◆最新市場調査レポート:2021年08月25日発刊

2021年 素材関連企業の次世代ヘルスケア・ライフサイエンス事業戦略分析

SDGsに寄与するヘルスケア・メディカル・フード・アグリ関連事業のメーカー戦略分析
−はじめに−
  • 2020年に全世界で感染拡大した新型コロナウイルスは、当初の楽観的な見方ではワクチン開発が成功すれば1年程度で終息するとの見方もあったが、2021年夏時点の日本ではむしろ前年を大きく上回る陽性者・感染者が確認されている。
  • このような社会情勢において、一時的に素材関連企業も売上減少の影響を受けたものの、PCR検査関連などの事業は特需となり、素材関連企業に対するマイナスの影響は限定的である。むしろ、「ヘルスケア」や「ライフサイエンス」といった事業分野に注力する企業が増えている。
  • また、SDGsやESGといった経営目標・指標の重要度が増すことにより、従来の石油を原料とした化学工業ではなく、社会的課題を解決する事業に対する注目度が高まっている。特に二酸化炭素排出量を2050年にゼロにすることを目標に掲げている日本にとっては、脱石油化学は急務である。
  • 「新型コロナウイルス」「SDGs」「ESG」といったキーワードによって、より一層ヘルスケア・ライフサイエンス事業の重要度は増しており、実際に事業拡大に寄与している。
  • 例えば、足元ではバイオ医薬品関連の市場が拡大している。新型コロナウイルスのワクチンはバイオ医薬品製造技術を応用したものであり、バイオ医薬品関連の事業拡大に寄与している。現在開発されているワクチン生産の受託を進める動きも活発化している。
  • 治療薬としても、既存のバイオ医薬品が転用されている。新規に開発された「抗体カクテル療法」もバイオ医薬品である。
  • 新型コロナウイルスが終息したとしても、ウイルスによるパンデミックのリスクは消えないため、さまざまなヘルスケア・ライフサイエンス事業が拡大するものと予測される。
  • 本市場調査資料では、素材関連企業40社のヘルスケア・ライフサイエンス事業を富士キメラ総研独自の分類によって整理し、各社の事業戦略を分析することで、素材産業における当該分野の方向性を明確化することを目的とした。
  • 本市場調査資料が参入各社の経営、研究、製造、販売など、マーケティング活動全般においてご活用いただけるものと確信している。
−調査目的−
  • 本市場調査資料では、主要素材関連企業におけるヘルスケア・ライフサイエンス事業を抽出し、各企業の事業戦略・方向性を整理・分析することを目的とした。
−調査対象−
1. 調査対象企業
1. 旭化成
2. ADEKA
3. 出光興産
4. 宇部興産
5. AGC
6. ENEOS
7. 花王
8. カネカ
9. クラレ
10. コニカミノルタ
11. JSR
12. JNC
13. 昭和電工
14. 信越化学工業
15. 住友化学
16. 住友ベークライト
17. 積水化学工業
18. ダイセル
19. 大日本印刷
20. DIC
21. 帝人
22. デンカ
23. 東ソー
24. 東洋紡
25. 東レ
26. 凸版印刷
27. 日油
28. 日産化学
29. 日東電工
30. 日本化薬
31. 日本触媒
32. 日本ゼオン
33. 富士フイルムホールディングス
34. 藤森工業
35. 三井化学
36. 三井金属鉱業
37. 三菱ガス化学
38. 三菱ケミカルホールディングス
39. 三菱マテリアル
40. ユニチカ
2. 調査対象分野
ヘルスケア・ライフサイエンス事業分野
医薬品、バイオ医薬品、再生医療、検査・研究、ヘルスケア、診療・治療、フード、アグリ、その他
−調査項目−
企業ケーススタディ編
1. 会社概要
2. ヘルスケア・ライフサイエンス事業概要
3. ヘルスケア・ライフサイエンス事業動向
4. 技術開発・M&A動向
5. 次世代注力製品・事業動向
6. ヘルスケア・ライフサイエンス戦略
7. 新型コロナウイルスの影響
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 調査結果概要(3)
1) 分野別事業規模(3)
2) 企業別事業規模一覧(4)
3) ヘルスケア・ライフサイエンス事業ランキング(6)
4) 新型コロナウイルスの影響(8)
5) ヘルスケア・ライフサイエンス事業のトレンド(12)
2. 分野別動向(14)
1) 医薬品(14)
2) バイオ医薬品(18)
3) 再生医療(22)
4) 検査・研究(25)
5) ヘルスケア(29)
6) 診療・治療(32)
7) フード(36)
8) アグリ(39)
3. 次世代注力事業・研究開発動向(43)
4. M&Aトレンド(46)
1) M&Aの実施状況一覧(46)
2) 海外展開状況(47)
II. 企業ケーススタディ編(49)
1. 旭化成(51)
2. ADEKA(58)
3. 出光興産(62)
4. 宇部興産(66)
5. AGC(71)
6. ENEOS(76)
7. 花王(79)
8. カネカ(86)
9. クラレ(91)
10. コニカミノルタ(95)
11. JSR(100)
12. JNC(105)
13. 昭和電工(109)
14. 信越化学工業(115)
15. 住友化学(119)
16. 住友ベークライト(125)
17. 積水化学工業(129)
18. ダイセル(137)
19. 大日本印刷(142)
20. DIC(145)
21. 帝人(150)
22. デンカ(155)
23. 東ソー(160)
24. 東洋紡(163)
25. 東レ(168)
26. 凸版印刷(175)
27. 日油(178)
28. 日産化学(184)
29. 日東電工(189)
30. 日本化薬(195)
31. 日本触媒(198)
32. 日本ゼオン(204)
33. 富士フイルムホールディングス(207)
34. 藤森工業(211)
35. 三井化学(215)
36. 三井金属鉱業(219)
37. 三菱ガス化学(224)
38. 三菱ケミカルホールディングス(231)
39. 三菱マテリアル(238)
40. ユニチカ(243)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2021年 素材関連企業の次世代ヘルスケア・ライフサイエンス事業戦略分析

頒価
198,000円(税抜 180,000円)

発刊日
2021年08月25日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
243ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-946-7

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 231,000円(税抜 210,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 396,000円(税抜 360,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      頒価 231,000円(税抜 210,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ