◆最新市場調査レポート:2020年05月29日予定

2020 自動運転・AIカー市場の将来展望

レベル2の高機能化/レベル3の投入計画/レベル4の実用可能性を自動車メーカー、Tier1、関連規制、インフラ整備から展望する
−調査の背景−
  • 自動緊急ブレーキや自動追従走行といったADASの搭載が進み、運転の主体がドライバーにある自動運転レベル1やレベル2の車両が増加する一方で、運転の主体をシステムに委ねるレベル3の車両は法整備やインフラ整備の側面で遅れており、2020年初頭段階では実際に公道をレベル3として走行できる自動車は存在していない。
  • 自動運転を実現するためのカメラやミリ波レーダー、LIDARといったアクティブセーフティ製品の性能が急激に進化し、ハードウェアとしての機能が充実する一方で、自動運転を実現するための消費電力対策やサイバーセキュリティ対策といった新しい課題が出てきている。
  • 2020年はトヨタ自動車がオリンピック選手村でレベル4の低速EV自動運転車両を走行させ、米国のアリゾナ州ではGoogle傘下のWaymoがロボットタクシーサービスを開始する。また、本田技研工業では高速道路において限定的なレベル3機能を保有する市販車を発売する計画もあり、自動運転の動きを加速させる1年になるとみられる。
  • 本市場調査資料では自動車メーカー、Tier1に調査を行いハード面とソフト面の情報の摺り合わせを行い、同時に法整備動向やインフラ整備の観点といった自動運転車両を取り巻く環境を整理することで自動運転・AIカー市場の展望を明確化する。また、消費電力への対策やサイバーセキュリティ対応といった新たな課題へも着目し、自動車産業に関連するメーカーにとって、今後の方向性を考える上で有用なマーケティングデータを提供することを目的とする。
    調査のポイント
    • 主要自動車メーカーのAI・自動運転技術・動向・計画を把握
    • 達成が困難なレベル3を控えて、高機能化するレベル2の車両を詳細に分析
    • 法規制動向や責任の所在、インフラ整備の観点からも自動運転市場を予測
    • 搭載されるキーシステム、キーコンポーネントの市場調査と今後の高機能化を展望
−調査対象企業・対象品目−
 対象範囲
自動化
レベル
ADAS 自動運転システム
レベル0 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5
運転支援なし 安全運転支援 部分運転自動化 条件付き自動化 高度運転自動化 完全運転自動化
概要 システムで検知した障害物、車両接近などの運転環境をドライバーに警告する。全ての主制御系統の操作はドライバーが行う。 主制御系統のうち、一つ以上を個々に自動的に行う。 主制御系統のうち、二つ以上をドライバーの代わりに自動的に行う。 ドライバーがシステムからの運転操作切り替え要請に応じられる条件下で、特定環境での主制御系統を全て自動的に行う。 システムからの運転要請にドライバーが適切に応じなかった場合でも、特定の運転モードにおいて自動化された運転システムが操作を行う。 全ての走行環境で自動化システムが運転操作を行う。
量産時期 量産済み 量産済み 量産済み 2020年〜 2020年代後半〜 2030年目標



平時 手動 手動 手動
(安全支援)
自動 自動 自動
緊急時 手動
(安全支援)
手動
(安全支援)
手動
(安全支援)
手動 自動 自動
責任所在 ドライバー システム限界を
ドライバーがカバー
システム
動作
モード
  特定環境下   全ての
運転モード
自動車メーカー
  • トヨタ自動車
  • 日産自動車
  • 本田技研工業
  • Volkswagen
  • Audi
  • BMW
  • Daimler
  • GM
  • Ford
  • FCA
  • Tesla
  • Hyundai
Tier1
  • デンソー
  • 日立AMS
  • アイシン精機
  • パナソニック
  • 三菱電機
  • Aptiv
  • Bosch
  • Continental
  • Magneti Marelli
  • Valeo
  • Veoneer
  • ZFグループ
半導体メーカー
  • ルネサスエレクトロニクス
  • NVIDIA
  • Xilinx
  • Intelグループ
自動運転制御製品
  • ドメインコントロールECU
  • テレマティクス制御ECU
  • 自動運転用ステアリングシステム
  • 自動運転用SoC/AI制御プロセッサー
  • 車載用メモリー(NANDフラッシュ/DRAM)
コックピット関連製品
  • 5Gセルラーモジュール
  • 5G受信用アンテナ
  • Ethernet
  • HMI(音声/ジェスチャー等)
  • ディスプレイ
  • ドライブレコーダー/イベントデータレコーダー
  • ヘッドアップディスプレイ
セーフティ関連製品
  • LIDAR
  • センシングカメラ(単眼/ステレオ/トリプル)
  • パーキング用サラウンドカメラ
  • 電子ミラーシステム
  • ミリ波レーダー
  • 超音波センサー
  • ドライバー/乗員ステータスモニタリングシステム
  • ADAS/自動運転用ロケーター
  • 走行距離計(DMI)
  • 慣性センサー(IMU)
  • 生体センサー
  • HD/ダイナミックマップ
−調査項目−
I. 総括編
1. 自動運転・AIカーの将来展望
2. 自動運転におけるレベル定義
3. レベル別アクティブセーフティ製品の構成推移
4. レベル別自動運転車両の消費電力動向
5. 地域別/レベル別自動運転車市場規模推移・予測
(2018年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
6. 自動運転におけるパワートレーン別市場規模推移・予測
(2018年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
7. レベル2の高機能化動向とレベル3への移行時期/課題
8. 運転主体のシステム/ドライバー間の権限移譲における製品動向、開発動向
9. 各自動車メーカーの自動運転車投入ロードマップ
10. 自動運転関連業界マップと参入企業
11. 自動運転関連のスタートアップ・ベンチャー企業動向
12. 自動車メーカー、Tier1の自動運転/AIへの投資動向
13. AI開発ロードマップ、研究開発動向
14. 各国、各地域における自動運転関連の法律整備状況
15. 各国、各地域における自動運転の責任所在動向
16. 自動運転車両におけるサイバーセキュリティ対策動向
17. 自動運転における自動車1台当たりの取り扱いデータ量の動向とロードマップ
18. 民生技術の自動運転への導入動向
II. 自動車メーカー編(10社)
1. 企業概要
2. レベル別自動運転車投入計画
3. 提唱する自動運転のシステム構成
4. AI研究開発、投資、アライアンス動向
5. 自動運転、AIを構成する主要製品採用状況/計画
6. 自動運転の実証実験動向
7. レベル別自動運転車販売台数予測/計画
(2018年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
8. 自動運転車普及に対する自動運転技術、AI技術の課題
9. サイバーセキュリティ対策動向
10. 自動運転/AI関連拠点
III. 製品個票編
1. 製品概要
2. システム構成図
3. 搭載箇所と搭載数量
4. ADAS向けと自動運転向けのスペック差
5. レベル別市場規模推移・予測
(2018年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
6. 参入メーカー一覧
7. メーカーシェア
(2018年実績/2019年実績/2020年見込)
8. メーカー動向
9. 開発動向と今後の技術課題
10. エリア分析(エリア別普及予測/エリア別動向
11. 現状の価格動向と今後のターゲット価格
IV. 自動車台数データ編
1. 自動車生産台数データ
(2018年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
2. 地域別レベル別自動運転自動車の比率
(2018年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2020 自動運転・AIカー市場の将来展望

頒価
150,000円+税

発刊日
2020年05月29日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ