◆最新市場調査レポート:2020年07月29日予定

2020 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望

Society5.0/Connected Industriesの実現に向け加速するDX
−調査の背景−
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立することと、日本の政策において明確に定義されることとなり、具体的な指標、目的を持ったDXへの取り組みが本格化しつつある。
  • DXへの取り組みに関して、ユーザーはこれまで中心であった情報システム部門による基幹系システムへのIT投資から、新たにDX推進組織を立ち上げ、デジタル技術(IoT、ビッグデータ、AIなど)を活用したビジネスそのもののデジタル化に向けた投資を拡大させていく方向性にある。
  • 本市場調査資料では、デジタルトランスフォーメーションの業界別の市場動向や基盤技術動向に加え、関連事業を展開するソリューションベンダーの取り組みやユーザー調査の実施によって、統合的にデジタルトランスフォーメーション市場の方向性をとりまとめる。
    調査ポイント
    • 各業界で進展するDX投資の状況、DXによって実現するイノベーションの方向性を調査
    • トップランナーにおけるDX推進体制、アライアンス、ビジネスの方向性を分析
    • 新たなビジネスモデルとして、サブスクリプションモデルや成果報酬型ビジネスなどの実態を調査
    • DX時代への対応が迫られる主要SIerにおける戦略、変革を調査
    • ユーザーアンケートによるDX投資の実態や課題、投資の方向性を把握
−調査対象/調査項目−
I. 総括編
1. デジタルトランスフォーメーション市場総括
2. 業種別デジタルトランスフォーメーション市場分析
3. 各業界におけるトップランナーのDX推進体制、動向
4. サブスクリプションモデルの実態と方向性
5. クロスインダストリーの状況、共通プラットフォームについて
6. 採用技術動向
7. DXソリューションベンダー動向(SIerにおける変革)
8. 2025年の壁に向けシステム更新需要
9. 政府施策・振興策、関連法規制(国内/海外)
10. ユーザーアンケート分析(集計ファイル版の抜粋)
II. 市場編
1. 業種別動向編 調査対象業種 調査対象DX投資/変革例 1) 製造 スマートファクトリー、サービタイゼーション、スマートプロダクト、デジタル作業支援(ナビゲーション、検品、メンテナンスなど)、安全支援、マテリアルインフォマティクス、オンラインカスタマイゼーションなど 2) 流通 デジタルオペレーション(自動発注、需要予測、業務自動化、個品管理、ロボティクス)、デジタルマーケティング、デジタル店舗(次世代レジ、セルフ購買、次世代ショッピング)、次世代サプライチェーン(ブロックチェーン)など 3) 金融 次世代コンタクトセンター(チャットボット、オペレーター支援、VOC分析)、事務処理自動化、デジタル接客、デジタル審査・予測、FinTech(ロボアドバイザー、スコアレンディング、仮想通貨、家計簿、個人資産管理、ウォレットサービス)、IoT保険など 4) 医療/介護 デジタル治療診断(AI活用画像診断、遠隔画像診断/診断、経過治療支援)、デジタル教育研究支援(AR/VR活用臨床工学教育、AR/VR実習教育、医学薬学研究)、手術支援(手術支援ロボット、スマート手術支援、AR/VR活用手術シミュレーター)、病院運営(医師向け働き方改革、看護師向け働き方改革)など 5) 交通/運輸 セーフティドライブ、交通情報ビッグデータ、需要予測&マッチング、インフラ/設備メンテナンス、MaaS(カーシェア、ライドシェア、配車サービス、公共交通インフラの自動化)、輸送サービス変革(社内コンテンツ、構内/停留所のデジタル化)など 6) その他業種 その他業種として、不動産、農業、建設、宿泊・観光、公共インフラなどにおけるDX動向を調査予定
調査項目
1. 技術概要
2. 技術ロードマップ
3. 当該技術および周辺技術のトレンド
4. 当該技術関連政策
5. 市場規模推移
6. 主要な業界団体/標準化団体、研究機関の取り組み
調査項目 1. 調査対象市場の定義/範囲 2. 投資規模推移(2019年度〜2030年度) 3. ロードマップ 4. 実証実験/導入事例 5. 主要ユーザー企業におけるDX推進組織の動向 6. DXによって創出される新たなデジタルビジネス市場分析 7. サブスクリプションモデルの動向、方向性 8. DX関連技術採用動向 9. 注目ベンダーの取り組み 10. DX対応ソリューション一覧 ■業界動向における調査のポイント (1) ビジネス変革、オペレーション変革を軸としたDX投資の分析 (2) DXによって創出される新たなサービス市場、ビジネスモデルの動向 (3) 業態、業種におけるサブスクリプションモデルの実態と方向性 (4) 主要ユーザー企業におけるDX推進組織の役割、取り組み事例、方向性
2. 基盤技術動向編
調査対象技術
技術例
AI基盤、自然言語処理、画像処理、感情認識、IoTプラットフォーム、RPA、ブロックチェーン、AR/VR、音声処理、クラウドコンピューティング、量子コンピューティング、IoTセキュリティ、5G、API、データ流通、アジャイル開発など
調査項目
1. 技術概要
2. 技術ロードマップ
3. 当該技術および周辺技術のトレンド
4. 当該技術関連政策
5. 市場規模推移
6. 主要な業界団体/標準化団体、研究機関の取り組み
III. ソリューションベンダー編(15社)
調査項目
1. 企業プロフィール
2. DXビジネスの位置付け/ビジネスモデル
3. DX関連ソリューション
4. DX関連売上
5. DX関連事業体制
1) 自社
2) アライアンス
6. 2025年の壁に関する見解
7. 注目/注力業界、分野
8. 実証実験/導入事例
9. DX時代に即した開発手法、収益モデルに対する見解
10. DX関連ビジネスの課題/今後の方向性
IV. ユーザーアンケート編 「集計ファイルセット」に詳細データを収録。本市場調査資料には一部掲載予定。
質問項目例
デジタルトランスフォーメーション実施ユーザー/検討ユーザー合計500サンプル以上抽出予定
デジタルトランスフォーメーション実施動向/実施予定/活用意向の有無、実施部門、分野、導入業務、導入目的、実施製品/サービス、実施評価・満足度、実施予算、活用拡大意向、実施検討分野、実施における課題/問題点、期待する効果、2025年の壁に向けた基幹系システム刷新の計画、推進部署の有無および属性を分析
調査対象企業例
ソリューションベンダー
アクセンチュア、アビームコンサルティング、アマゾン ウェブ サービス ジャパン、伊藤忠テクノソリューションズ、インテック、インターネットイニシアティブ、SCSK、NTTコムウェア、NTTデータ、NEC、NECフィールディング、NECネッツエスアイ、NECソリューションイノベータ、NECネクサソリューションズ、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、NTTPCコミュニケーションズ、NTTドコモ、OKI、オプティム、キヤノンITソリューションズ、グーグル・クラウド・ジャパン、KDDI、日鉄ソリューションズ、セールスフォース・ドットコム、ソフトバンク、TIS、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング、電通国情報サービス、東芝デジタルソリューションズ、日本IBM、日本マイクロソフト、日本ユニシス、ネットワンシステムズ、野村総合研究所、PwCコンサルティング、日立製作所、日立システムズ、日立情報通信エンジニアリング、日立ソリューションズ、富士通、富士通エフサス、富士通エフ・アイ・ピー、富士通マーケティング、Preferred Networks、三菱電機、三菱電機インフォメーションネットワーク、三井情報、ユニアデックス
調査実施段階で調査対象/調査項目が変更になる可能性があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2020 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望

頒価
180,000円+税

発刊日
2020年07月29日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
PDF版セットは市場調査資料全編のPDFファイルを収録。書籍/PDF+集計ファイル版セットは市場調査資料全編のPDFファイル、Excelファイル、ユーザーアンケート結果を収録。PDFファイルの印刷は不可となります。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

集計ファイルセットがあります(PDFとエクセルファイルのセットです。単品でのご購入はできません)
    PDF・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 40,000円+税
      合計金額 220,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ