◆最新マルチクライアント調査レポート:2022年05月30日発刊

水素モビリティ市場の将来動向

水素エンジン/水素燃料電池を動力とするモビリティの動向と将来性
−はじめに−
  • 地球温暖化の影響によるさまざまな弊害の解決を目指し、CO2などの温室効果ガスの排出量と吸入量を均衡させるカーボンニュートラルの状態を目指したさまざまな施策、規制が世界各国で実施されるようになって久しい。自動車や二輪車を含むモビリティの業界においても「生産」「走行」「廃棄」とさまざまな過程における温室効果ガスの排出量削減を目指す施策が強化されている。
  • カーボンニュートラルを目指す施策として現在最も注目を浴び、多くの企業により注力されているのはBEVの開発と普及である。BEVはモビリティの生産から廃棄に至る過程で最も温室効果ガスを排出する「走行」の過程において、温室効果ガスを一切排出しないモビリティであり、将来における主要な移動手段として注目度を高めている。
  • しかしBEVの普及にも課題はある。具体的には、大型のモビリティを駆動させようとしたり航続距離を高めようとしたりすればするほど電池の容量と重量が増えて効率が低下すること、現在の技術では充電に時間がかかり利便性が低いこと、バッテリーの大型化に伴うバッテリー材料の確保が困難となること、化石燃料に由来する電力を使用していては環境負荷が低下しないことなどが挙げられる。
  • これらの課題に対して、将来的なBEVの技術改良によって解決を図ろうとする考え方もあるが、一方でBEVの不得意なところを補うモビリティを併用することで解決を図る考え方もある。そのBEVを補うモビリティとして高い可能性を有しているのが水素モビリティである。
  • 水素モビリティは水素を燃料とする燃料電池やエンジンを利用するモビリティであり、BEVでは難しい大型モビリティの駆動や長い連続航続距離を実現することが可能である。水素充填インフラの整備不十分やシステム価格の高さといった課題もあるが、一般的な乗用車や二輪車に加え、バスやトラックといった商用車、鉄道、船舶、飛行機などでの将来的な普及が期待される。
  • また近年は既存の化石燃料で稼働するICEVの技術を利用するため、カーボンニュートラルを実現しつつ既存の産業構造を維持することが可能な水素エンジンに対する注目度が高まっている。
  • そこで本調査企画では、個人利用が主眼となる水素モビリティ、および関連部品の市場性や技術/普及上の課題、および水素モビリティ関連メーカーの戦略や既存/潜在ユーザーのニーズ探索などについて調査した。
  • 将来的な普及が期待される水素モビリティ市場への参入可能性を探る企業の皆様に、戦略立案を行う上で大いにご活用いただきたい。
−調査目的−
  • 本マルチクライアント特別調査企画は、水素モビリティや関連部品の市場性、ニーズ、技術課題や普及上の課題、水素モビリティ/関連部品メーカーの戦略やニーズ、水素モビリティ既存/潜在ユーザー・業界の見解などについて調査・分析を行うことで、水素モビリティの将来的な可能性を明らかにすることを調査の目的とした。
−調査対象−
調査対象品目
調査対象品目数対象品目
水素モビリティ5品目水素燃料電池自動車、水素エンジン自動車、水素バイク、水素電動アシスト自転車、FCドローン
水素モビリティ関連部品13品目PEFC、インジェクター、スパークプラグ、水素ポンプ、モーター、モーターコア、磁石、PCU、昇圧コンバーター、インバーター、水素センサー、高圧水素タンク、水素吸蔵合金
合計18品目
調査対象企業/業界
調査対象対象企業
モビリティメーカー川崎重工業、トヨタ、ヤマハ発動機、BMW、Daimler Trucks、Hyundai、SAIC、Stellantis、他
Tier1愛三工業、新コスモス電機、デンソー、豊田合成、日立Astemo、Ballard Power Systems、Bosch、Cummins、Continental、HyundaiMobis、ILJIN Composites、NGK、NISSHAエフアイエス、PlugPower、他
既存/潜在ユーザー
企業/業界
カーシェアリング、オートリース、運輸業、タクシー業界、レンタカー業界、自治体
−調査項目−
水素モビリティ市場動向
1. 製品概要
2. 市場規模推移・予測(2021〜2030、2035、2040年)
3. 車両価格の推移/予測
4. 技術動向
5. 普及に向けた課題
6. ユースケースの現状と今後の見通し
7. 主要参入企業一覧
水素モビリティ関連部品市場動向
1. 製品概要
2. 市場規模推移・予測(2021〜2030、2035、2040年)
3. 製品価格の推移/予測
4. 技術開発動向
5. 技術課題やモビリティメーカーからの要望
6. 活用が期待される既存技術
7. 主要参入企業一覧
水素モビリティ関連企業の個別動向
1. 企業概要
2. 水素モビリティに関する取り組み状況
3. 技術開発動向
4. 関連部品/材料調達の現状、手法や基準
5. 水素モビリティおよび関連製品の将来の見通し
6. 同社の水素モビリティ関連事業の方向性
水素モビリティの想定ユーザー/業界のニーズ探索
1. 企業概要(または業界の概要)
2. 水素モビリティ活用の現状
3. 今後の水素モビリティ利用拡大の可能性とその背景
4. 水素モビリティ活用の上での課題
5. 水素モビリティに望む機能、仕様
6. 水素モビリティの調達に関する基準
−目次−
I. 水素モビリティ市場全体概況(1)
1. 全体像(2)
2. 水素モビリティの市場規模推移/予測まとめ(2021年実績、2022〜2030年、2035年、2040年予測)(5)
3. 各水素モビリティの特徴/見通し/有望用途まとめ(13)
4. 水素モビリティの既存/潜在ユーザーのニーズや用途まとめ(16)
5. 水素エンジン車の現状と今後の可能性まとめ(17)
6. 既存技術の流用が可能な分野まとめ(19)
7. EV、PHVとの技術比較まとめ(21)
8. 水素モビリティ・関連部品の価格動向、低価格化の見通し(23)
9. 主要参入企業、企業間アライアンスや部品調達に関する方針まとめ(25)
10. 水素モビリティを用いた事業・ビジネスの現状や取り組み状況まとめ(30)
11. 水素モビリティに必要とされる水素量と再生可能エネルギーを用いた水素生産関連動向まとめ(33)
II. 水素モビリティ市場動向(37)
1. 水素燃料電池自動車(38)
2. 水素エンジン自動車(50)
3. 水素バイク(56)
4. 水素電動アシスト自転車(61)
5. FCドローン(65)
III. 水素モビリティ関連部品市場動向(70)
1. PEFC(71)
2. インジェクター(79)
3. スパークプラグ(83)
4. 水素ポンプ(87)
5. モーター(91)
6. モーターコア(95)
7. 磁石(100)
8. PCU(104)
9. FC昇圧コンバーター(108)
10. インバーター(112)
11. 水素センサー(117)
12. 高圧水素タンク(121)
13. 水素吸蔵合金(128)
IV. 水素モビリティ関連企業の個別動向(131)
1. トヨタ(132)
2. ヤマハ発動機(136)
3. Hyundai(139)
4. 川崎重工業(142)
5. Stellantis(145)
6. SAIC(148)
7. Daimler Trucks(151)
8. Cummins(154)
V. 水素モビリティの想定ユーザー/業界のニーズ探索(156)
1. ヤマトホールディングス(157)
2. カーシェアリング(159)
3. オートリース(162)
4. レンタカー(165)
5. タクシー(167)
6. 自治体(169)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
水素モビリティ市場の将来動向

頒価
770,000円(税抜 700,000円)

発刊日
2022年05月30日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
170ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 847,000円(税抜 770,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ