◆最新市場調査レポート:2019年05月24日予定

2019年 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望

ケミカルメーカーの事業の柱となるライフサイエンス市場徹底調査
−調査の背景−
  • 化学・素材関連企業の事業戦略やIR資料で、ライフサイエンス関連事業を今後の事業の柱にするあるいは成長分野としてとらえられているケースが目立っている。
  • 日本を代表する化学メーカーの三菱ケミカルも「KAITEKI」をキーワードに、さまざまなライフサイエンス事業を戦略的に推進している。
  • 海外においても、ダウとデュポンの提携や、バイエルが化学部門を売却しモンサントを買収するなど、いわゆるバルクケミカルから脱却する動きが活発化している。
  • 背景には、バルクケミカルやコモディティーケミカルは単純なコスト勝負となり、需要地の近くで大量に生産する方が有利であることに加え、利益率低さから、中国や韓国、台湾などの化学メーカーの存在感が増している。
  • シェールガスケミカルや石炭ケミカルの台頭なども、コモディティーケミカル分野の収益悪化の要因となっている。
  • また、これまで成長を続けてきたエレクトロニクスケミカルも、アジアメーカーなどの技術力向上によってコスト競争が激しくなっている。
  • このような環境下で、日米欧の化学メーカーは、技術的な差別化を図り、高機能化・高付加価値化が可能なライフサイエンス分野への注力度が高まっている。
  • 本市場調査資料では主にメディカル分野を中心としたライフサイエンス分野を対象とする。
  • これまで弊社では継続的に「メディカル」や「ライフサイエンス」といったキーワードで、素材・部材を主語にレポートを作成してきた。本市場調査資料では、前回版(2016年版)を踏まえ、最新のメディカル・ライフサイエンス関連市場トレンドや海外動向を明確化する。
−調査ポイント−
メディカル・ライフサイエンス分野
メディカル・ライフサイエンス市場
人工臓器、再生医療、バイオ医薬関連、ディスポーザブル、膜製品、検査・診断
→
調査ポイント
  • 国内外の市場トレンド
  • 関連企業動向
  • 採用素材動向
  • 研究開発動向
  • 最新・次世代のメディカル・ライフサイエンス市場を徹底調査
  • 各種メディカル・ライフサイエンス市場の企業動向、採用素材動向、研究開発動向を明確化
−調査対象品目−
人工臓器
1. 人工心臓
2. 人工腎臓
3. 人工肺
4. 人工骨
5. 人工関節
6. 人工血管
7. その他(人工靭帯、人工肛門)
再生医療
8. 培養皮膚
9. 培養骨
10. 角膜
11. 心筋シート
12. 食道
13. 足場材料
バイオ医薬
14. 精製用アフィニティー担体
15. 培地
16. シングルユースバッグ
17. 製造工程用膜(ウイルス除去膜)
18. ペプチド合成材料
19. 核酸合成ビーズ
検査診断・研究分析
20. 三次元培養プレート
21. マイクロプレート
22. マイクロ流路チップ
23. 分析用カラム
24. グルコースセンサー
25. DNAチップ
26. 糖鎖精製キット
27. ELISA用プレート
28. 診断用微粒子・酵素
医療用品
29. 血漿分離膜
30. 輸血用フィルター
31. 白血球除去膜
32. ステント
33. 縫合糸
ディスポーザブル
34. カテーテル・チューブ
35. 輸液バッグ・ボトル
36. PTPシート
37. 血液回路
38. 血液バッグ
39. 注射器(プレフィルドシリンジ含む)
40. 真空採血管
41. 創傷被覆材
42. 癒着防止フィルム
43. 医療用接着剤・粘着剤
関連部材・素材・その他
44. 3D模型
45. 抗体
46. 滅菌トレイ
47. DDS用材料
48. 医薬品添加剤
49. PES膜
50. ナイロン膜
51. PVDF膜
52. その他樹脂膜
53. ニトロセルロース膜
54. ゼラチン
55. コラーゲン
56. 医療用コーティング材料
上記品目より50品目前後を対象といたします。
必要に応じて品目を追加・変更することがございます。
−調査項目−
I. 総合分析編
1. メディカル・ライフサイエンスケミカル市場の全体像
2. 分野別市場トレンド
3. 採用素材状況
4. 次世代におけるメディカル・ライフサイエンス技術と市場展望
5. グローバル動向
6. 政策・法規制・人口動態
II. 集計編
1. 主要参入企業一覧
2. 品目別市場規模推移および予測一覧
3. 品目別メーカーシェア一覧
4. 品目別価格一覧
III. 品目別ケーススタディ編
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 価格動向
4. 市場規模推移および予測(2015年実績〜2022年予測)
5. メーカーシェア(2018年実績)
6. 用途別ウェイト(2018年実績)
7. 採用素材
8. 技術開発動向
9. 海外動向
10. 今後の方向性
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2019年 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望

頒価
150,000円+税

発刊日
2019年05月24日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ