◆最新市場調査レポート:2020年08月21日発刊

2020 人工知能ビジネス総調査

人間との共存を目指すAI(人工知能)関連ビジネスを包括的に分析
−はじめに−
  • 日本国内では、少子高齢化に伴う労働人口減少により、労働生産性向上が国内全体で大きな課題となっている。この問題を解決する技術としてAI技術が近年注目を浴びている。
  • 2016年頃は、AI活用への過度な期待により漠然とAI技術の活用を検討する企業が散見されたが、2018年以降は、徐々にAIに対するギャップが小さくなり、具体的な業務課題を掲げ、課題に対してAI活用が必要か否かを検討する企業が増加してきた。
  • 本格的な業務課題に対するAIシステム構築案件が増加し、ベンダー側にノウハウが蓄積されたことで、ソリューションとして体系化し、ユーザーに提供するベンダーが増加している。2019年には、実証実験から本格導入に移るケースも増加しており、今後はAIモデルの実装から運用のライフサイクルやAIモデルそのものの品質管理/品質保証が重視されていくとみられる。
  • 政府においても、「AI戦略2019」(2019年6月策定)にて教育改革、研究体制の再構築、社会実装、データ関連基盤整備、倫理等に関する具体目標を策定するなど、国が主体的に取り組むべき施策を掲げ、AI分野の発展に対し積極的な取り組みを進めている。
  • 2020年に入り、COVID-19の感染者拡大により、外出自粛要請などが推進されたことで産業全体に大きなマイナス影響を及ぼしている。企業は事業継続のため、企業競争力の強化を進めているほか、リモートワークなどの働き方改革の推進が顕著である。業務の抜本的な見直しなども進められる中、AIによる業務効率化や人手不足解消だけでなく、AIによるパンデミック対応にも期待が高まっている。
  • 本市場調査資料「2020 人工知能ビジネス総調査」では、業種別(8業種)、カテゴリー別(サービス、アプリケーション、プラットフォーム)に細分化したAIビジネスの市場動向、AI活用が進んでいるソリューション(OCRソリューション、RPAソリューションなど17市場)の市場動向、エッジAIコンピューティングの市場動向を分析するとともに、ユーザーアンケートの実施により、AIビジネスを総合的に分析することで、AIビジネス立案を行う企業に役立つ情報を提供することを目的とした。
  • AIは企業のビジネス変革にあたり、重要な構成要素として今後さらに注目される分野となる。参入企業各社および参入を検討している企業各社のご担当者にとって有用な市場調査資料として活用いただければ幸甚である。
−調査目的−
  • 本市場調査資料「2020 人工知能ビジネス総調査」では、業種別、ビジネスカテゴリー別のAI関連ビジネス市場、AI活用ソリューション市場、エッジAIコンピューティング市場の動向を分析した。さらにユーザーアンケートを実施することで、AIビジネスにおけるベンダーおよびユーザーの動向をまとめ、AIビジネスを立案する企業に役立つ情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
カテゴリー調査対象対象数
業種別市場製造業、流通業、金融業、情報通信業、社会インフラ業、エンターテインメント業、医療/社会福祉/介護業、公共/教育業8市場
AIビジネス市場サービス市場分析サービス、構築サービス(コンサルティング、SI、運用・保守)、アノテーションサービス(BPO市場、SI/AIベンダー市場)、AI人材教育サービス4市場
アプリケーション市場AI搭載製品(AI搭載アプリケーション、アナリティクス関連製品)1市場
プラットフォーム
市場
AI基盤統合AI/コグニティブサービス、AI/コグニティブエンジン、機械学習プラットフォーム3市場
共通
インフラ
ミドルウェア、ディープラーニング専用アプライアンス、HPC、サーバー/ストレージ/IaaS4市場
AI活用
ソリューション
市場
プロダクト別
ソリューション市場
OCRソリューション、RPAソリューション、チャットボットソリューション、翻訳/通訳ソリューション、パーソナライズドレコメンドソリューション、アダプティブ・ラーニングソリューション、ダイナミックプライシングソリューション、本人確認ソリューション、マテリアルズ・インフォマティクスソリューション9市場
業務別
ソリューション市場
人材管理ソリューション、会議支援ソリューション、店舗支援ソリューション、需要予測ソリューション、次世代コンタクトセンターソリューション、品質管理ソリューション、メンテナンスソリューション、サイバーセキュリティソリューション8市場
エッジAIコンピューティング市場組み込みAI設計・導入支援サービス、組み込み向け学習/推論関連ツール、エッジサーバー3市場
−調査項目−
業種別市場
1. 有望ソリューションの定義/概要
2. 注目企業の取り組み
3. 市場規模(ビジネスカテゴリー別/有望ソリューション別)
AIビジネス市場
1. 調査対象市場の定義/概要
2. 注目企業の取り組み
3. 市場規模推移(全体/業種別/提供形態別/市場占有率)
4. 主要製品/サービス一覧
AI活用ソリューション市場
1. 調査対象市場の定義/概要
2. ソリューション市場規模推移(適用領域別)
3. コアプロダクト市場規模推移(提供形態別/市場占有率)
4. 注目企業の取り組み
5. 主要ソリューション/コアプロダクト一覧
エッジAIコンピューティング市場
1. 調査対象市場の定義/概要
2. 注目企業の取り組み
3. 市場規模(全体/組み込み機器需要別/提供形態別)
4. 主要製品/サービス一覧
−目次−
I. 総括編(1)
1. 市場総括(3)
1) AIビジネス市場規模(3)
2) エッジAIコンピューティング市場規模(5)
2. 業種別市場動向(6)
1) 業種別市場規模推移(6)
2) 製造業(8)
3) 流通業(12)
4) 金融業(16)
5) 情報通信業(19)
6) 社会インフラ業(22)
7) エンターテインメント業(25)
8) 医療/社会福祉/介護業(28)
9) 公共/教育業(31)
3. AI活用ソリューション市場動向(35)
1) プロダクト別ソリューション市場動向(35)
2) 業務別ソリューション市場動向(37)
4. エッジAIコンピューティング市場動向(39)
1) エッジAIコンピューティングの定義(39)
2) エッジAIコンピューティングの業界構造(40)
5. AIビジネスに影響を与える注目トレンド(41)
1) 各分野におけるAIビジネスにおける注目トレンド(41)
2) 社会的/経済的トレンド(42)
3) 政治的トレンド(43)
4) 技術的トレンド(44)
6. AI活用による既存ビジネスへの影響(45)
7. AIビジネス業界構造(46)
1) AIビジネス全体における業界構造(46)
2) 業界参入プレーヤーにおける動向(47)
8. 海外動向(48)
1) 大手プラットフォーマーにおけるAI関連動向(48)
2) 国内SIベンダーにおけるAIビジネスの海外展開動向(49)
9. 実証実験/導入事例一覧(50)
1) 製造業(50)
2) 流通業(51)
3) 金融業(52)
4) 情報通信業(53)
5) 社会インフラ業(53)
6) エンターテインメント業(54)
7) 医療/社会福祉/介護業(54)
8) 公共/教育業(55)
II. AIビジネス市場編(57)
1. サービス市場(59)
1) 分析サービス(61)
2) 構築サービス(64)
3) アノテーションサービス(70)
4) AI人材教育サービス(74)
2. アプリケーション市場(79)
1) AI搭載製品(81)  
3. プラットフォーム市場(87)
1) 統合AI/コグニティブサービス(89)
2) AI/コグニティブエンジン(96)
3) 機械学習プラットフォーム(101)
4) ミドルウェア(106)
5) ディープラーニング専用アプライアンス(110)
6) HPC(115)
7) サーバー/ストレージ/IaaS(121)
III. AI活用ソリューション市場編(129)
1. プロダクト別ソリューション市場(131)
1) OCRソリューション(133)
2) RPAソリューション(141)
3) チャットボットソリューション(149)
4) 翻訳/通訳ソリューション(160)
5) パーソナライズドレコメンドソリューション(168)
6) アダプティブ・ラーニングソリューション(174)
7) ダイナミックプライシングソリューション(181)
8) 本人確認ソリューション(186)
9) マテリアルズ・インフォマティクスソリューション(193)
2. 業務別ソリューション市場(199)
1) 人材管理ソリューション(201)
2) 会議支援ソリューション(207)
3) 店舗支援ソリューション(213)
4) 需要予測ソリューション(219)
5) 次世代コンタクトセンターソリューション(226)
6) 品質管理ソリューション(233)
7) メンテナンスソリューション(239)
8) サイバーセキュリティソリューション(244)
IV. エッジAIコンピューティング市場編(249)
1. 組み込みAI設計・導入支援サービス(251)
2. 組み込み向け学習/推論関連ツール(254)
3. エッジサーバー(259)
V.ユーザーアンケート編(261)
1. 調査対象市場の定義/概要(263)
2. 単純集計結果/分析(265)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2020 人工知能ビジネス総調査

頒価
180,000円+税

発刊日
2020年08月21日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
295ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第三部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-915-3

PDFセットは、本資料全編のPDFファイルを収録。
PDF・集計ファイルセットは本市場調査資料全編のPDFファイル、集計エクセルファイル、パワーポイントサマリー、ユーザーアンケート詳細分析を収録。
PDFファイルの印刷は不可となります。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

PDF・集計ファイルセットがあります(PDFと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    PDF・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 70,000円+税
      合計金額 250,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税 合計金額 210,000円+税
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ