◆市場調査レポート:2017年03月14日発刊

2017年 メディカル・ライフサイエンス用ポリマー市場の現状と将来展望

医療機器/器具、包材などメディカル・ライフサイエンス分野向けポリマー市場を徹底分析
−はじめに−
  • 近年、ケミカル・マテリアル業界において、「メディカル・ライフサイエンス分野」は景気に左右されない安定した市場環境と、付加価値の高い素材へのニーズを期待できる分野として、年々注目度が高まっている。
  • 弊社では「メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望」として、メディカル・ライフサイエンス分野における主要な医療製品・部材市場を取り上げ、製品の市場性やそれらに採用される素材について、定期的に動向を取りまとめてきた。
  • 今回、新たにメディカル・ライフサイエンス分野向けに展開される素材市場にフォーカスし、樹脂・エラストマー・生物由来材料を対象としたメディカル・ライフサイエンス分野向けのポリマー市場の全体像を把握することを目的に調査・分析を行った。
  • 現状では医療器具・用品における筐体や構成材料、医療器具や医薬品向けの包装・容器、透析膜などの膜/フィルター、特殊な機器が多く用いられる医療装置や構成部品など、さまざまな用途において、樹脂・エラストマー・生物由来材料が採用され、一定の市場が確立されている。
  • また、採用される素材についても、幅広く展開される汎用グレードだけでなく、メディカル・ライフサイエンス分野向けに物性を調整したグレードや、専用の製造ラインによって品質管理が徹底されたグレード、求められる規格に準拠したグレードなど、付加価値を高めた特殊グレードが多く採用されており、市場規模への期待以上に魅力的な分野であると言える。
  • 本調査レポートでは「メディカル・ライフサイエンス用ポリマー市場」として、樹脂21品目、エラストマー8品目、生物由来材料3品目の計3カテゴリー32品目を抽出、メディカル・ライフサイエンス分野向け市場動向について取りまとめた。
  • これらメディカル・ライフサイエンス用ポリマー市場の方向性を明確化することで、関連企業の経営、研究、製造、販売など、マーケティング活動全般において、ご活用いただけるものと確信しております。
−調査目的−
  • 本調査レポートは、メディカル・ライフサイエンス分野向けに展開される樹脂・エラストマー・生物由来材料を対象に、品目ごとに市場規模、用途動向、メーカーシェア、業界構造/サプライチェーン、海外動向などを把握することで、今後の方向性を明確化することを目的とした。
−調査対象−
調査対象対象品目
A. 樹脂21品目PP、PE、PVC、PET、PC、PS、SBC、ABS、透明PA、COP・COC、フッ素樹脂、超高分子量PE、PEEK、サルフォン系樹脂、PMMA、EVOH、PMP、LCP、PBT、PLA・PGA、MPCポリマー
B. エラストマー8品目ブチルゴム、ポリイソプレンゴム、シリコーンゴム、フッ素ゴム、オレフィン系熱可塑性エラストマー、スチレン系熱可塑性エラストマー、PA系熱可塑性エラストマー、PU系熱可塑性エラストマー
C. 生物由来3品目セルロース、コラーゲン、ゼラチン
−調査項目−
1. 製品概要
2. 主要参入メーカー一覧
3. 業界構造/サプライチェーン
4. 市場動向
5. 価格動向
6. 製品種別ウェイト(2016年)
7. 利用形態別ウェイト(2016年)
8. 用途動向
9. メーカーシェア(2016年)
10. 新製品開発・技術動向
11. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 調査結果概要(3)
1) メディカル・ライフサイエンス用ポリマー市場の全体像(3)
2) 主要用途における業界構造/サプライチェーン(5)
3) 調査対象品目一覧(7)
4) 市場規模推移および予測(2013〜2020年予測)(8)
2. メディカル・ライフサイエンス用ポリマー市場分析(9)
1) グレード別需要構造(9)
2) カテゴリー別市場分析(12)
3) 利用形態別需要構造(17)
3. 主要用途別市場動向(19)
1) 用途別需要規模一覧(2016年)(19)
2) シリンジ・プレフィルドシリンジ(20)
3) 輸液バッグ・ボトル(22)
4) 血液バッグ・血液回路(26)
5) カテーテル(28)
6) ダイアライザー(31)
7) 医薬品包装・容器(33)
8) 医薬品補助剤(37)
9) インプラント材料(39)
10) 注目用途動向(41)
4. 海外動向(42)
1) 世界市場規模(2016年)(42)
2) カテゴリー・品目別世界市場動向(43)
3) 主な販売地域と主要メーカー(44)
5. 法・規格制度動向(45)
1) 日本の医薬品・医療機器規制制度(45)
2) 医薬品における規制・標準化と樹脂材料(47)
3) 医療機器における規制・標準化と樹脂材料(48)
II. 集計編(51)
1. 主要参入企業一覧(53)
2. 市場規模推移および予測(2013年〜2020年予測)(57)
3. 品目別価格一覧(62)
III. 品目別市場編(63)
A. 樹脂(65)
A1. PP(67)
A2. PE(73)
A3. PVC(80)
A4. PET(85)
A5. PC(91)
A6. PS(96)
A7. SBC(101)
A8. ABS(106)
A9. 透明PA(110)
A10. COP・COC(115)
A11. フッ素樹脂(121)
A12. 超高分子量PE(127)
A13. PEEK(131)
A14. サルフォン系樹脂(137)
A15. PMMA(142)
A16. EVOH(146)
A17. PMP(150)
A18. LCP(154)
A19. PBT(158)
A20. PLA・PGA(161)
A21. MPCポリマー(166)
B. エラストマー(169)
B1. ブチルゴム(171)
B2. ポリイソプレンゴム(175)
B3. シリコーンゴム(180)
B4. フッ素ゴム(185)
B5. オレフィン系熱可塑性エラストマー(189)
B6. スチレン系熱可塑性エラストマー(193)
B7. PA系熱可塑性エラストマー(199)
B8. PU系熱可塑性エラストマー(203)
C. 生物由来(207)
C1. セルロース(209)
C2. コラーゲン(216)
C3. ゼラチン(220)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2017年 メディカル・ライフサイエンス用ポリマー市場の現状と将来展望

頒価
180,000円+税

発刊日
2017年03月14日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
223ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-812-5

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ