◆市場調査レポート:2023年08月16日発刊

2023 次世代カーテクノロジーの本命予測

脱炭素に向けた環境関連技術やCASE革命による先進技術の車両への導入タイミングを分析し、2030年代〜2040年代の自動車像を描く
−はじめに−
  • 自動車産業はどこに向かうのか、次世代の「自動車」は現在と同じ形をとどめているのか、今後も今までと同じ企業が自動車を作っていくのか。「100年に一度の変革」と評価される自動車産業では、このような疑問が頭をもたげるようになっている。
  • 移動手段としての自動車の存在意義が否定されることはない。しかし「持続可能性」と「利便性」の両立が求められる現在、外観、パワートレイン、走行車内で提供される機能やサービスなど、あらゆる分野において変革が求められる。同時に、自動車産業との関わり方が少ない、あるいは皆無だった企業が新たなコンセプトに基づいて自動車産業に参入する事例も増えている。
  • これまで自動車産業に関連してきた企業には、自動車に要求された安全性や快適性を確保するためのノウハウを無数に保有しており、その存在は貴重である。しかし現在、自動車産業への参入規模を拡大させようとしている新規メーカーは、従来のノウハウからは考えられないような方法を用いて新時代の自動車を生み出すことを試みている。したがって、これまで自動車産業に関わってきた企業でも、今後の生き残りのためには従来のノウハウを超えた発想が必須となる可能性がある。
  • これほどの変革の時代においては、一企業がこれまでと同様の事業を単独で維持する戦略を構築することが適切だとは必ずしも断言できない。志を同じくする企業や、弱点を補いあえる企業とともに知恵を共有したり、あるいは自社の最も強みを持つ分野の付加価値を最大化したりするなど、新たな戦略立案が必要となる。
  • そして新たな戦略立案を行う上では、一定の指針となる幅広いデータや見解の収集が必須である。特に従来のノウハウなどにとらわれない、次世代技術やサービスに関するデータは、より良き戦略立案と、今後の自動車産業の行く末に関する見解を確立するには不可欠といえる。
  • そこで本市場調査資料においては、この変革の時代において、自動車産業の中で重要性を増すと思われるさまざまな次世代技術についての市場や技術の方向性についてデータを提示し、各企業が戦略立案における指針の一つとして活用できることを目指した。「新たな自動車像」が求められる時代で、自動車産業に関わるあらゆる企業・関係各位に活用していただけることを願っている。
−調査目的−
  • 本市場調査資料は、モビリティ、環境対策・電動化技術を中心に、自動車関連の多様な有望技術を、それぞれの課題、競合技術とのすみ分け・競合・融合の展望を予測し、2030年代以降の本命技術を明らかにすることを調査目的とした。
−調査対象−
調査対象品目
摘要品目数対象品目
A. 本命技術分析編43品目水素モビリティ(水素エンジン車/FCV)、電動車(HV/PHV/EV)、運転支援機能搭載車(ADAS/自動運転)、自動走行ロボット(ロボットタクシー/配送ロボット)、エンジン技術(ガソリンエンジン/ディーゼルエンジン/e-fuelエンジン)、排ガス後処理装置(触媒装置/電気加熱式触媒装置)、電動ユニット(PCU/eAxle)、駆動用モーター(PMモーター/PMレスモーター)、電動車用暖房システム(電気ヒーター(空気加熱方式/水加熱方式)/ヒートポンプ)、充電(接続充電/ワイヤレス給電)、サーマルマネジメント(EWP/EOP)、バッテリー冷却(水冷式/空冷式/冷媒式)、パワーデバイスモジュール(IGBT/SiC/GaN)、センシング技術(センシングカメラ/長距離レーダー/短中距離レーダー/LIDAR)、バックアップ電源(EDLC/LiC/LiB)、乗員センシング(車内カメラ/車内ミリ波レーダー/UWB)、車載OS(自動車メーカー独自OS/ソフトウェアメーカーOS)
B. 次世代技術開発・
採用動向編
8品目バイワイヤ、800V対応技術、非接触HMI、キーレス、次世代電池、ADAS/自動運転センシング(システム構成)、ADAS/自動運転搭載パワートレイン、eVTOL
C. 次世代車両づくり・
開発動向編
5品目E/Eアーキテクチャー、EVプラットフォーム、SDV、次世代生産システム、3Dプリンター加工
合計56品目
−調査項目−
1. 本命技術分析編個票
1) 技術概要
2) 競合技術の比較
3) W/W出荷市場規模予測(2022年実績〜2025年/2030年/2035年/2040年/2045年予測)
4) メーカーシェア(W/W出荷数量ベース)
5) 搭載車数および搭載率推移と1台当たりの搭載員数(W/W)
6) エリア分析
7) 参入企業・開発企業一覧
8) 開発動向
9) ロードマップと価格動向
10) 普及に向けての課題点
2. 次世代技術開発・採用動向編個票
1) 技術概要
2) 開発企業・関連企業一覧
3) 開発動向
4) エリア動向
5) ロードマップ
6) 採用障壁と課題点
7) 普及へのシナリオ
3. 次世代車両づくり・開発動向編個票
1) 概要
2) 自動車メーカーの取り組み
3) サプライヤーの動向
4) エリア動向
5) メリットと想定される効果
−目次−
I. 総括編(1)
1. 次世代カーテクノロジーの市場総括(3)
2. 2030年代・2040年代の本命技術(5)
3. 次世代カーテクノロジー市場動向(8)
4. 自動車生産台数予測(13)
5. エンジンパワートレインの脱炭素動向(21)
6. xEVパワートレインの航続距離延長技術とロードマップ(33)
7. ADAS/自動運転のセンシング技術構成とパワートレイン動向(36)
8. EV/自動運転車の普及に寄与する省電力対策動向(40)
9. 次世代カーテクノロジー採用に向けた提携動向(43)
10. 次世代の車両開発・車両づくり動向(46)
11. 自動車・自動車部品製造時における脱炭素技術と取り組み(51)
II. 個票編(55)
A. 本命技術分析編
A-1 水素モビリティ(水素エンジン車/FCV)(57)
A-2 電動車(HV/PHV/EV)(65)
A-3 運転支援機能搭載車(ADAS/自動運転)(74)
A-4 自動走行ロボット(ロボットタクシー/配送ロボット)(82)
A-5 エンジン技術(ガソリンエンジン/ディーゼルエンジン/e-fuelエンジン)(90)
A-6 排ガス後処理装置(触媒装置/電気加熱式触媒装置)(99)
A-7 電動ユニット(PCU/eAxle)(106)
A-8 駆動用モーター(PMモーター/PMレスモーター)(113)
A-9 電動車用暖房システム(電気ヒーター(空気加熱方式/水加熱方式)/ヒートポンプ)(120)
A-10 充電(接続充電/ワイヤレス給電)(128)
A-11サーマルマネジメント(EWP/EOP)(135)
A-12 バッテリー冷却(水冷式/空冷式/冷媒式)(141)
A-13 パワーデバイスモジュール(IGBT/SiC/GaN)(148)
A-14 センシング技術(センシングカメラ/長距離レーダー/短中距離レーダー/LIDAR)(157)
A-15 バックアップ電源(EDLC/LiC/LiB)(168)
A-16 乗員センシング(車内カメラ/車内ミリ波レーダー/UWB)(177)
A-17 車載OS(自動車メーカー独自OS/ソフトウェアメーカーOS)(184)
B. 次世代技術開発・採用動向編
B-1 バイワイヤ(191)
B-2 800V対応技術(194)
B-3 非接触HMI(199)
B-4 キーレス(202)
B-5 次世代電池(207)
B-6 ADAS/自動運転センシング(システム構成)(213)
B-7 ADAS/自動運転搭載パワートレイン(218)
B-8 eVTOL(223)
C. 次世代車両づくり・開発動向編
C-1 E/Eアーキテクチャー(227)
C-2 EVプラットフォーム(231)
C-3 SDV(234)
C-4 次世代生産システム(238)
C-5 3Dプリンター加工(241)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2023 次世代カーテクノロジーの本命予測

総額
198,000円(税抜 180,000円)

発刊日
2023年08月16日

報告書体裁
書籍(A4)

ページ数
244ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

ISBNコード
ISBN978-4-8351-0009-8

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。

販売形態/納品形態のご案内
書籍/PDF版(CD-ROM)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 書籍と同じデータ(PDFデータ)を収録したCD-ROM(印刷不可/イントラネットでの共有および複製利用はできません)。
電子書籍利用権(新しいウィンドウもしくはタブで外部サービスサイトが開きます)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 市場調査資料をオンラインでご利用いただく、利用権付与のクラウドサービス(利用期間3年間/1ID発行、同時3名まで利用可)。
ネットワークパッケージ版(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)
  • 国内イントラネットにおいて共有可能なPDFファイルで提供される電子データ企業内ネットワークサービスです。利用可能な範囲は本サービスを利用する法人のすべての事業所とし、親会社や子会社、関連会社は含まれません。PDF版(CD-ROM)、ダウンロード版(Box社のクラウドストレージ経由)のいずれかをご選択できます。

E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートを購入する 総額 198,000円(税抜 180,000円)
PDF版(CD-ROM)セットでこのレポートを購入する 総額 231,000円(税抜 210,000円)
電子書籍利用権セットでこのレポートを購入する 総額 231,000円(税抜 210,000円)

ネットワークパッケージ版があります
    PDF版(CD-ROM)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ダウンロード版(Box経由)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話いずれか)
FAX
電子メール (メール、電話いずれか)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ