153)
C-3 AFS(159)
C-4 車載カメラ(163)
C-5 クリアランスソナー(168)
D. 足回り
D-1 CVT(171)
D-2 電動パワーステアリング(175)
D-3 ショックアブソーバ(180)
D-4 ESC(183)
D-5 タイヤ空気圧警報システム(187)
E. 吸気・排気
E-1 インテークマニホールド(191)
E-2 エキゾーストマニホールド(195)
E-3 マフラー(199)
E-4 EGRバルブ(202)
E-5 過給気システム(205)
E-6 触媒(209)
E-7 DPF装置(212)
F. 室内
F-1 シートシステム(215)
F-2 エアバッグ(219)
F-3 エアコン(223)
F-4 コンビネーションスイッチ(227)
F-5 カーナビゲーションシステム(230)
F-6 車載LAN(235)
G. 情報通信他
G-1 盗難防止装置(239)
G-2 ワイヤレスキー(242)
G-3 車載用白色LED(246)
G-4 ワイヤーハーネス(249)
G-5 車間距離感知システム(252)
G-6 X-by-Wire(257)
G-7 駐車アシストシステム(260)
H. モジュール
H-1 コクピットモジュール(264)
H-2 フロントエンドモジュール(268)
H-3 リアゲートモジュール(271)
H-4 吸気・排気モジュール(273)
III. 自動車関連データ編(275)
1. 国内自動車生産台数(277)
2. 世界自動車生産台数(278)
3. 次世代自動車の生産規模推移(〜2011年予測)(279)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2006 自動車部品マーケティング便覧

頒価
97,000円+税

発刊日
2006年05月31日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
280ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ