◆最新マルチクライアント調査レポート:2021年10月22日発刊

2021 IoT/M2Mにおける情報セキュリティビジネス市場の将来展望

IoT/M2M活用により進展するDXに向けたセキュリティビジネスのトレンド分析
−調査の背景−
  • IoT/M2M活用をベースとしたDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが本格化している。特にコロナ禍においては、非接触、無人化/省人化など新たな事業形態への対応としてIoT化の進展が急速に進んでいる。こうしたIoTによるDXへの取り組みについても、これまでセキュリティ脅威とされていなかったさまざまな「モノ」「システム」がセキュリティ脅威にさらされるため、IoTセキュリティへの対応などその対策の必要性はこれまで以上に高まっている現状がある。
  • また、5Gサービスやローカル5Gなどの高速モバイル通信サービスの開始により、重要インフラやシステムにおける遠隔操作などの取り組みも進められ、ニューノーマルとしてのビジネスモデルなどの構築が急がれている。このようなニューノーマルでのビジネスモデルにおいてもシステムの安全性や堅牢制を確保するためのセキュリティ対策が求められる。
  • 5回目となる本マルチクライアント特別調査企画では、DX化が進展するなかでのIoTセキュリティリスクや業界規制などを踏まえたIoTセキュリティ対策市場の動向分析、IoTセキュリティ対策を実現するセキュリティ製品/サービスの個別市場分析、当該ビジネスに関連するセキュリティベンダーの戦略について調査、分析を継続的に行うことで、今後のIoTセキュリティビジネスの方向性を明確化し、IoTセキュリティ市場の現状と将来展望を明らかにすることを目的としている。
    調査のポイント
    • 業界ごとのセキュリティ対策の状況、市場トレンド、ベンダー/ユーザー連携などを調査
    • IoTセキュリティ対策製品/サービスの市場動向、市場有望性の分析
    • IoTセキュリティ対策を実現する最新セキュリティ技術の動向を調査
    • セキュリティ機能の搭載が進められる注目機器/IoTデバイスの分析
    • ニューノーマル、DXにおけるIoTセキュリティの適用分野と需要動向分析
−調査対象/ポイント−
1) 調査対象業界(予定)
業界ポイント
製造業ファクトリーデジタル化が進展するICS(制御システム)セキュリティの最新動向を調査。
プロダクトIoTデバイス、産業機器などにおけるセキュリティ実装の動向について調査。
自動車
(コネクテッドカーセキュリティ)
OEMやTier1とセキュリティベンダーの協業が相次ぐ自動車業界の動向、セキュリティ対策トレンドを調査。
社会インフラ電力/ガス/
水道
制御監視機器/システムにおけるセキュリティ対策状況、スマートメーター、IoT監視などによるセキュリティリスク、2020に向けたトレンド分析など。
交通/運輸スマート交通、制御監視機器/システム、MaaS、自動化におけるセキュリティ対策動向を調査。
ビル/
都市インフラ
ビル管理システムにおけるセキュリティ対策の動向、スマートシティの実現に向けたセキュリティ対策状況を調査。
その他流通/サービス、医療、金融などを中心に最新動向を調査。
  • 対象業界のセキュリティ対策状況やトレンド、ロードマップ、ユースケース調査
  • 業界ごとのセキュリティリスク、規制動向、有望製品/サービス動向分析調査
  • セキュリティベンダーの戦略動向、異業種とのアライアンス状況を調査
2) 調査対象製品/サービス(予定)
カテゴリー製品/サービス名
サービスIoTセキュリティコンサルティング/アセスメントサービス
IoTデバイス脆弱性診断サービス
脆弱性自動解析プラットフォーム
セキュリティ監視サービス
製品データダイオード
産業用IPS(可視化、監視、ネットワーク検知)
UTM
ホワイトリスト/組み込みセキュリティ
USBセキュリティ
電子認証/暗号化
3) 調査対象企業(予定)
カテゴリー企業名
セキュリティ
ベンダー
5社アラクサラネットワークス、エントラストジャパン、カスペルスキー、サイバートラスト、シスコシステムズ、ジュニパーネットワークス、トレンドマイクロ、日本マイクロソフト、フォーティネット、マカフィー、その他
セキュリティ
ソリューション
ベンダー
10社〜15社アイビーシー、アズジェント、伊藤忠テクノソリューションズ、インフォセック、SCSK、NRIセキュアテクノロジーズ、NTTセキュリティ、NTTコミュニケーションズ、オプテージ、KDDI、KDDIデジタルセキュリティ、ソフトバンク、シーイーシー、シーメンス、日鉄ソリューションズ、大日本印刷、テリロジー、凸版印刷、東芝情報システム、東芝デジタルソリューションズ、東京エレクトロンデバイス、日本電気、ネットワングループ、パナソニック、日立システムズ、日立製作所、日立ソリューションズ、富士ソフト、富士通、ベリサーブ、丸紅情報システムズ、三菱電機、マクニカネットワークス、横河電機/横河ソリューションズ、ラック、YE DIGITAL、その他
−調査項目−
A:総括編
1) IoTセキュリティ市場規模推移(2019年〜2022年/2025年予測)
2) 業界別IoTセキュリティ市場分析
3) IoTデバイスにおけるセキュリティ対策状況、方向性
4) IoTセキュリティ製品/サービス市場分析
5) 主要セキュリティベンダーの動向、ポジショニング
6) DX、ニューノーマルなどに対するセキュリティビジネス動向
7) 政府指針、ガイドライン、規制の動向
8) 5G、LPWAの台頭によるセキュリティビジネスへの影響
9) 最新IoTセキュリティ技術の研究開発動向
B:業界動向編
1) 業界別IoTセキュリティ市場規模推移(2019年〜2022年/2025年予測)
2) IoTへの取り組みおよびIoTの進展によるリスク
3) 有望セキュリティ製品/サービス分析
4) 主要ベンダーの取り組み
5) ベンダーとユーザーのアライアンス状況など
6) 政府指針、ガイドライン、規制の動向
7) ユースケース(DX/ニューノーマルにおけるIoTセキュリティの活用事例、導入イメージ)
C:製品/サービス市場編
1) 製品/サービス定義
2) 参入プレーヤーにおけるマーケティング動向
3) 市場規模推移(2019年〜2022年/2025年予測)
4) 市場シェア(2020年実績、2021年見込)
5) 需要先(用途別)市場分析
6) 主要提供製品/サービス一覧
D:セキュリティベンダー/セキュリティソリューションベンダー
1) 企業プロフィール
2) 主要提供製品/サービス
3) 売上実績(2020年実績、2021年見込、2022年予測)
4) ターゲット業界、需要性に関する見解
5) 推進体制(社内、社外:アライアンス状況など)
6) IoTセキュリティの活用分野(業界別/DX、ニューノーマルにおけるIoTセキュリティの活用分野)
7) 今後の製品/サービス開発、事業展開の方向性
8) 市場に対する見解
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2021 IoT/M2Mにおける情報セキュリティビジネス市場の将来展望

頒価
660,000円(税抜 600,000円)

発刊日
2021年10月22日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
180ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 726,000円(税抜 660,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ