◆最新市場調査レポート:2019年01月21日予定

2019 センサーデバイス/ビッグデータ・IoT市場調査総覧(上巻)

上巻:センサーデバイス編
−調査の背景−
  • 本市場調査資料では、センサーデバイスのグローバル市場の調査を行う「上巻:センサーデバイス編」と国内市場を中心にIoT市場の調査を行う「下巻:IoT市場編」の2部構成での発刊を予定している。
  • 「上巻:センサーデバイス編」では、IoTをはじめとするデジタル領域での用途拡大向け、新たな生産技術、素材、実装技術などを活用し、高機能化が進むセンサーデバイスの動向を用途別市場分析などを踏まえ調査を実施する。新たな切り口としてAI/IoTの実装、コンピューター処理などの技術を活用したセンシングシステムの調査も実施する予定である。
  • 「下巻:IoT市場編」では、市場黎明期から成長期へと移行が進み本格的な市場成長の兆しがみえ始めているIoT市場の動向について、業界別の投資動向やLPWAやエッジコンピューティング、クラウドなどの注目技術の活用状況、IoTによって創出される付加価値ビジネスの動向、収益化に向けたベンダーの課題などをポイントに調査を実施する。
  • 本市場調査資料では各市場に参入する企業や関連団体に対する調査、分析を実施し、高度化、多様化するセンサーデバイス市場や各業界においてさまざまな目的で導入が加速するIoT市場の動向を明確化するとともに、2022年に向けたセンサーデバイス/ビッグデータ・IoT市場の方向性を示すことを目的に調査を実施する。
  • なお、本市場調査資料においては、以下のポイントを中心として調査を実施するものとする。
    本市場調査資料のポイント
    ポイント1:
    注目センサーの分析、デジタル領域における高度化の動向、センシングシステムの調査も新たに実施
    ポイント2:
    IoTの業界、用途別市場の動向や注目IoT関連技術の活用状況、IoTによって創出される高付加価値製品、サービスの調査も新たに実施
    ポイント3:
    コネクテッド・インダストリーズ税制(IoT税制)のポイント、影響を分析
−調査対象製品−
  • 新しい技術、素材などを活用した次世代センサーのビジネスを調査
  • デジタル社会の実現を支援する付加価値センサーの開発状況、需要性を調査
A. 光・電磁波
リニアイメージセンサー
CMOSイメージセンサー
紫外線センサー
光電センサー
レーダーセンサー
CCDエリアイメージセンサー
赤外線センサー
放射線センサー
TOFセンサー
レーザースキャナー(LiDAR)
B. 音波・磁気
超音波センサー
磁気センサー
C. 機械的・物理的
変位センサー
角速度センサー
ひずみゲージ
感圧センサー
加速度センサー
ロータリーエンコーダー
圧力センサー
D. 熱的・空間雰囲気
湿度センサー
温度センサー(サーミスタ)
レベルセンサー
電流センサー
空燃費センサー
温度センサー(熱電対・側音抵抗体)
温度センサー(非接触式)
流量センサー
ほこりセンサー
ガスセンサー
E. 生体/バイオセンサー
味覚センサー
脈波センサー
脳波センサー
指紋センサー
次世代生体/バイオセンサー(酵素、人工糖鎖、DNA/RNA、汗、ストレスなど)
F. その他センサー
RFIDセンサー
GPS
G. センシングシステム
  • 複数センサーやコンピューター処理などによって実現する特定用途向けのセンシングシステム
ベッドセンサーシステム
顔認証システム
自動検品システム
自動運転支援システム
音声(感情)認識システム
人流・位置情報システム
      :新規品目
調査対象製品は調査の過程で変更になる可能性がございます。
−調査項目−
  • 注目センサー市場/用途、センシングの高度化、省電力化の動向分析
  • ベンダーのIoT取り組み状況、有望センシングシステムの分析
I. 総括編
1. センサーデバイス市場総括(世界市場)
2. センサーデバイスカテゴリー市場動向(世界市場)
3. 有望市場分析
4. 次世代センサーの需要、研究開発動向
5. IoT関連動向(センサーの高度化、用途、ベンダー動向)
6. 注目アプリケーション分析
7. 高度化、省電力化、小型化に向けた開発動向
8. センシングシステム市場分析
II. 個別製品市場編
1. 市場定義、製品概要
2. 主要メーカーのビジネス概要
3. 価格動向
4. 市場規模推移(世界市場:2017年〜2022年)
5. メーカーシェア(2017年実績、2018年実績)
6. 分野別市場分析(2017年実績、2018年見込、2022年予測)
7. 注目アプリケーションにおける採用動向
8. IoT需要分析、IoT向けセンサーの方向性
9. 次世代センサーの開発、需要動向(精度向上、測定範囲拡大、省電力、小型化など)
10. 製品ロードマップ
11. 市場の方向性
12. 主要製品一覧
調査項目は調査の過程で変更になる可能性がございます。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2019 センサーデバイス/ビッグデータ・IoT市場調査総覧(上巻)

頒価
180,000円+税

発刊日
2019年01月21日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

PDFファイルセット/集計ファイルセットのご案内
PDFは、本市場調査資料全編のPDFファイルを収録(PDFファイルの印刷は不可となります)。
PDF+集計ファイルは、本市場調査資料全編のPDFファイル、総括編ダイジェスト版パワーポイントおよび集計エクセルデータを収録。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

集計ファイルセットがあります(PDFと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 40,000円+税
      合計金額 220,000円+税

上下巻セットでご購入いただくと、セット価格が適用されます
    上下巻セットでの購入を希望する 350,000円+税

上下巻セット・PDFセットでもご購入いただけます(PDF単品でのご購入はできません)
    上下巻セット・PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 40,000円+税
      合計金額 390,000円+税

上下巻セット・集計ファイルセットでもご購入いただけます(集計ファイル単品でのご購入はできません)
    上下巻セット・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 80,000円+税
      合計金額 430,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版(2019 センサーデバイス/ビッグデータ・IoT市場調査総覧(上巻))の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版(上下巻)の購入を希望する
      頒価 700,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ