◆最新マルチクライアント調査レポート:2020年12月18日予定

中国スマートフォンメーカーの5G製品戦略とキーデバイス動向

COVID-19下における中国メーカーの5Gスマートフォンの普及戦略、貿易摩擦や部品内製化で変化するデバイスサプライチェーンを徹底解説
−調査の背景−
  • COVID-19の影響により、2020年のスマートフォン市場は前年比大幅減となる見込みである。中でも中国スマートフォンメーカーはこの影響に加えて、米中貿易摩擦に伴うデバイスの輸入制限などもあり、とりわけ苦しい状況が予期される。
  • これらの問題を回避すべく、平時と比較した在庫の積み増しや各種デバイスの国産化への取り組み、サプライチェーンの再構築が進むなど動きが出てきている。
  • 特に今後スマートフォンの5G化が進展していく中でキーとなるのがRFデバイスとチップセットである。
  • 本マルチクライアント特別調査企画ではこれらのデバイスに着目し、今後の市場動向やサプライチェーン、5G端末向けの製品進化などについて調査を行う。また、メーカー視点では5G端末の設計思想やBCP的な観点から製造戦略をとらえていく。
−調査対象−
調査対象製品調査対象メーカー
スマートフォンHuawei、OPPO、vivo、Xiaomi
RFデバイスアンテナAmphenol、Laird Technologies、Partron、Pulse Electronics、Speed、Sunway Communication など
SAW/BAW、
その他フィルターデバイス
太陽誘電モバイルテクノロジー、村田製作所、Broadcom、Maxscend Microelectronics、RF360、Shoulder Electronics、Skyworks、Qorvo、Wisol など
LNA/PA村田製作所、Analog Devices、Broadcom、Infineon Technologies、NXP Semiconductors、Qorvo、RF360、Skyworks など
RFモジュール村田製作所、Broadcom、Qorvo、RDA Microelectronics、RF360、Skyworks など
RFICQualcomm、MediaTek、Samsung El.、HiSilicon Technology、Unisoc Communications など
PMIC
CPU
AiP
−調査項目−
1. 総括
1) スマートフォン世界市場および中国市場の見通し
(1) スマートフォン業界を取り巻く2020年問題
(2) スマートフォン市場規模推移(2019年実績〜2025年予測)
2) 中国スマートフォン業界を取り巻く環境の変化
(1) COVID-19による中国内需、輸出への影響
(2) 米中貿易摩擦による部品調達リスクの顕在化、中国メーカーによる内製化
3) 中国における5Gスマートフォンの普及
(1) 中国におけるLTE/5G採用周波数帯
(2) スマートフォンにおけるミリ波通信対応時期
(3) リファーミングバンド(LTE→5G)の利用
4) 中国メーカー各社の5Gスマートフォンに関する戦略
(1) 5G(Sub6/ミリ波)スマートフォンの出荷台数推移
(2) 5Gスマートフォンの注力価格帯とブランド戦略
(3) 他社との差別化戦略、5G関連トピックス
5) 5G通信対応に伴うRFの変化、デバイスメーカーの戦略
(1) アンテナ
(2) SAW/BAW/その他フィルターデバイス
(3) LNA/PA
(4) RFモジュール
(5) AiP
(6) CPU(PMIC、RFIC含む)
2. スマートフォンメーカー事例編(対象メーカー:Huawei、OPPO、vivo、Xiaomi)
1) フェースシート
2) 価格帯別主要製品ラインアップ(2020年Q3段階)
3) 5Gスマートフォンの製品戦略
4) スマートフォン出荷台数推移(2019年実績〜2025年予測)
5) 5G(Sub6/ミリ波)スマートフォン出荷台数推移(2019年実績〜2025年予測)
6) 出荷地域別ウェイト(2019年実績/2020年見込)
7) 価格帯別ウェイト(2019年実績/2020年見込)
8) 自社生産/生産委託比率の変化(2019年実績/2020年見込)、部材選定権の所在
9) 部材採用動向、調達リスクについての考え方
3. RFデバイス市場編
1) 製品概要
2) 参入メーカー一覧
3) 中国メーカーによる国産化動向(商用化に向けたスケジュール、納入関係など)
4) 市場規模推移(2019年実績〜2025年予測)
5) メーカーシェア(2019年実績/2020年見込)
6) サプライチェーン(2020年Q3段階)
7) 製品ロードマップ
8) 中国メーカーの部材調達リスク
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
中国スマートフォンメーカーの5G製品戦略とキーデバイス動向

頒価
600,000円+税

発刊日
2020年12月18日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
150ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 60,000円+税
      合計金額 660,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ