◆最新市場調査レポート:2021年11月12日発刊

5G時代の映像伝送技術/8Kビジネスの将来展望 2022

「5G」の普及・拡大によって実現する高速・低遅延通信と高画質化技術の進展で変革を迎える「8K」映像ビジネスを調査/分析(5G時代の映像伝送技術/8Kビジネスの将来展望 2021から改題)
−はじめに−
  • 現在、移動通信システムは「4G」から「5G」へと進化してきており、SDGsの目標年とされる2030年には「Beyond 5G」と称される「6G」へと高度化していく見込みとなっている。2030年には現在の「5G」と比較してアクセス速度と同時接続数は10倍、コア通信速度は100倍が目標とされており、5Gの特徴である超高速、大容量、超低遅延、超多数同時接続に加えて、自律性、拡張性、超安全・信頼性、超低消費電力が求められている。
  • この強靭かつセキュアなICTインフラの整備によりフィジカル空間とサイバー空間との間の情報のやり取りは飛躍的に増大する見込みとなっており、フィジカル空間とサイバー空間の一本化である「CPS(Cyber Physical System)」が進展することで現実社会の物理的なやり取りがサーバー空間でデジタルデータとして再現され、これらのデジタルデータは「AI」により活用、解析されることとなる。
  • 「5G」に加えて「8K」「AI」もこれらの環境を進展させるコア技術であり、今後は「8K」を活用した製品の市場形成や「5G」と「8K」技術とともに「AI」を活用した製品/サービスが多く登場するものと期待されている。まずは2025年に開催が予定されている「大阪万博」でこれらの取り組みの成果が「Beyond 5G ready ショーケース」として発表される計画となっている。
  • BtoCでの「8K」市場の拡大には世の中に流通する映像コンテンツの標準画質を上げ、付加価値を向上させていく必要がある。特にTV放送、動画配信サービス、動画サイト、映像伝送サービス、ゲームなどの標準画質の向上は「8K」普及につながる要因となる。BtoBでの「8K」利用としては、医療、監視、デザイン/シミュレーション用途などが有望とされているが、2030年には幅広い用途・展開が期待されている。
  • 「4K」「8K」など高解像度化が進む一方で、高画質化に重点を置く企業も多く、用途や環境によって使い分けが進むとみられている。また、「AI」を活用することで「リッチコンテンツ」をより短期間で制作ができる環境も整備されていく。
  • 本市場調査資料は、「8K」により一層多様化/高度化する高精細映像技術、高速通信技術が活用される機器/デバイス市場および「5G」の普及により一層高解像度ニーズが高まっている業界/用途市場の動向/将来性を調査/分析することで、参入企業各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作した。
−調査目的−
  • 本市場調査資料は高解像度化、5G対応等が進む関連機器22品目、デバイス8品目について、市場規模推移、メーカー動向、機能/技術トレンドをまとめた。また、業界/用途14品目における5G/8Kの位置付け、参入企業/ユーザー動向、普及に向けた課題/問題点、業界/市場の方向性などを調査/分析することで、参入企業各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的とした。
−調査対象−
調査対象対象品目
A. 機器市場 22品目 A-1. 業務用モニター
A-2. 医療用モニター
A-3. 放送用モニター
A-4. PCモニター
A-5. TV
A-6. ビジネスプロジェクター
A-7. ホームプロジェクター
A-8. スマートフォン
A-9. タブレット端末
A-10. ノートPC
A-11. HMD
A-12. 据え置き型ゲーム機
A-13. AVアンプ
A-14. ホームシアターシステム
A-15. ドローン
A-16. カーナビゲーションシステム
A-17. アクションカム
A-18. 業務用ビデオカメラ
A-19. 監視カメラ
A-20. 外科内視鏡
A-21. IoTゲートウェイ
A-22. STB
B. デバイス市場 8品目 B-1. 大型ディスプレイ
B-2. 中小型ディスプレイ
B-3. 通信ケーブル(光ケーブル)
B-4. コネクター
B-5. セルラーモジュール
B-6. GPU
B-7. イメージセンサー
B-8. モバイルレンズユニット
C. 業界/用途市場 14品目 C-1. 医療/ヘルスケア
C-2. 監視/セキュリティ
C-3. 自動車/モビリティ
C-4. 工場
C-5. 農業
C-6. 建築/不動産
C-7. TV放送/動画配信サービス
C-8. 動画サイト/映像伝送サービス
C-9. ゲーム/アミューズメント
C-10. デザイン/シミュレーション
C-11. インフラ/防災
C-12. 教育
C-13. デジタルサイネージ
C-14. デジタルシネマ
−調査項目−
A. 機器市場
1. 対象定義/市場概況
2. 市場規模推移と予測(2020年実績〜2026年/2030年予測:出荷数量/出荷金額)
3. メーカーシェア(出荷数量:2020年/2021年)
4. 有望用途/アプリケーションおよびターゲット
5. 地域別市場(出荷数量:2020年/2021年/2025年)
6. 最新技術/機能トレンド
7. 5G通信を活用した8K普及に向けた問題点/課題
8. 主要参入企業の事業展開
9. 今後の方向性
B. デバイス市場
1. 対象定義/市場概況
2. 市場規模推移と予測(2020年実績〜2026年/2030年予測:出荷数量/出荷金額)
3. メーカーシェア(出荷数量:2020年/2021年)
4. 用途別ウェイト(出荷数量:2020年/2021年)
5. 地域別市場(出荷数量:2020年/2021年/2025年)
6. 最新技術/機能トレンド
7. 5G通信を活用した8K普及に向けた問題点/課題
8. 主要参入企業の事業展開
9. 今後の方向性
C. 業界/用途市場
1. 対象定義/市場概況
2. 業界構造
3. 業界/用途における5G/8Kの位置付け
4. 関連ビジネス/サービス市場規模推移と予測(2020年実績〜2026年/2030年予測)
5. 価格動向(2021年第3四半期)
6. 参入企業動向
7. 先進ユーザー事例
8. 海外動向
9. 普及に向けた問題点/課題
10. 業界/市場の方向性
−調査項目−
I. 総括編(1)
1. 調査総括(3)
2. 5G/8Kの現状(5)
1) 5Gの現状(5)
2) 8Kの現状(8)
3. 関連機器/デバイス市場規模推移(10)
1) 機器/世界市場(10)
2) 機器/国内市場(16)
3) デバイス/世界市場(22)
4. 業界/用途動向(23)
1) 調査対象業界/用途別コンテンツ活用状況(23)
2) 先進ユーザー事例(26)
3) 5G/8K普及に向けた問題点/課題(27)
4) 5G通信を活用した8K普及の可能性(28)
5) 8K化の方向性、有望用途/コンテンツ(31)
5. TV放送/動画配信サービス市場動向(33)
1) TV放送/動画配信サービス総括(33)
2) 地上デジタル放送(35)
3) 衛星放送(37)
4) CATV(39)
5) 動画配信サービス(41)
6) TV放送/動画配信サービスの方向性(44)
6. CATV事業者(地域DX事業者)における5G/8Kビジネスに対する取り組み(45)
1) 近年の展開(45)
2) 2030年に向けた展開(46)
7. 映像制作関連技術動向(47)
1) 敵対的生成ネットワーク(Generative Adversarial Networks:GAN)(47)
2) 映像符号化技術(49)
3) CG制作(51)
4) AI(52)
8. サウンド関連技術動向(53)
1) 主要サウンド関連技術の現状(53)
2) 今後の方向性(54)
9. 5G/8K市場を取り巻く環境(55)
1) 関連省庁の動向(55)
2) 通信インフラ(59)
3) TV普及台数(61)
4) スマートフォン/タブレット端末普及台数(64)
5) 基地局数(65)
10. 8K映像普及に向けた問題点/課題(66)
1) 機器(66)
2) デバイス(68)
3) 課題解決におけるアプローチ(69)
11. 5G時代の8K映像ビジネスの将来展望(70)
1) 関連機器市場予測(世界市場)(70)
2) 5G/8Kビジネスの有望業界/用途/コンテンツ(73)
II. 個別市場編(75)
A. 機器市場(77)
A-1. 業務用モニター(79)
A-2. 医療用モニター(85)
A-3. 放送用モニター(90)
A-4. PCモニター(95)
A-5. TV(100)
A-6. ビジネスプロジェクター(106)
A-7. ホームプロジェクター(111)
A-8. スマートフォン(116)
A-9. タブレット端末(122)
A-10. ノートPC(128)
A-11. HMD(134)
A-12. 据え置き型ゲーム機(139)
A-13. AVアンプ(144)
A-14. ホームシアターシステム(150)
A-15. ドローン(156)
A-16. カーナビゲーションシステム(161)
A-17. アクションカム(166)
A-18. 業務用ビデオカメラ(171)
A-19. 監視カメラ(176)
A-20. 外科内視鏡(181)
A-21. IoTゲートウェイ(186)
A-22. STB(190)
B. デバイス市場(195)
B-1. 大型ディスプレイ(197)
B-2. 中小型ディスプレイ(202)
B-3. 通信ケーブル(光ケーブル)(207)
B-4. コネクター(210)
B-5. セルラーモジュール(215)
B-6. GPU(219)
B-7. イメージセンサー(222)
B-8. モバイルレンズユニット(225)
C. 業界/用途市場(229)
C-1. 医療/ヘルスケア(231)
C-2. 監視/セキュリティ(234)
C-3. 自動車/モビリティ(237)
C-4. 工場(241)
C-5. 農業(244)
C-6. 建築/不動産(248)
C-7. TV放送/動画配信サービス(251)
C-8. 動画サイト/映像伝送サービス(256)
C-9. ゲーム/アミューズメント(260)
C-10. デザイン/シミュレーション(263)
C-11. インフラ/防災(267)
C-12. 教育(270)
C-13. デジタルサイネージ(275)
C-14. デジタルシネマ(279)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
5G時代の映像伝送技術/8Kビジネスの将来展望 2022

頒価
176,000円(税抜 160,000円)

発刊日
2021年11月12日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
282ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-954-2

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 352,000円(税抜 320,000円)
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      頒価 209,000円(税抜 190,000円)
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ