◆市場調査レポート:2005年01月13日発刊

2005年版 ITS関連市場の現状と将来展望

ITSを取り巻く車載機器・システム/サービス/コンテンツのロードマップ・
クルマと社会をつなぐITSキーテクノロジーの方向性を探る
−調査の背景−
  • 2004年10月に名古屋にて「第11回ITS世界会議」が開かれた。この会議は、ITS専門家中心から脱皮した市民参加の会議となり、市民レベルでのITS認知度が向上し、ITSのセカンドステージの幕開けの場となった。

  • ここ10年ほどで“走る”、“止まる”、“曲がる”といったクルマの基本性能は、普通に走る限りもはやなんら不満がないところまで完成した。更に、広さ、乗り心地、ユーティリティといったそれ以外の性能も、十分なところまで来ている。

  • しかしながらクルマに乗っていて不満が残る点がある。それは車内でインターネットがつながらないことである。机の前に座っていれば分かる様々な情報が、ハンドルの前に座ったとたん、ブラックアウトしてしまう。ETCもやっと利用率が20%を超え普及の兆しが見えてきたが、ガソリンスタンドやドライブスルーなどではまだ使用できない。更に車の事故は日常茶飯事ゆえ、安全面はもっともっと充実して欲しい要望がある。

  • これらの解決の答えが今後のITSの開発のテーマに隠されている。つまり、走りとユーティリティの面で完成したクルマを、環境に優しく情報ネットワークにつながった事故を起こさないネクストジェネレーションへと進化させることが、ITSセカンドステージの技術・研究開発課題と言える。

  • このようなテーマのもとITSセカンドステージが進むにつれて、ITS関連のシステムやサービスが多様に展開されていくことが想定される。当然そこにサービスを受けるための機器や通信技術、システムを構成するデバイスやセンシング技術などが必要となってくる。今回の調査レポートではITSセカンドステージをロードマップという形で予測して、車両側の関連デバイス、インフラ、サービス別に、各々の関連性を捉え、通信技術や想定されるコンテンツ、キーテクノロジーの将来予測を行うことをポイントとして調査を行った。

  • 関連企業・キーマンからのインタビュー、社内データを基に富士キメラ総研が提言するロードマップを作成いたしましたので、本調査が今後のITS事業の参考資料として、関係各位の皆様にご活用頂けるものと確信しております。

  • 尚、本資料作成にあたり、ご協力いただきました各位に厚く御礼申し上げます。


−調査目的−
  • 今回の調査レポートでは車と社会とのつながりをテーマとして、車両側の関連デバイス、インフラ、サービス別に、各々の関連性を捉え、通信技術や想定されるコンテンツ、キーテクノロジーの将来予測を行うことを目的とした。

  • 関連企業・キーマンからのインタビュー、社内データを基に富士キメラ総研が提言するロードマップを作成した。


−調査対象品目−
車載機器 15品目
インフラ 8品目
システム・サービス 16品目
コンテンツ 10品目

−調査項目−
車載機器・インフラ

1. 製品の定義・概念
2. 参入企業と取り扱い製品
3. 当該製品搭載車の状況(車載機器のみ)
4. 市場規模推移(国内実績・予測)
5. メーカー別シェア
6. ITSロードマップ
7. 主要企業の開発動向
8. 今後の市場展開
9. 主要参入企業の技術/販売等アライアンス状況

システム・サービス

1. システム・サービスの概要
2. システム・サービスの種類と内容
3. 市場規模推移(国内実績・予測)
4. ITSロードマップ
5. 主要企業の開発動向
6. 今後の市場展開

コンテンツ

1. コンテンツの定義
2. 参入コンテンツホルダー一覧
3. ITSへの応用の可能性
4. ケーススタディ
5. 今後の市場見通し

−調査対象先−
電装品メーカー、自動車メーカー等、情報通信/ソフトメーカー、コンテンツホルダー、クレジット会社、他

−目次−
I. 総括編(1)

1. ITS当該対象品目の集計(3)
1)全体(3)
2)車載機器(4)
(1) 当該対象品目の範囲と2004年実績(4)
(2) 当該対象品目の販売市場規模推移(2001年〜2010年)(4)
(3) 品目別実績(6)
3)インフラ(13)
(1) 当該対象品目の範囲と2004年実績(13)
(2) 当該対象品目の販売市場規模推移(2001年〜2010年)(13)
(3) 品目別実績(15)
4)システム・サービス(18)
(1) 当該対象品目の範囲と2004年実績(18)
(2) 当該対象品目の販売市場規模推移(2001年〜2010年)(18)
(3) 品目別実績(20)

2. 応用アプリケーションロードマップ(24)
1)車載機器(24)
2)インフラ(26)
3)システム・サービス(27)

3. ITSを取り巻く通信技術ロードマップ(30)
1)ITSを取り巻く通信技術(センサ含む)のイメージ(30)
2)ITS関連の各種無線メディア(31)
3)当該対象品目における通信技術(センサ含む)の採用状況(33)
(1) 2004年実績(33)
(2) 2010年予測(35)

4. コンテンツ(37)
1)テレマティクスにおけるコンテンツ・サービス展開(37)
2)ITSへの応用の可能性(38)

II. 市場編(41)

1. 車載機器(43)
1)カーナビゲーションシステム(44)
2)GPS受信機(54)
3)ETC/ITS車載器(59)
4)レーダーセンサ(67)
5)車載カメラ(72)
6)車間距離制御システム(77)
7)車線維持制御システム(83)
8)AFS(88)
9)ナイトビジョン(90)
10)ヘッドアップディスプレイ(93)
11)電子キーシステム(96)
12)Bluetoothモジュール(103)
13)画像認識(108)
14)音声認識(113)
15)車載LAN(117)

2. インフラ(123)
1)ETC路側システム(124)
2)DSRC路側アンテナ(131)
3)光・電波ビーコン(135)
4)路側カメラ(141)
5)車両感知器(146)
6)光ファイバ(152)
7)レーンマーカー(156)
8)LED信号機(158)

3. システム・サービス(162)
1)カーナビ向け通信サービス(163)
2)緊急通報サービス(174)
3)車両盗難防止サービス(178)
4)道路交通情報サービス(182)
5)DSRC応用サービス(185)
6)安全運転支援システム(194)
7)駐車場管理システム(201)
8)入出門管理システム(205)
9)衛星測位システム(208)
10)位置情報サービス(213)
11)運行管理・物流システム(218)
12)プローブ情報サービス(226)
13)パーク&ライド(231)
14)ロードプライシング(235)
15)モバイル衛星放送(240)
16)可視光通信(244)

4. コンテンツ(248)
1)駐車場情報(249)
2)地図配信サービス(251)
3)渋滞/事故/規制情報(253)
4)自車位置情報(255)
5)電子決済サービス(258)
6)セキュリティ(261)
7)リモートメンテナンス(263)
8)ロードアシスト(265)
9)オペレータサービス(267)
10)電子メール(270)

III. 資料編(272)

1. 現在のITSの状況(274)

2. ITSの開発ロードマップ(279)

3. 海外のITS(284)

4. 地域のITS(288)

5. 行政の動きと法規制の変化(294)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2005年版 ITS関連市場の現状と将来展望

頒価
97,000円+税

発刊日
2005年01月13日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
300ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ