◆最新マルチクライアント調査レポート:2021年02月26日発刊

自動車インターコネクション市場の現状と将来展望

ADAS/電動化に伴うインターコネクションの変化を徹底調査
−はじめに−
  • ワイヤハーネスを中心とする配線とコネクタで構成される自動車インターコネクションは、自動車の進化を支える基礎となっている。
  • 自動車産業の構造を変える「CASE」は自動車インターコネクションなしには実現できない。コネクテッド、自動運転、シェアリングは高速大容量通信やAI化が必要不可欠であり、電動化は高圧化、軽量化といったインターコネクション技術が大きな貢献を果たす。
  • 自動車のE/Eアーキテクチャが現在主流の分散型からドメイン型、ゾーン型に進化していく過程でECUの統合が進展するが、統合のペースよりもADASや電動化に基づくECUや機器の増加スピードが速く、今後も自動車インターコネクション市場は長期的に拡大していくと予測される。
  • 搭載されるECUや機器の増加に伴い、ワイヤハーネスの回路数は増加を続け、ハーネス重量が将来の電動化の燃費向上の阻害要因となる可能性もあった。しかし、アルミハーネスの増加やFPC/FFCといったほかの配線へのシフトにより、燃費向上に対しても自動車インターコネクションの進化は有効な手段となって注目を集めている。
  • 来るべき自動運転時代の到来に向かって、車内ネットワークもEthernet技術や光ファイバーの採用により飛躍的に高速大容量通信への対応が進んでいく。
  • 本マルチクライアント特別調査企画では自動車インターコネクションに注目し、ADAS/自動運転や電動化に向けてどのように進化していくのか、また高速大容量通信、軽量化を実現する技術、導入される部位はどこなのかに主眼をおいた調査を行った。2040年までの自動車インターコネクション市場の進化と変化を明らかにし、関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的とした。
  • 本マルチクライアント特別調査企画が、関係各位にご活用いただけることを願っている。
−調査企画背景および目的−
  • 自動車の電装化、ADAS/自動運転技術の搭載、電動化に伴い、自動車内部の機器間の配線数は増加の一途をたどっている。
  • 内部配線にはワイヤハーネスやFPC(Flexible Printed Circuit)、FFC(Flexible Flat Cable)が採用されており、伝送信頼性や伝送距離、内部スペースの大きさなどによって使用される配線部材も異なっている。現在ワイヤハーネスの使用量が圧倒的に多いが、今後自動車の電動化に伴い、軽量化が強く求められることから、ワイヤハーネスの素材の変更や配線距離の短い部分にはFPCやFFCの採用が増加していくと推測される。
  • 配線に使用されるコネクタにおいてもアプリケーションによっては高速伝送化や小型化が求められることから、コネクタのハウジング材料や端子材料にも変化が起こると推測される。
  • 本マルチクライアント特別調査企画では、各種インターコネクションのメーカーやコネクタメーカーにヒアリングを実施することによって、今後の車載インターコネクションやコネクタの変化を詳細に分析することでデータを提示することを目的とした。
−調査のポイント−
  • ワイヤハーネスのアルミ化、電動化対応高圧ワイヤハーネス需要を調査
  • ワイヤハーネスからFPC、FFCにシフトする採用部位を分析、FPC、FFC市場を詳細に調査
  • 高速伝送コネクタやコネクタの小型化/薄型化を分析
  • 電動化、自動運転で求められるインターコネクション市場を徹底分析
−調査対象−
調査対象製品/対象企業
調査対象製品対象企業
ワイヤハーネス住友電気工業、矢崎総業、古河電気工業、フジクラ、Aptiv、Leoni、Learなど
FPC日本メクトロン、フジクラ、住友電気工業、東山精密製造、Career、Flexium、SI-Flexなど
FFC住友電気工業、坂東電線、Axon、P TWO、Young Shin、UJU Electronics、Deren Electronicsなど
光ファイバー三菱ケミカル、旭化成、東レ、AGCなど
コネクタ住友電気工業、矢崎総業、日本航空電子工業、イリソ電子工業、ヒロセ電機、Molex、TE Connectivity、Ampenol、Rosenberger、Aptivなど
対象領域
対象領域
  • ECU
  • ADAS機器
  • 電動化機器
  • センサー
  • 照明/ランプ
  • インフォテインメント機器
  • その他
−目次−
I. 総括編(1)
1. 車載インターコネクション市場の将来展望(2)
2. 車載インターコネクションの種類別市場規模推移・予測(2018〜2030/2035/2040年)(4)
3. 自動車部位別インターコネクションの採用動向(8)
4. 種類別インターコネクションのすみ分け動向(11)
5. 軽量化・薄型化動向(15)
6. 車内ネットワーク技術の将来展望(21)
7. インターコネクション別参入企業一覧(26)
8. ADAS/自動運転向けの製品動向、今後の動向(30)
9. 電動化向けの製品動向、今後の動向(35)
10. 電動自動車の生産台数予測(2018〜2030/2035/2040年)(40)
II. ワイヤハーネス編(54)
1. 製品概要(55)
2. 自動車における採用部位(57)
3. 市場規模推移・予測(2018〜2030/2035/2040年)(58)
4. 参入企業一覧(68)
5. メーカーシェア(2019年/2020年実績)(71)
6. メーカー動向(72)
7. サプライチェーン(74)
8. アルミ化率の動向(75)
9. 技術動向、開発ロードマップ(77)
10. 高圧ハーネスの採用および技術動向(79)
11. コネクタハウジング樹脂の動向(81)
12. コネクタのピン数動向(82)
13. コネクタ銅条の採用動向(83)
14. ノイズ対策動向(85)
15. 価格動向(86)
III. FPC編(87)
1. 製品概要(88)
2. 自動車における採用部位(89)
3. 市場規模推移・予測(2018〜2030/2035/2040年)(90)
4. 参入企業一覧(94)
5. メーカーシェア(2019年/2020年実績)(95)
6. メーカー動向(96)
7. サプライチェーン(97)
8. 自動車用FPCの層構成、厚み動向(98)
9. 他の配線材との比較、自動車用途の要求特性(99)
10. 技術動向、開発ロードマップ(100)
11. コネクタハウジング樹脂の動向(101)
12. コネクタのピン数動向(102)
13. コネクタ銅条の採用動向(103)
14. ワイヤからFPCへシフトする採用部位、背景(104)
15. 耐熱・放熱、ノイズ対策動向(105)
16. 価格動向(106)
IV. FFC編(107)
1. 製品概要(108)
2. 自動車における採用部位(109)
3. 市場規模推移・予測(2018〜2030/2035/2040年)(110)
4. 参入企業一覧(114)
5. メーカーシェア(2019年/2020年実績)(115)
6. メーカー動向(116)
7. サプライチェーン(117)
8. 他の配線材との比較、自動車用途の要求特性(118)
9. 技術動向、開発ロードマップ(119)
10. コネクタハウジング樹脂の動向(120)
11. コネクタのピン数動向(121)
12. コネクタ銅条の採用動向(122)
13. ワイヤハーネスからFFCへシフトする採用部位、背景(123)
14. 耐熱・放熱、ノイズ対策動向(124)
15. 価格動向(125)
V. 光ファイバー編(126)
1. 製品概要(127)
2. 自動車における採用部位(128)
3. 市場規模推移・予測(2018〜2030/2035/2040年)(129)
4. 参入企業一覧(133)
5. メーカーシェア(2019年/2020年実績)(134)
6. 光ファイバーの採用時期・採用規格(135)
7. 他の配線材との比較、自動車用途の要求特性(137)
8. 技術動向、開発ロードマップ(138)
9. コネクタ動向(141)
10. 価格動向(143)
VI. コネクター編(144)
1. 製品概要(145)
2. 自動車における採用部位(146)
3. 市場規模推移・予測(2018〜2030/2035/2040年)(149)
4. 参入企業一覧(160)
5. メーカーシェア(2019年/2020年実績)(161)
6. メーカー動向(165)
7. サプライチェーン(168)
8. 他の配線材との比較、自動車用途の要求特性(170)
9. 技術動向、開発ロードマップ(171)
10. 小型・薄型化動向(172)
11. コネクタのピン数動向(173)
12. プレスフィットコネクタの採用動向(177)
13. FAKRA/HSDコネクタの採用動向(178)
14. 価格動向(180)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
自動車インターコネクション市場の現状と将来展望

頒価
700,000円+税

発刊日
2021年02月26日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
180ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 70,000円+税
      合計金額 770,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ