◆市場調査レポート:2023年08月23日発刊

2023 センサーデバイス関連市場総調査

産業/スマートホームIoTや次世代自動車などで注目されるセンシング関連市場を徹底分析
−はじめに−
  • 光や電磁波、音波、磁気から機械・物理的、化学的なものまで、多岐にわたる情報をコンピューターがデータとして扱えるようにするセンサーデバイスは、機器の高度化に必要不可欠な要素の一つであり、私たちの身の回りの至るところに溢れている。
  • 日常生活において何気なく使用しているスマートフォン一つをとっても、端末の動きや状態を把握するためのセンサーや、GPSと組み合わせて位置情報や方位を把握するためのセンサー、音や照度を検知するためのセンサー、生体情報を取得するためのセンサーなど、さまざまなデータや環境情報を収集するため非常に多くのセンサーデバイスが搭載されている。
  • センサーデバイスの主な用途はスマートフォンやタブレット、ノートPC、エアコンなど家電をはじめとするコンシューマー機器や自動車、住宅などの身近なところから、FA、社会インフラ、航空・宇宙、軍事関連の機器まで極めて幅広い。
  • 従来、当該市場は多数のセンサーデバイスが搭載され、アプリケーション市場も巨大なスマートフォン向けが主にけん引してきたが、すでに市場は飽和傾向を示しており、数量規模では一定の存在感を維持しつつも、もはや中長期的な成長は期待できない。このような状況において代わって同市場のけん引役として注目されるのが自動車やXR関連機器、FA関連機器である。
  • 自動車は安全基準の厳格化や自動運転実現に向けた高機能化、EVの普及など、システムの高度化や方式・構造の変化はセンサーデバイス市場に対する力強い後押しとなる。だが一方で増大するコストを抑制するために、メーカー独自の工夫や、カメラ×画像AIのようにテクノロジーでカバーすることでセンサーデバイスの搭載を削減する動きも一部ではみられる。
  • スマートグラスやHMDに代表されるXR関連機器は、ポスト・スマートフォンとして注目されている。2021年から沸騰したメタバースブームは一時的にトーンダウンをしているものの、2023年のAppleによる「Vision Pro」発表は将来への期待値を高めている。
  • FA関連機器は生産効率化や省人化、エネルギー効率化などさまざまなニーズから着実にIoT化の取り組みが進んでいる。しかしユーザーごとの社内ルールや業務フロー、企業文化などソフト面、IoT導入に対する効果測定(対コストメリット)の定量評価の難しさなど、課題も山積し、歩みは緩やかである。
  • いずれの用途でも急速な市場拡大は見込めないが、中長期的な成長が期待され、当該市場全体としても主役がスマートフォン向けから徐々に置き換わる形で着実な成長が見込まれる。
  • 本市場調査資料は上述のような市場環境を踏まえて、さまざまなセンサーデバイスや関連アプリケーション市場について定量的な情報に加え、現況や課題などをまとめることにより市場を展望・分析した。関係各位が本市場調査資料を今後の事業戦略立案・展開において役立てていただくことを切に望むものである。
−調査目的−
  • 本市場調査資料ではセンサーデバイス関連市場としてアプリケーションと各種センサーデバイス(光・電磁波、音波・磁気、機械・物理、環境)および通信・その他デバイスの市場動向や製品トレンドを整理することで、当該市場における事業展開に有益な情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
調査対象品目
調査セグメント対象品目数調査対象
アプリケーション12品目スマートフォン、ウェアラブル機器(スマートグラス、ヘッドマウントディスプレイ)、位置検出用タグデバイス、スマートスピーカー、ドローン、監視カメラ、照明機器、空調システム、自動車、AGV、スローモビリティ、建機・農機
センサーデバイス光・電磁波7品目エリアイメージセンサー(グローバルシャッター)、赤外線センサー、遠赤外カメラ、短波赤外イメージセンサー、光電センサー、ToFセンサー、LiDAR(2D/3D)
音波・磁気3品目超音波センサー、MEMSマイクロフォン、磁気センサー
機械・物理5品目変位センサー、加速度・角速度センサー、光ファイバーセンサー(インテロゲーター)、光ファイバーセンサー(FBG)、感圧センサー
環境11品目湿度センサー、温度センサー(熱電対・測温抵抗体)、温度センサー(サーミスター)、熱流センサー、レベルセンサー、流量センサー、ほこりセンサー、車載向け水素センサー、車載向け酸素センサー、産業向けガスセンサー、大気圧センサー
通信・その他デバイス7品目Bluetooth Low Energy、Licensed LPWA、Unlicensed LPWA、衛星通信、その他位置測位デバイス、LPWAモジュール、環境発電デバイス
合計45品目
−調査項目−
アプリケーション
1) 製品概要/定義
2) ワールドワイド市場動向
(1) 市場概況
(2) 市場規模推移・予測
3) センサー搭載状況
(1) 主な搭載センサー
(2) センサーフュージョン
(3) 通信対応状況および電源動向
(4) センサーにおける主な要求性能
4) 主要参入メーカー動向
5) 今後の注目センサーおよび普及に向けた課題
センサーデバイス、通信・その他デバイス
1) 製品概要/定義
(1) 対象製品
(2) 主な搭載事例
2) 価格動向(2023年Q3時点)
3) ワールドワイド市場動向
(1) 市場概況
(2) 市場規模推移・予測
4) タイプ別動向
5) 用途別動向
6) メーカー動向
(1) 主要参入メーカーおよび動向
(2) メーカーシェア(出荷数量ベース)
(3) メーカーシェア(出荷金額ベース)
7) 製品開発動向と今後の方向性
−目次−
1.0 総括(1)
1.1 センサーデバイス関連市場の全体動向(3)
1.2 カテゴリー別市場規模推移・予測(5)
2.0 関連動向(11)
2.1 各センサーデバイスにおける測定・検知対象(13)
2.2 センサーフュージョン概要(15)
2.3 アプリケーションおよびユースケース別センサー採用動向(17)
2.3.1 モバイル・ウェアラブル(17)
2.3.2 スマートホーム(20)
2.3.3 自動車(26)
2.3.4 FA・物流(30)
2.4 センサーラインアップからみるメーカー動向(34)
2.5 センサーとAIの共存・競合関係(39)
2.6 赤外系デバイス市場概況(41)
2.7 センサーネットワークを構築する無線通信(47)
2.8 衛星通信を利用した圏外通信(49)
2.9 GNSS関連動向(51)
2.10 センサー向け給電の現状(54)
2.11 気象測定向けセンサー動向(63)
3.0 アプリケーション(65)
3.1 スマートフォン(67)
3.2 ウェアラブル機器(スマートグラス、ヘッドマウントディスプレイ)(71)
3.3 位置検出用タグデバイス(75)
3.4 スマートスピーカー(77)
3.5 ドローン(81)
3.6 監視カメラ(84)
3.7 照明機器(87)
3.8 空調システム(91)
3.9 自動車(94)
3.10 AGV(98)
3.11 スローモビリティ(102)
3.12 建機・農機(104)
4.0 センサーデバイス(107)
4.1 光・電磁波(109)
4.1.1 エリアイメージセンサー
       (グローバルシャッター)(109)
4.1.2 赤外線センサー(114)
4.1.3 遠赤外カメラ(117)
4.1.4 短波赤外イメージセンサー(122)
4.1.5 光電センサー(127)
4.1.6 ToFセンサー(132)
4.1.7 LiDAR(2D/3D)(137)
4.2 音波・磁気(142)
4.2.1 超音波センサー(142)
4.2.2 MEMSマイクロフォン(146)
4.2.3 磁気センサー(151)
4.3 機械・物理(155)
4.3.1 変位センサー(155)
4.3.2 加速度・角速度センサー(158)
4.3.3 光ファイバーセンサー(インテロゲーター)(161)
4.3.4 光ファイバーセンサー(FBG)(164)
4.3.5 感圧センサー(168)
4.4 環境(171)
4.4.1 湿度センサー(171)
4.4.2 温度センサー(熱電対・測温抵抗体)(174)
4.4.3 温度センサー(サーミスター)(179)
4.4.4 熱流センサー(185)
4.4.5 レベルセンサー(188)
4.4.6 流量センサー(191)
4.4.7 ほこりセンサー(195)
4.4.8 車載向け水素センサー(198)
4.4.9 車載向け酸素センサー(202)
4.4.10 産業向けガスセンサー(206)
4.4.11 大気圧センサー(211)
5.0 通信・その他デバイス(215)
5.1 Bluetooth Low Energy(217)
5.2 Licensed LPWA(221)
5.3 Unlicensed LPWA(226)
5.4 衛星通信(230)
5.5 その他位置測位デバイス(234)
5.6 LPWAモジュール(237)
5.7 環境発電デバイス(241)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2023 センサーデバイス関連市場総調査

総額
198,000円(税抜 180,000円)

発刊日
2023年08月23日

報告書体裁
書籍(A4)

ページ数
245ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

ISBNコード
ISBN978-4-8351-0010-4

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。

販売形態/納品形態のご案内
書籍/PDF版(CD-ROM)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 書籍と同じデータ(PDFデータ)を収録したCD-ROM(印刷不可/イントラネットでの共有および複製利用はできません)。
電子書籍利用権(新しいウィンドウもしくはタブで外部サービスサイトが開きます)
 総額 231,000円(税抜 210,000円)
  • 市場調査資料をオンラインでご利用いただく、利用権付与のクラウドサービス(利用期間3年間/1ID発行、同時3名まで利用可)。
ネットワークパッケージ版(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)
  • 国内イントラネットにおいて共有可能なPDFファイルで提供される電子データ企業内ネットワークサービスです。利用可能な範囲は本サービスを利用する法人のすべての事業所とし、親会社や子会社、関連会社は含まれません。PDF版(CD-ROM)、ダウンロード版(Box社のクラウドストレージ経由)のいずれかをご選択できます。

E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートを購入する 総額 198,000円(税抜 180,000円)
PDF版(CD-ROM)セットでこのレポートを購入する 総額 231,000円(税抜 210,000円)
電子書籍利用権セットでこのレポートを購入する 総額 231,000円(税抜 210,000円)

ネットワークパッケージ版があります
    PDF版(CD-ROM)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ダウンロード版(Box経由)でネットワークパッケージ版を購入する 総額 396,000円(税抜 360,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話いずれか)
FAX
電子メール (メール、電話いずれか)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ