◆市場調査レポート:1999年02月26日発刊

’99 通信・放送系マルチメディア調査総覧

インターネット、モバイルコミュニケーション、デジタル放送など
ネットワーク系マルチメディアの最新レポート
−調査の背景−
  • 現在、我が国の経済は、従来型の基幹産業が成熟し、新たな成長の牽引役を担うリーディング産業として、通信・放送産業の役割が重要となっている。

  • モバイルコンピューティング分野においては、携帯電話の普及が進み、'98年度末には4,000万加入に達する勢いである。更に次世代携帯電話サービスも開始されているため、今後新たなマルチメディアサービスの提供が期待されている。

  • 企業通信分野においては、情報化投資削減の中でもCTI技術の活用によって顧客との関係を再構築しリレーションシップマーケティングを実現する取組みやモバイルコンピューティングの活用により社内生産性向上を図る動きもある。

  • 更に放送では、デジタル化をキーワードに大きな転換期を迎えているCSデジタル放送が、'98年末で120万加入を突破し、2000年には、200万加入に達する勢いである。更に2000年末までにBS放送のデジタル化、2003年には地上波デジタル放送がスタートし、通信との融合に対する取組みも本格化し、放送ビッグバンが実現する。

  • 本調査資料は、通信・放送系分野を対象に、これに関わるハード/ソフトウェア及びサービス市場の現状と将来についてまとめた市場調査レポートである。ビジネス分野や家庭において、どのようなマルチメディア環境が確立されるのか、そのためには、どのような案件が必須となるのか等を検討する上で基礎となるデータと考察を提供するものである。

−調査目的−
  • 通信・放送系分野を対象に、これらに関わるハード/ソフトウェア及びサービス市場の現状と将来について整理・分析し、ビジネス・家庭分野でどのようなマルチメディア環境が確立されるのか、その必須要件を検討するための基礎データを提供する。

−調査対象−
  1. インターネット
      1)インターネット家電
      2)インターネットアクセス機器
      3)ADSL

  2. コミュニケーションシステム
      1)ビジュアルコミュニケーションシステム
      2)CTI
      3)事業所用PHS
      4)無線LAN
      5)FAX

  3. モバイルコミュニケーション/コンピューティング
      1)携帯電話
      2)公衆用PHS
      3)ページャ
      4)携帯情報端末
  1. 放送
      1)CATV
      2)CS/BS放送

  2. カーマルチメディア
      1)カーナビゲーションシステム

  3. その他
      1)デジタルスチルカメラ
      2)ゲーム機

−調査項目−
  1. サービス/製品概要
  2. 市場構造
  3. 市場規模推移
  4. 企業別市場占有率
  5. 主要参入企業の動向
  6. 海外動向及び日本との相対比較
  7. 関連・派生市場
  8. マルチメディアとしての展開・方向性、各種利用事例
  9. 技術動向/関連事業団体の動向
  10. 製品一覧

−目次−
()内は掲載ページ
I.総括編(1)
  1. 通信・放送系マルチメディアの現状と将来展望(3)
      1)インターネット(3)
      2)コミュニケーションシステム(4)
      3)モバイルコミュニケーション/コンピューティング(6)
      4)放送(7)
      5)カーマルチメディア(8)
      6)その他(9)

  2. 主要技術とアプリケーション(10)
      1)ネットワークの光化の現状(10)
      2)xDSLの現状(13)
      3)W-CDMA(14)
II.個別品目編(15)
  1. インターネット(17)
      1-1)インターネット家電(19)
      1-2)インターネットアクセス機器(30)
      1-3)ADSL(40)

  2. コミュニケーションシステム(47)
      2-1)ビジュアルコミュニケーションシステム(49)
      2-2)CTI(60)
      2-3)事業所用PHS(74)
      2-4)無線LAN(82)
      2-5)FAX(91)

  3. モバイルコミュニケーション/コンピューティング(101)
      3-1)携帯電話(103)
      3-2)公衆用PHS(112)
      3-3)ページャ(122)
      3-4)携帯情報端末(131)

  4. 放送(141)
      4-1)CATV(143)
      4-2)CS/BS放送(154)

  5. カーマルチメディア(173)
      5-1)カーナビゲーションシステム(175)

  6. その他(187)
      6-1)デジタルスチルカメラ(189)
      6-2)次世代ゲーム機(200)
()内は掲載ページ
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
’99 通信・放送系マルチメディア調査総覧

頒価
97,000円+税

発刊日
1999年02月26日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
213ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 194,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ