◆最新市場調査レポート:2021年03月09日予定

2021 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

エレクトロニクス製品のメーカー別・国別生産状況、地域別需要動向を一望できる完全データブック
−調査の背景−
  • 2020年のエレクトロニクス製品市場は、COVID-19の世界的な感染拡大、前年から続く米国・中国間の貿易摩擦により、生産台数に大きな影響を受けた。特にCOVID-19の感染拡大により、ロックダウンを実施した地域で生産されていた製品については、前年からマイナス成長となった。
  • 製品別には、スマートフォンや自動車市場がマイナス成長に転じた。スマートフォンでは5G対応製品の2020年の普及開始が計画されていたが、COVID-19の感染拡大により生産計画の下方修正が行われたことで、本格普及は2021年以降に後ろ倒しとなった。2021年以降は、依然として5G通信インフラの急拡大が期待されており、これに紐づく通信モジュールなどのデバイスも市場拡大が期待されている。
  • 一方、COVID-19の感染拡大の影響を受けて巣ごもり需要が拡大したことより、ノートPCやゲーミングPC(ノートPC内数)、タブレットなどの市場が需要増で推移した。2020年Q4には「PlayStation 5」が発売され、2021年はゲーム機市場もプラス成長となる見込みである。
  • 米中貿易摩擦の影響としては、スマートフォンおよび基地局市場が大きな影響を受けている。両製品はいずれもHuaweiが高いシェアを占める市場であるが、同社は米国の制裁対象となっていることにより、今後計画通りの生産を行えなくなる可能性が高い。Huaweiに代わるメーカーが代替するのか、Huaweiが自社内製で生産体制を強化していくのかが注目されている。また、米国大統領選挙の結果も米中貿易摩擦の今後の動向に大きな影響を与えるとみられ、市場規模の予測を行う重要なファクターになるとみられる。
  • 本市場調査資料は、主要エレクトロニクス製品・部品の市場動向およびメーカー別国別生産実績を把握し、地域別需要を分析した上で中期的な市場予測を行うことを目的とする。
    調査のポイント
    • 日系メーカー、海外ローカルメーカーによるエレクトロニクス製品の生産状況を詳細に把握する。
    • 新規品目として、空気清浄機、ビデオ会議システムの2品目を追加する。
    • 新規調査項目として、COVID-19による市場動向への影響をまとめる。
    • 主要機器におけるOEM/ODMの生産委託関係、2020年の見込みを明らかにする。
    本市場調査資料では上記4点にフォーカスした調査を行い、エレクトロニクス製品の将来展望を分析することを目的とします。また、エクセルのデータベース(ピボットテーブル)を有償にてご提供させていただきます。
−調査対象品目−
印は2021年版で追加予定の新規品目です。
下線のない品目は6ページ(Aフォーマット)、下線のある品目は2ページ(Bフォーマット)でのアウトプットとなります。
AV機器
1. LCD TV
2. OLED TV
3. コンパクトDSC
4. デジタル一眼カメラ
5. カムコーダー
6. DVD/Blu-rayプレーヤー
7. DVD/Blu-rayレコーダー
8. 据置型ゲーム機
9. ヘッドマウントディスプレイ
10. スマートグラス
11. ワイヤレスヘッドフォン/イヤフォン
白物家電
1. ルームエアコン
2. 冷蔵庫
3. 洗濯機
4. 掃除機
5. 空気清浄機
情報通信機器・インフラ
1. スマートフォン
2. タブレット
3. ノートPC
4. PCモニター
5. サーバー
6. スマートスピーカー
7. スマートウォッチ/ヘルスケアバンド
8. フィーチャーフォン
9. デスクトップPC(All in One PCを含む)
10. マクロセル基地局
11. スモールセル基地局
OA機器/産業機器
1. 複写機/複合機
2. ページプリンター
3. インクジェットプリンター
4. ドローン
5. 監視カメラ
6. ビデオ会議システム
モビリティ/車載電装機器
1. 自動車
2. 次世代自動車(EV/HV/PHV/FCV)
3. 自動二輪車
4. カーオーディオ
5. カーナビゲーションシステム
6. ヘッドアップディスプレイ
7. 車載カメラ
8. ミリ波レーダー
9. ドライブレコーダー
ユニット製品・部品
1. 大型LCD
2. 中小型LCD
3. 大型有機ELディスプレイ
4. 中小型有機ELディスプレイ
5. 小型カメラモジュール
6. HDD
7. SSD
8. 光ピックアップ
9. 5G通信モジュール
都合により若干の品目変更を行う場合があります。
−調査対象企業−
アイリスオーヤマ、アルプスアルパイン、EIZO、オリンパス、キヤノン、京セラ、クラリオン、シャープ、JVCケンウッド、スズキ、セイコーエプソン、ソニー、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ、ダイキン工業、デンソー、デンソーテン、東芝、東芝ライフスタイル、トヨタ自動車、日産自動車、日本電気、ニコン、任天堂、パイオニア、パナソニック、日立グローバルライフソリューションズ、富士ゼロックス、富士通、富士通ゼネラル、富士フイルム、船井電機、ブラザー工業、ホシデン、本田技研工業、マツダ、三菱自動車工業、三菱電機、リコー、ほか
ACER、ALCO、ASUSTEK、AUO、BENQ、BYD、CELESTICA、COMPAL、CPT、DAEWOO、DELL、DELTA、ELECTROLUX、FLEX、FORD、FOXCONN、GALANTZ、GENERAL MOTORS、GODREJ、GREE、HAIER、HISENSE、HP、HYUNDAI MOTOR、INNOLUX、INVENTEC、JABIL、KONKA、LENOVO、LG DISPLAY、LG EL.、MIDEA、NOKIA、OPPO、PEGATRON、PHILIPS、QISDA、QUANTA、SAMSUNG EL.、SEAGATE、SHINCO、SIEMENS、TCL、THOMSON、VESTEL、VOLKSWAGEN、VIDEOCON、VIVO、WHIRLPOOL、WISTRON、XOCECO、ZTE、ほか
−調査対象地域−
1. 日本
2. 中国
3. アジア台湾、韓国、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インド、ベトナム、その他
4. 北米カナダ、米国
5. 中南米メキシコ、ブラジル、その他
6. 欧州西欧、東欧
7. その他中近東、トルコ、アフリカ、オーストラリア、その他
−調査項目(内容)−
印は2021年版で追加予定の新規項目です。
I. 総合分析
1. ワールドワイドエレクトロニクス全体市場概況
2. 製品分野別市場規模推移・予測(2019〜2026年)
3. 製品別地域別生産動向(2020年)
4. 製品別仕向け地動向(2020年)
5. 主要メーカー拠点動向
6. COVID-19による市場動向への影響
II. 製品別市場分析
Aフォーマット(6ページ)
1. 製品概要
2. 地域別生産動向と予測(2019〜2026年)
(日本、中国、アジア、北米、中南米、欧州、その他)
3. メーカー別地域別生産量(2020年)
開発拠点/拠点動向を併記
4. 生産メーカーシェア(2020年実績/2021年見込)
5. 仕向け地別動向と予測(2019〜2026年)
(日本、中国、アジア、北米、中南米、欧州、その他)
6. タイプ別生産動向(2019〜2026年)
7. COVID-19による市場動向への影響
Bフォーマット(2ページ)
1. 製品概要
2. 市場規模推移と予測(2019〜2026年)
3. 生産メーカーシェア(2020年実績/2021年見込)
4. タイプ別生産動向(2019〜2026年)
5. COVID-19による市場動向への影響
III. ブランドメーカー動向
1. ブランドメーカーシェア(2020年実績/2021年見込)
2. 主要セット機器のブランドメーカー生産委託状況(2020年実績)
集計データファイル(データ版)※1有償
1. エクセルデータ※2
(メーカー別地域別生産量2020年実績、製品別地域別生産動向、製品別地域別仕向け地動向)
2. URLリスト※3
※1 集計データファイルでは、エクセルのデータ(ピボットテーブル)を有償でご購入いただけます。集計データファイルのサンプルがございます。お問い合わせください。
※2 エクセルデータでは、各メーカーの製品別地域別生産量、地域ごとの製品別生産実績と予測、地域ごとの製品別仕向け地動向の実績と予測を抽出することが可能です。ぜひ、ご活用をご検討ください。
※3 URLリストは集計データファイルのみに収録いたします。
都合により若干の調査項目の変更を行う場合があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2021 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

頒価
150,000円+税

発刊日
2021年03月09日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
CD-ROM/集計ファイルセットのご案内
CD-ROM(PDF版)は資料と同じデータとなります。印刷は不可となっています。
集計データファイル(データ版)は、製品別/地域別/メーカー別生産量(2020年)、地域別需要動向/生産動向と予測(2018〜2026年)をピボットテーブルでデータベース化したものです。集計データファイル(データ版)に関する予約特典はございません。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税
      合計金額 180,000円+税

集計ファイルセットがあります(集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 50,000円+税
      合計金額 200,000円+税

PDF+集計ファイルセットがあります(PDFデータと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    PDF+集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 80,000円+税
      合計金額 230,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税 合計金額 180,000円+税
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ