◆市場調査レポート:2019年07月01日発刊

2019 次世代カーテクノロジーの本命予測と未来自動車像

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング&サービス、電動化)革命によるテクノロジーの本命と2030年代の未来自動車像を描く
−はじめに−
  • 自動車業界において「CASE」というキーワードがトレンドとなっている。「CASE」とは「Connected」「Autonomous」「Shared&Service」「Electric」の四つの技術の頭文字からつくられた造語である。
  • これら四つの技術については、すでに自動車メーカーを中心とした自動車産業全体でさまざまな開発が行われており、これらの技術によってクルマの概念が大きく変わり、競争の相手やルールが大きく変化していくとみられる。
  • 自動車産業の開発要件は非常に多く、開発リソースがいくらあっても足りない状況である。さらに「CASE」対応という要素技術やパートナーが従来と異なる開発要件に対応する必要がでてきた。
  • この課題を解決するためには、開発工程のそのものの変革が必要であり、工程管理の改革やサプライヤーとの関係性を見直していくことになる。そのため重要な役割と高い開発能力を持つサプライヤーの活用領域が増えていく可能性が高い。
  • 現にEUメーカーは開発プロセスの見直しで少なからず先行しており、そこから生じる余力を「CASE」対応にシフトさせている。
  • 自動車業界はさらなる成長が期待される一方で、先行きの見通しが立ちにくい時代に突入したといえる。しかし変化のスピードはとどまることを知らず、自動車業界に携わる関係各位には現在と将来を見据えた迅速な決断と実行がますます求められるようになっている。
  • 本市場調査資料では、「CASE」の各技術テーマにおける有望テクノロジーを整理し、それぞれの技術における課題、競合とのすみ分け・共存・融合の展望を明確にすることで、2020年代および2030年代の本命技術を明らかにした。
  • 加えて、上述の本命技術を明確にしたうえで新車販売車両への搭載比率分析を行い、2030年代の未来自動車像を描くことを調査の目的とした。
  • 本市場調査資料が、今後の事業展開において活用していただければ幸いである。
−調査目的−
  • 本市場調査資料は、自動車開発で点在する有望技術を、コックピット/コネクテッド関連技術、自動運転/安全技術、シェアリング関連技術、電動化関連技術、次世代技術に分類し、それぞれの技術における課題、競合技術とのすみ分け・共存・融合の展望を明確にすることで、2020年代・2030年代の本命技術を明らかにすることを目的とした。
−調査対象品目−
自動車メーカー10社トヨタ自動車、日産自動車、比亜迪汽車、本田技研工業、北京汽車、BMW、Daimler、Ford、General Motors、Volkswagenグループ
コックピット/コネクテッド関連技術4分野
9品目
車外ネットワーク技術(セルラー通信/DSRC)
車内ネットワーク技術(Ethernet/MOST)
表示技術(LCD/HUD/フレキシブルディスプレイ)
操作技術(ジェスチャーコントロール/音声認識)
自動運転/安全技術3分野
8品目
自動運転システム(ADAS/自動運転システム〈レベル3〜5〉)
センシング技術(車載カメラ/レーダーセンサー/LIDAR/マルチセンサー)
プロセッサー(SoC/FPGA)
シェアリング関連技術1分野
2品目
車両(MaaS車/POV)
電動化関連技術3分野
8品目
HVシステム(HVシステム/マイルドHVシステム〈12V・48V〉/PHVシステム)
BEVシステム(EVシステム/REEVシステム/FCVシステム)
次世代二次電池(リチウムイオン二次電池/全固体二次電池)
次世代技術7品目バイ・ワイヤ技術、リモート技術、AI技術、ビッグデータ、セキュリティ技術、MaaS、飛行技術(空飛ぶクルマ)
合計10社
34品目
−調査項目−
自動車メーカー編
1. コネクテッド(C)戦略
1) 調査対象製品の搭載動向
2) 同社のCに関する開発動向
3) 同社のC戦略
2. 自動運転(A)戦略
1) 調査対象製品の搭載動向
2) 同社のAに関する開発動向
3) 同社のA戦略
3. シェアリング&サービス(S)戦略
1) 同社のSに関する開発動向
2) 同社のS戦略
4. 電動化(E)戦略
1) 調査対象製品の搭載動向
2) 同社のEに関する開発動向
3) 同社のE戦略
5. アライアンス動向
6. 同社の考える未来の自動車像
個票編
1. 技術概要
2. 競合技術の比較
3. 各技術の搭載市場規模予測(2018年実績〜2040年予測)
1) W/W技術別搭載市場規模予測と搭載率推移予測
2) 各技術のエリア別搭載市場規模予測
4. エリア分析(日本・EU・北米・中国)
5. 開発/搭載動向
6. キーデバイス動向
1) 技術別キーデバイスの開発課題と主要参入メーカー
2) 主要キーデバイスメーカーによる当該技術への取り組み
7. ロードマップとコスト見通し
1) ロードマップと課題点
2) コスト見通し
8. 参入動向
1) 参入メーカー一覧
2) 参入動向
9. 本命技術予測と普及シナリオ
2018年実績、2019年見込、2020年、2022年、2024年、2026年、2028年、2030年、2035年、2040年予測
次世代技術編
1. 技術概要
2. 現在の開発状況
3. エリア分析
4. 普及へのシナリオ・ロードマップ
1) 普及予測
2) ロードマップと課題点
3) 普及へのシナリオ
5. 開発企業一覧
−目次−
I 総括編(1)
I.1 次世代カーテクノロジーのロードマップ(3)
I.2 2020年代・2030年代の自動車未来像(5)
I.3 エリア別次世代カーテクノロジーの搭載車市場規模予測(11)
I.4 コックピット/コネクテッド関連技術の本命と未来像(26)
I.5 自動運転/安全技術の本命と未来像(33)
I.6 シェアリング関連技術の本命と未来像(46)
I.7 電動化関連技術の本命と未来像(51)
I.8 次世代技術の普及予測(58)
I.9 法規制動向(65)
I.10 「CASE」を支えるものづくり改革(73)
II 自動車メーカー編(75)
II.1 トヨタ(77)
II.2 日産(82)
II.3 ホンダ(87)
II.4 BMW(92)
II.5 Daimler(98)
II.6 VWグループ(104)
II.7 GM(110)
II.8 Ford(114)
II.9 BYD Auto(119)
II.10 BAIC(123)
III 個票編(127)
III.1 コックピット/コネクテッド関連技術(129)
III.1.1 車外ネットワーク技術(セルラー通信/DSRC)(131)
III.1.2 車内ネットワーク技術(Ethernet/MOST)(141)
III.1.3 表示技術(LCD/HUD/フレキシブルディスプレイ)(151)
III.1.4 操作技術(ジェスチャーコントロール/音声認識)(164)
III.2 自動運転/安全技術(175)
III.2.1 自動運転システム(ADAS/自動運転システム〈レベル3〜5〉)(177)
III.2.2 センシング技術(車載カメラ/レーダーセンサー/LIDAR/マルチセンサー)(192)
III.2.3 プロセッサー(SoC/FPGA)(206)
III.3 シェアリング関連技術(215)
III.3.1 車両(MaaS車/POV)(217)
III.4 電動化関連技術(227)
III.4.1 HVシステム(HVシステム/マイルドHVシステム〈12V・48V〉/PHVシステム)(229)
III.4.2 BEVシステム(EVシステム/REEVシステム/FCVシステム)(240)
III.4.3 次世代二次電池(リチウムイオン二次電池/全固体二次電池)(251)
IV 次世代技術編(261)
IV.1 バイ・ワイヤ技術(263)
IV.2 リモート技術(268)
IV.3 AI技術(275)
IV.4 ビッグデータ(279)
IV.5 セキュリティ技術(283)
IV.6 MaaS(288)
IV.7 飛行技術(空飛ぶクルマ)(297)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2019 次世代カーテクノロジーの本命予測と未来自動車像

頒価
150,000円+税

発刊日
2019年07月01日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
302ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-883-5

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ