◆市場調査レポート:2014年06月04日発刊

2014 次世代カーテクノロジーの本命予測

先進技術 vs 新興技術、既存技術 vs 代替技術、2020年代に普及している技術は何か?競合技術の本命を探る
−調査の背景−
  • 自動車には、「環境」「安全」「情報通信(コックピット)」などをテーマにした技術が多数採用されてきており、それらのいくつかは標準的な技術となっている。
  • さらなるテーマの追求によって革新的な技術や、民生用などで採用が進んでいる技術の応用製品が開発されているが、それらの搭載はなかなか進んでいない。その理由としては、技術が複雑になっていたり、高価格のデバイスや材料を使用しなければならなかったり、安全を重視する自動車において搭載するには信頼性が欠けたりと、多くの課題があるからである。
  • 各社がそのような課題をクリアすべく開発を行っていく中で、目的のテーマに対する技術がいくつも登場したり、設計思想の違いなどから採用する技術が分散していたりと、本命の技術が見えてこないのが現状である。
  • 最近本命として定着化してきた技術として衝突低減ブレーキシステムが挙げられる。本来このようなシステムの搭載は高級車などに限られており、本命技術とは考えられていなかった。しかし構成部品の見直しや機能の絞り込みなどで低価格のシステムを実現して軽自動車にも搭載されるようになり、安全運転技術の本命となりつつある。
  • このように、高級車限定で普及が進まなかった技術の課題点をクリアすることで、一気に本命技術として搭載が進んでいくのである。
  • 今回の調査では、点在する有望技術がどのような課題に直面しているのか、競合する技術との相違点は何か、それらの技術が共存して発展していくのかなどを明確にし、2020年代の本命技術を明らかにすることを目的とした。
  • 当調査資料が、関係各位の2020年代の自動車将来像を描くための参考資料として活用いただけることを願っている。
−調査目的−
  • 当調査資料は、点在する有望技術がどのような課題に直面しているのか、競合する技術との相違点は何か、それらの技術が共存して発展していくのかなどを明確にすることで、2020年代の本命技術を明らかにするとともに、これらに応じて変化する機器やデバイスの市場予測を行うことで、次世代自動車像を描くことを調査の目的とした。
−調査対象品目−
調査対象品目対象品目数 
1. 環境技術10品目1) モーター駆動システム4品目HVシステム/PHVシステム/EVシステム/FCVシステム
2) 二次電池2品目リチウムイオン二次電池/全固体リチウム二次電池
3) 燃費改善システム2品目アイドリングストップシステム/回生エネルギーシステム
4) エンジン効率向上システム2品目電動可変動弁機構/燃料直接噴射システム
2. 安全技術13品目1) 前方衝突被害軽減・回避技術4品目車載カメラ方式/ミリ波レーダー方式/フュージョン方式/レーザーレーダー方式
2) 物体検知警告・制御技術3品目車載カメラ方式/ミリ波レーダー方式/フュージョン方式
3) 夜間視野支援技術2品目ヘッドランプシステム/赤外線カメラシステム
4) 協調型運転支援技術2品目路車間通信型/車車間通信型
5) 警告技術2品目表示テクノロジー/ハプティックインフォメーション
3. コックピット技術12品目1) ヘッドアップディスプレイ技術2品目光源タイプ/自発光タイプ
2) 表示技術2品目AR技術/3D技術
3) アイズフリー操作技術2品目ジェスチャー/タッチコマンド
4) ハンズフリー操作技術2品目視線入力/音声認識
5) 次世代カーナビゲーションシステム2品目IVIシステム/従来型ナビ+スマートフォン
6) テレマティクス技術2品目カーナビ向け高機能型/単機能通信型(eCallなど)
4. 通信技術7品目1) 路車間・車車間通信技術2品目DSRC/700MHz帯
2) 広域通信技術2品目3G回線/4G回線
3) 車内通信技術3品目Ethernet/FlexRay/MOST
5. その他11品目1) 車載電源2品目48V電源/12V電源
2) パワーデバイス2品目SiCパワーデバイス/Siパワーデバイス
3) 再生可能エネルギー2品目太陽光発電/風力発電
4) セキュリティ技術2品目電子キー/セキュリティシステム
5) バイワイヤ技術2品目ドライブバイワイヤ/ブレーキバイワイヤ/ステアリングバイワイヤ
6) スマートモビリティ1品目スマートモビリティ
合計53品目 
−調査項目−
1. 技術概要
2. 競合技術の比較
3. 各技術の搭載車市場規模予測
4. エリア分析
1) エリア別競合技術の普及状況
2) エリア別動向
5. 現在の開発状況・動向
6. 参入企業・開発企業一覧
7. 業界構造の変化予測
8. ロードマップ・課題点
9. 本命予測
−目次−
I. 総括編(1)
I.1. 調査結果から見る2020年代の自動車将来像(3)
I.2. 次世代自動車(HV/PHV/EV/FCV)の普及予測(9)
I.3. パワートレインの本命(20)
I.4. 安全技術の本命(25)
I.5. コックピット技術の本命(39)
I.6. 通信技術の本命(45)
I.7. その他次世代技術の将来展望(52)
I.8. 競合技術の比較(53)
II. 集計編(57)
II.1. ワールドワイド次世代技術の搭載車市場規模予測(59)
II.2. 地域別次世代技術の搭載車市場規模予測(62)
III. 個票編(77)
III.1. 環境技術(79)
III.1.1. モーター駆動システム【HVシステム/PHVシステム/EVシステム/FCVシステム】(81)
III.1.2. 二次電池【リチウムイオン二次電池/全固体リチウム二次電池】(95)
III.1.3. 燃費改善システム【アイドリングストップシステム/回生エネルギーシステム】(103)
III.1.4. エンジン効率向上システム【電動可変動弁機構/燃料直接噴射システム】(110)
III.2. 安全技術(119)
III.2.1. 前方衝突被害軽減・回避技術【車載カメラ方式/ミリ波レーダー方式/フュージョン方式/レーザーレーダー方式】(121)
III.2.2. 物体検知警告・制御技術【車載カメラ方式/ミリ波レーダー方式/フュージョン方式】(132)
III.2.3. 夜間視野支援技術【ヘッドランプシステム/赤外線カメラシステム】(142)
III.2.4. 協調型運転支援技術【路車間通信型/車車間通信型】(150)
III.2.5. 警告技術【表示テクノロジー/ハプティックインフォメーション】(159)
III.3. コックピット技術(167)
III.3.1. ヘッドアップディスプレイ技術【光源タイプ/自発光タイプ】(169)
III.3.2. 表示技術【AR技術/3D技術】(177)
III.3.3. アイズフリー操作技術【ジェスチャー/タッチコマンド】(184)
III.3.4. ハンズフリー操作技術【視線入力/音声認識】(192)
III.3.5. 次世代カーナビゲーションシステム【IVIシステム/従来型ナビ+スマートフォン】(200)
III.3.6. テレマティクス技術【カーナビ向け高機能型/単機能通信型(eCallなど)】(209)
III.4. 通信技術(217)
III.4.1. 路車間・車車間通信技術【DSRC/700MHz帯】(219)
III.4.2. 広域通信技術【3G回線/4G回線】(228)
III.4.3. 車内通信技術【Ethernet/FlexRay/MOST】(236)
III.5. その他(247)
III.5.1. 車載電源【48V電源/12V電源】(249)
III.5.2. パワーデバイス【SiCパワーデバイス/Siパワーデバイス】(257)
III.5.3. 再生可能エネルギー【太陽光発電/風力発電】(265)
III.5.4. セキュリティ技術【電子キー/セキュリティシステム】(271)
III.5.5. バイワイヤ技術【ドライブバイワイヤ/ブレーキバイワイヤ/ステアリングバイワイヤ】(279)
III.5.6. スマートモビリティ(288)
IV. 関連データ編(295)
IV.1. HV/PHV/EV/FCVの販売および生産台数市場規模予測(297)
IV.2. 乗用車/トラック/バスの販売および生産台数市場規模予測(305)
IV.3. 民生用途における次世代技術一覧(309)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2014 次世代カーテクノロジーの本命予測

頒価
130,000円+税

発刊日
2014年06月04日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
311ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-715-9

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 140,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 260,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ