◆最新マルチクライアント調査レポート:2021年10月26日発刊

2021 LiDAR・3Dセンシングと有望用途の市場分析・将来展望

自動運転レベル3へのシフトにより開発が活発化する自動車用LiDARとARやIoT分野に広がる3Dセンシングテクノロジーの市場を徹底分析調査
−はじめに−
  • 3Dセンシング技術は従来産業分野を中心に採用されていたが、近年民生分野、自動車分野などでも徐々に広がりを見せている。
  • スマートフォンでは、「iPhone」をはじめとしたハイエンドモデルにおいて、顔認証やカメラの付加価値向上、AR用途に向けて採用が進んでいる。自動車分野ではレベル3に対応した自動車の投入が始まり、自動運転を実現するキーデバイスの一つであるLiDARの搭載が進みつつある。産業分野では、製造ラインなどにおいて3Dセンシング技術の活用がみられるが、物流市場の拡大やCOVID-19感染拡大などの影響により省人化ニーズが高まっており、自律走行ロボットやピック&プレース、計測などの用途で実用化が始まっている。
  • 技術的な背景として、レーザーやセンサーをはじめとするデバイス技術の進化が挙げられる。レーザーでは小型化や高出力化などが進んでいる。センサーでは高感度化、高解像度化、耐光性向上などが進んでいる。このほか、光を制御する光学部品などの進化も著しい。太陽光などの影響を受けにくい長波長領域の開発も注目されており、新規材料の採用や市場立ち上がりが期待される。
  • 一方で、3Dセンシングの普及に重要なアプリケーションの開発が大きな課題となっている。スマートフォンではARやボケ効果付与を行うためのフォーカス制御がキラーアプリケーションとみられるが、アプリケーションのラインアップが少なく、ビジネスモデルも確立していないため搭載率は高まっていない。自動車におけるLiDARも、レベル2の自動運転車ではLiDARは過剰機能の側面もあり、小型化や性能向上とともに、レベル3への移行が待たれるところである。
  • 本マルチクライアント特別調査報告書では、本格的な市場の立ち上がりを控えたLiDARをはじめとする3Dセンシングに関わるアプリケーション機器・システム、モジュールや光学部品などの関連部材に注目し、3Dセンシングの搭載状況と今後の見通しを明らかにした。
  • 関連各社が事業戦略を立案/展開されるにあたり、本特別調査報告書を役立てていただけることを切に望むものである。
−調査目的−
  • 自動車やスマートフォン、ヘッドマウントディスプレイ・スマートグラス、ドローン、AGV、産業分野などに向けて普及が進んでいる3Dセンシング技術について、モジュールやデバイスの市場動向や技術動向などを網羅的、総合的に調査・分析することで、当該市場における事業展開に有益な情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
調査対象品目
アプリケーション6品目自動車、スマートフォン、ヘッドマウントディスプレイ・スマートグラス、ドローン、AGV、産業分野
モジュール4品目自動車用LiDAR、産業用LiDAR、産業用ToFカメラ、民生用小型3Dモジュール
デバイス8品目EEL、VCSEL、ToFセンサー、イメージセンサー(グローバルシャッター)、LiDAR用受光デバイス、拡散板・DOE、光学フィルター、光学レンズ
合計18品目
−調査項目−
アプリケーション
1) 製品概要/定義
2) 3Dセンシング技術の搭載の現状と背景
3) 市場環境と3Dセンシングへの影響
4) ワールドワイド市場動向
(1) 市場概況
(2) 市場規模推移・予測
(3) タイプ別ウェイト
5) 3Dセンシングの搭載状況と将来予測
(1) 3Dセンシングの方式別搭載台数
(2) 注目用途および普及予測
6) メーカー動向
(1) 主要参入メーカーおよび動向
(2) メーカーシェア
(3) 主要参入企業
モジュール/デバイス
1) 製品概要/定義
2) 3Dセンシングにおける当該デバイスの搭載箇所・役割
3) 製品ロードマップ
4) ワールドワイド市場動向
(1) 市場概況
(2) 市場規模推移・予測
(3) 価格動向(2021年Q4時点)
5) 用途動向
(1) 主要用途と普及状況
(2) 用途別ウェイト
6) タイプ別ウェイト
7) メーカー動向
(1) 主要参入メーカーおよび動向
(2) メーカーシェア(数量ベース)
(3) メーカーシェア(金額ベース)
8) サプライチェーン
−調査項目−
1.0 総括(1)
1.1 3Dセンシングの全体動向(2)
1.2 3Dセンシング関連製品別市場規模推移・予測(4)
1.3 3Dセンシングの方式別特長と構成(6)
1.4 アプリケーション別3Dセンシングの搭載動向(11)
1.5 自動車用LiDARの方式別市場動向と注目企業(15)
2.0 アプリケーション(21)
2.1 自動車(22)
2.2 スマートフォン(28)
2.3 ヘッドマウントディスプレイ・スマートグラス(34)
2.4 ドローン(39)
2.5 AGV(44)
2.6 産業分野(48)
3.0 モジュール(55)
3.1 自動車用LiDAR(56)
3.2 産業用LiDAR(62)
3.3 産業用ToFカメラ(68)
3.4 民生用小型3Dモジュール(75)
4.0 デバイス(81)
4.1 EEL(82)
4.2 VCSEL(87)
4.3 ToFセンサー(92)
4.4 イメージセンサー(グローバルシャッター)(98)
4.5 LiDAR用受光デバイス(104)
4.6 拡散板・DOE(107)
4.7 光学フィルター(113)
4.8 光学レンズ(117)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2021 LiDAR・3Dセンシングと有望用途の市場分析・将来展望

頒価
660,000円(税抜 600,000円)

発刊日
2021年10月26日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
119ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 726,000円(税抜 660,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ