◆最新市場調査レポート:2020年08月21日予定

2020 人工知能ビジネス総調査

人間との共存を目指すAI(人工知能)関連ビジネスを包括的に分析
−調査の背景−
  • 日本国内では、少子高齢化に伴う労働人口の減少が進んでおり、労働生産性向上が国内全体で大きな課題となっている。この問題を解決する技術として近年AI技術が注目を浴びている。実証実験に取り組む企業が増加した2016年頃は、課題が明確ではない企業やAIに対する過度な期待を抱く企業も多かったが、2018年頃にはより具体的な業務課題に対するAI活用を目指す企業が増加している。近年は実証実験から本格導入に移るケースも増加しており、AIの品質保証が今後より注目される。
  • 2019年6月に策定された「AI戦略2019〜人・産業・地域・政府全てにAI〜」では、戦略目標として「人材」「産業競争力」「技術体系」「倫理」を挙げており、具体的には教育改革や研究開発といった「未来への基盤作り」、社会実装やデータ関連基盤などの「産業・社会の基盤作り」、AI社会原則による「倫理」の観点から国内におけるAI活用に向けた支援を示した。政府主導のもと、AI関連市場は今後さらに活況を呈するとみられる。
  • また、2020年からは5G(第5世代移動通信システム)が開始される。5Gは、従来の通信システムと比較し、「超高速」「多数接続」「超低遅延」であるため、多量のデータ収集によるAIリアルタイム分析などの活用事例の増加や、これまでのサービスにAIを活用した機能を追加することで、付加価値を向上し、企業競争力を高める企業が増加することが想定される。今後も最新技術によりAIの活用範囲がさらに拡大していくと想定される。
  • 本市場調査資料では、AI関連製品/サービス市場、ソリューション市場をまとめるとともに、2020年度ではユーザーアンケート分析を行うことで、AIビジネス立案を行う企業に役立つ情報を提供することを目的としている。
−調査のポイント−
AIビジネスを関連製品/サービス別に市場分析
  • AIビジネスに関連する製品/サービス(14品目)の市場分析
  • カテゴリー(業種、提供形態、利用形態)別市場規模の算出により傾向を分析
  • 組み込み/エッジAIコンピューティング市場を網羅
AIソリューション市場分析を前回版から大幅拡大(20品目に拡大)
  • 市場を製品/サービスカテゴリー別、利用形態別、提供範囲別に細分化
  • 各ソリューションを支えるコアプロダクトの動向を徹底分析
AI人材育成に向けた取り組みを徹底分析
  • AI関連技術者不足問題に対するベンダー/ユーザー企業の対応について分析
  • 国内におけるAI関連技術者育成/確保に向けた産官学の取り組みを明確化
ユーザーアンケートによるAI関連ソリューション利用者/導入検討者の現状を把握
  • AIソリューションの導入(検討)状況および導入目的、案件単価について把握
  • AIソリューション導入による現時点での効果、今後の課題について分析
  • AI関連技術者の採用/育成に関する企業の方針について傾向を分析
−調査対象/調査項目−
      追加項目
I. 総括編
1. 市場総括
2. AIビジネス市場動向
3. 業種別市場動向 注
1) 調査対象市場の定義/概要
2) 市場規模(2019年度〜2025年度)
(1) 製品/サービスカテゴリー別
(2) 業種小分類別 各業種を細分化
4. エッジAIコンピューティング市場動向
5. AIの品質保証動向
6. ホワイトボックス型/説明可能AIの動向
7. AIビジネスに影響を与える注目トレンド
8. AI活用による既存ビジネスへの影響
9. AI人材育成動向
10. ビジネス活用に向けた最新AI技術動向
11. AIビジネス業界構造
12. 海外動向
13. 実証実験/導入事例一覧
14. ユーザーアンケート総括
注:「3. 業種別市場動向」では、9業種(農林水産業、製造業、流通業、金融業、情報通信業、社会インフラ業、エンターテインメント業、医療/社会福祉/介護業、公共/教育)についてまとめる。
II. 市場編
1. AI関連製品/サービス市場
調査対象製品
/サービス
サービス市場
1) 分析サービス
2) 構築サービス
3) アノテーションサービス
4) AI人材教育サービス
アプリケーション
市場
5) AI搭載製品 業種汎用、業種特化、セキュリティ
プラットフォーム
市場
AI基盤 6) 統合AI/コグニティブサービス
7) AI/コグニティブエンジン(画像/映像、音声、自然言語、数値、その他)
8) 機械学習サービス
9) ディープラーニング専用アプライアンス
10) 組み込み向け学習/推論関連ツール
共通
インフラ
11) ミドルウェア(EAI/ESB、ETLツール、Hadoop関連製品)
12) HPC/GPUクラウド
13) IaaS/サーバー/ストレージ
14) エッジサーバー
調査項目
1) 調査対象市場の定義/概要
2) 注目企業の取り組み
3) 市場規模(2019年度〜2025年度)
(1) 全体市場/AI関連市場
(2) 業種別市場 9業種+その他の計10業種に分類
(3) 提供形態別市場(サービス/パッケージ/クラウド/ハードウェア)
(4) 利用形態別市場 オンプレミス、クラウド、組み込みに分類
4) 市場占有率(2019年度/2020年度)
5) 主要製品/サービス一覧
2. ソリューション市場
調査対象
ソリューション
1) AI-OCR
2) AI-RPA
3) 人材管理AI
4) 会議支援AI
5) 受発注支援AI
6) レコメンドAI
7) プランニングAI
8) マーケティングAI
9) 店舗支援AI
10) 品質管理AI
11) メンテナンスAI
12) AI-コンタクトセンター
13) AI-FAQ
14) AI-チャットボット
15) AI-エージェント
16) AI-翻訳
17) AI-通訳
18) AI-セキュリティ
19) ロボアドバイザー
20) ダイナミックプライシング
調査項目
1) 調査対象市場の定義/概要
2) 注目企業の取り組み
3) 市場規模(2019年度〜2025年度)
(1) 製品/サービスカテゴリー別
  サービス、アプリケーション、プラットフォーム、その他に分類
(2) 利用形態別 オンプレミス、クラウド、組み込みに分類
(3) 提供範囲別 各ソリューションをBtoB、BtoC、BtoEに分類
4) コアプロダクトの市場占有率(2019年度/2020年度)
5) 主要ソリューション一覧
III. ユーザーアンケート編 「集計ファイルセット」に詳細データを収録。本市場調査資料には総括を掲載予定。
調査対象ポイント
  • AIソリューションの導入(検討)状況
  • AIソリューション導入(検討)領域(新規ビジネス、既存ビジネス、社内活用、その他)
  • AIソリューションの導入目的
  • AIソリューション導入/運用コスト
  • AIソリューション導入効果
  • AIソリューション導入における問題点/課題
  • AI関連技術者の採用方針
  • AI関連技術者の育成方針
調査実施段階で内容が変更になる可能性がございます。
−調査対象企業例−
コンサルティングファームEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、KPMGコンサルティング、PwCコンサルティング、アクセンチュア、デロイト トーマツ コンサルティング、ボストン コンサルティング、マッキンゼー・アンド・カンパニー
ITベンダーSIベンダーHPCシステムズ、HPE、NECソリューションイノベータ、NECネクサソリューションズ、NECネッツエスアイ、NECフィールディング、NTTアドバンステクノロジ、NTTコムウェア、NTTデータ、NTTテクノクロス、OKI、SCSK、TIS、伊藤忠テクノソリューションズ、インテック、キヤノンITソリューションズ、コムチュア、シーエーシー、電通国情報サービス、東芝デジタルソリューションズ、トランスコスモス、日鉄ソリューションズ、日本IBM、日本システムウエア、日本電気、日本ユニシス、ネットワンシステムズ、野村総合研究所、パナソニック、日立システムズ、日立情報通信エンジニアリング、日立製作所、日立ソリューションズ、日立ソリューションズ・クリエイト、富士ソフト、富士通、富士通エフ・アイ・ピー、富士通エフサス、富士通マーケティング、三菱電機、三菱電機インフォメーションネットワーク、三井情報、ユニアデックス
クラウドベンダーアマゾン ウェブ サービス ジャパン、グーグル・クラウド・ジャパン、日本マイクロソフト
キャリア/
サービスプロバイダー
KDDI、NTTPCコミュニケーションズ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTT西日本、NTT東日本、インターネットイニシアティブ、さくらインターネット、ソフトバンク
AIベンダーABEJA、AI CROSS、AI inside、AI Shift、ALBERT、AlpacaDB、Automagi、BEDORE、Cogent Labs、DataRobot、DeepX、FRONTEO、HEROZ、J.Score、K4 Digital、LeepMind、LINE、Nextremer、PKSHA Technology、Preferred Networks、SELTECH、SENSY、Shannon lab、SOINN、SREホールディングス/SRE AI Partners、UEI、WACUL、ZMP、アドバンスト・メディア、エーアイ、エーアイスクエア、エクサウィザーズ、エルピクセル、オプティム、オルツ、ギリア、クーロン、グリッド、グルーヴノーツ、クロスコンパス、コムチュアデータサイエンス、ジェットラン・テクノロジーズ、ジェナ、システムインテグレーター、システム計画研究所、シナモン、白ヤギコーポレーション、空色、ディープインサイト、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング、データアーティスト、データセクション、ネットスマイル、バイドゥ、ビズリーチ、フィックスターズ、プラスアルファ・コンサルティング、プラネットウェイ、フリークアウト、ブレインズテクノロジー、ブレインパッド、フロムスクラッチ、ヘッドウォータース、ホットリンク、メタップス、メタデータ、メタバーズ、モルフォ、ユーザーローカル、ログイット、ロゼッタ
組み込みベンダーBee、NECエンベデッドプロダクツ、NEUSOFT Japan、NS・コンピューターサービス、NVIDIA、NXP Semiconductors、Qualcomm、SRA、STマイクロエレクトロニクス、TISソリューションリンク、アドバンストシステムズ、イマジネーション・テクノロジーズ、インテル、クレスコ、グレープシステム、コア、ザイリンクス、図研エルミック、たけびし、テクマトリックス、東芝情報システム、日新システムズ、日本システム開発、富士通コンピューターテクノロジーズ、メンター・グラフィックス・ジャパン、ユビキタスAIコーポレーション、リコーITソリューションズ、ルネサス エレクトロニクス
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2020 人工知能ビジネス総調査

頒価
180,000円+税

発刊日
2020年08月21日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第三部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
PDFセットは、本資料全編のPDFファイルを収録。
PDF・集計ファイルセットは本市場調査資料全編のPDFファイル、集計エクセルファイル、パワーポイントサマリー、ユーザーアンケート詳細分析を収録。
PDFファイルの印刷は不可となります。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

PDF・集計ファイルセットがあります(PDFと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    PDF・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 70,000円+税
      合計金額 250,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ