◆市場調査レポート:2017年09月27日発刊

スマートカー時代の次世代ITS関連市場徹底分析 2017

スマートな移動を支える交通システムからクルマを利用したサービスへ、新たなクルマの価値創出ステージに向かうITSの未来像を徹底予測
−調査の背景−
  • 「ITS(Intelligent Transport Systems)」は、スマートな車の移動をインフラや通信を用いて実現させるコンセプトとして開発が進められてきた。
  • ところが、ADAS/自動運転技術、ナビゲーション技術等、車自体の技術発展によりスマートな移動が実現されつつあり従来のITSという概念は薄れつつある。
  • そこに登場したのがコネクテッドカーという概念である。車がネットワークに常につながることでよりスマートな移動が可能となり新しいサービスへの展開が考えられている。
  • コネクテッドカーの発展と自動運転技術の進展を迎える2020年代、さまざまな技術の融合によって次世代ITS時代へと突入する。自動運転の進展によってドライバーのあり方が変化し、従来の常識を覆すサービスが常識になる可能性もある。
  • 一方、次世代ITSによって新しい車の価値が生じることを想定して、自動車メーカーをはじめとするさまざまな企業が新ビジネスの展開、スマートカーを端末にした街/都市づくり等、新しい方向性を見いだそうとしている。
  • 本調査資料では次世代ITSの実現に向けて、関連する車載機器、通信、インフラの市場動向とそれらを活用したシステム・サービスの動向を把握するとともに、新たな車の価値を創出する次世代ITS社会の未来像を描くことを目的とした。
  • 本調査資料が、次世代ITSの普及推進を図る上での参考資料として関係各位にご活用いただけることを願っている。
−調査目的−
  • 本調査資料は、次世代ITS関連の車載機器、通信、インフラの市場動向とそれらを活用したシステム・サービスの動向を把握するとともに、新たな車の価値を創出する次世代ITS社会の未来像を描くことを調査目的とした。
−調査対象品目−
車載機器4品目情報ディスプレイ、課金システム端末(アクティブDSRC方式)、周辺検知センサー、電子キー端末
通信7品目GPS、DSRC、3G/4G/5G、Ethernet、NFC、Bluetooth、Wi-Fi
インフラ9品目自動課金システム、駐車場システム、DSRCアンテナ、ビーコン、車両/歩行者検知センサー、電子案内掲示板、信号機、EV充電システム、非接触EV充電システム
システム・サービス11品目カーナビ利用サービス、自動課金サービス、V2Iシステム、V2V/V2Pシステム、緊急通報サービス、プローブ情報サービス、モバイル機器利用/連携サービス、運行/配車管理サービス、充電管理システム、リモート操作システム、体調管理システム
新ビジネス9品目課金、広告配信、ビッグデータ、車両管理、エネルギー、リモート操作、モビリティ、AI、自動運転
合計40品目
−調査項目−
1. 車載機器・通信編
1. 製品概要と地域別比較
2. 地域別販売市場規模予測(2016〜2022年、2025年)
3. 地域別動向
4. ITSアプリケーション動向
5. メーカー動向
6. ロードマップと技術開発動向
7. 課題・問題点・改善点
8. 将来展望
2. インフラ編
1. 製品概要と地域別比較
2. 地域別販売市場規模予測(2016〜2022年、2025年)
3. 地域別動向
4. メーカー動向
5. ロードマップと技術開発動向
6. 課題・問題点・改善点
7. 将来展望
3. システム・サービス編
1. 製品概要と地域別比較
2. 地域別動向
3. 当該製品を構成するテクノロジーの普及予測
4. 取り組み動向と参入メーカー
5. ロードマップと技術開発動向
6. 課題・問題点・改善点
7. 将来展望
4. 新ビジネス編
1. 想定される用途イメージと車の価値/役割
2. 必要なテクノロジー
3. 開発動向
4. ロードマップ
5. アライアンス・買収動向
6. 想定される参入メーカー
−目次−
I. 総括編(1)
1. 次世代ITSロードマップ(3)
2. コネクテッドカー発展に向けた取り組み(5)
3. 自動運転実現に向けた取り組み(8)
4. 次世代ITSを実現する車載機器・通信市場(13)
5. 次世代ITSを実現するインフラ市場(19)
6. 車載機器・通信に見るシステム・サービス市場(20)
7. 自動車メーカー別次世代ITSへの取り組み(26)
7.1 トヨタ(26)
7.2 日産(30)
7.3 ホンダ(33)
7.4 GM(36)
7.5 Ford(39)
7.6 FCA(41)
7.7 BMW(43)
7.8 Daimler(46)
7.9 VW/Audi(49)
8. 地域別次世代ITS動向(52)
9. 新たなビジネス・サービスの創出動向(55)
10. 次世代ITS普及のための課題点と問題点、改善策(57)
II. 車載機器・通信編(63)
1. 車載機器(65)
1.1 情報ディスプレイ(67)
1.2 課金システム端末(アクティブDSRC方式)(75)
1.3 周辺検知センサー(81)
1.4 電子キー端末(94)
2. 通信(101)
2.1 GPS(103)
2.2 DSRC(108)
2.3 3G/4G/5G(115)
2.4 Ethernet(121)
2.5 NFC(126)
2.6 Bluetooth(131)
2.7 Wi-Fi(136)
III. インフラ編(141)
1. 自動課金システム(143)
2. 駐車場システム(148)
3. DSRCアンテナ(154)
4. ビーコン(159)
5. 車両/歩行者検知センサー(163)
6. 電子案内掲示板(166)
7. 信号機(171)
8. EV充電システム(177)
9. 非接触EV充電システム(182)
IV. システム・サービス編(185)
1. カーナビ利用サービス(187)
2. 自動課金サービス(194)
3. V2Iシステム(198)
4. V2V/V2Pシステム(203)
5. 緊急通報サービス(209)
6. プローブ情報サービス(213)
7. モバイル機器利用/連携サービス(217)
8. 運行/配車管理サービス(222)
9. 充電管理システム(227)
10. リモート操作システム(230)
11. 体調管理システム(235)
V. 新ビジネス編(241)
1. 課金(243)
2. 広告配信(247)
3. ビッグデータ(251)
4. 車両管理(255)
5. エネルギー(258)
6. リモート操作(261)
7. モビリティ(264)
8. AI(267)
9. 自動運転(271)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
スマートカー時代の次世代ITS関連市場徹底分析 2017

頒価
150,000円+税

発刊日
2017年09月27日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
247ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-830-9

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ