◆マルチクライアント調査レポート:2020年09月15日発刊

プロジェクター市場の徹底分析総調査(2020年版)

フロントプロジェクター製品/デバイス/解像度/輝度/光源別市場動向、参入企業の事業展開、新型コロナウイルスの生産/販売への影響を含めた市場実態/将来展望
−はじめに−
  • 弊社ではプロジェクター市場に着目し、毎年定期的な市場調査を実施しており、本マルチクライアント特別調査企画は本年で28回目となる。
  • フロントプロジェクター市場の中核を占めるビジネスプロジェクターは、一般企業における会議/プレゼンテーション機器や、教育機関における教育用機器として定着し、安定した需要を形成してきたが、日本を含めた先進国において、普及率上昇による新規ユーザー/需要の縮小に加え業務用FPD(フラットパネルディスプレイ)の大画面/低価格化による競合/需要シフトが進み、数量ベースでの世界市場は2017年に減少に転じた。
  • ホームプロジェクター市場は、ビジネスプロジェクターと比較すると先進国を含めた新規需要は依然として残っているものの、4K-TVの大画面/低価格化、ポケットプロジェクターの高輝度化/低価格化などによるエントリー層(新規ユーザー)における競合が激化し需要は伸び悩みつつある。また、中国ローカルメーカー/ブランドの台頭により、近年、急速に市場が拡大したポケットプロジェクター(モバイル型/ポケット型)であるが、販売単価も安く価格競争が厳しいことから、主要メーカー/ブランドにおける注力度は低くなっている。
  • アジアや中東/アフリカなど新興国を中心に政府主導による各教室への導入/整備や、普及率の低い一般企業、さらにコンシューマー向けなど新規需要は依然として残る国/地域もみられるが、先進国での市場拡大は厳しい状況にあった。さらに2020年には新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、当該市場にも大きな影響を与えている。
  • その中で参入メーカー各社は、高輝度/高解像度化、固体光源採用による製品化の拡充など、高付加価値製品の強化/拡販により、販売単価/売上の維持/向上を図っている。また、OS搭載やソフト/オプションを含めたソリューション提案による新たな用途/ユーザー開拓などを進めている。特に加速している固体光源化において、市場の中心であるビジネスプロジェクターでは、高輝度製品/短焦点製品に加えて、今後はモバイル製品での製品化が見込まれているほか、光源別ではレーザー光源の採用が主流となる中で、LED光源による製品化/参入ブランドも増加している。
  • 引き続き大画面ニーズに対応する形で一定の需要を形成していくことが予測されているものの、業務用FPDに加えて、用途/設置環境によっては狭ピッチ化/低価格化が進むフルカラーLEDディスプレイとの競合も徐々に生じている。さらに、コロナ禍において会議/生活スタイルが変化している中で、新機能搭載などによる他のディスプレイとの差別化が期待される。
  • 本マルチクライアント特別調査企画は、フロントプロジェクター各製品別の市場動向のほか、主要参入企業の事業展開および主要デバイス市場について調査/分析した。国内市場編・世界市場編の2構成とし、国内市場編は、各製品別の国内市場詳細調査および日系メーカー(一部海外ブランドの日本法人)の事業展開(12社)を、世界市場編では、国内市場編に加えて、世界市場動向および海外メーカー/ブランドの事業展開(8社)をまとめた。本マルチクライアント特別調査企画は参入各社における今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的に制作した。
−調査対象−
1. 調査対象品目
フロントプロジェクター製品別ビジネスプロジェクター重量1.5kg以上、輝度1,000ルーメン以上。会議/プレゼンテーション用、教育用を主体とした製品。
ホームプロジェクターホームシアター用途を主ターゲットとしたワイドパネル採用シアター専用機。
ポケット
プロジェクター
モバイル型重量300g以上1.5kg未満。
ポケット型重量300g未満。
その他演出/照明用プロジェクター、プロジェクター付きシーリングライト
デバイス(パネル)別
  • LCD方式(液晶)
  • DLP方式(DLP単板式/2板式/DLP3板式)
  • LCOS方式(反射型液晶)
光源別
  • ランプ光源(高圧水銀/キセノン)
  • 固体光源(LED/ハイブリッド/レーザー)
主要デバイス
世界市場対象
光源分類:高圧水銀/キセノン/LED/レーザー
フロントプロジェクター向け
投写レンズユニットビジネスプロジェクター/ホームプロジェクター向け
競合製品
世界市場対象
業務用FPD業務用FPD(30インチ以上対象、医用画像ディスプレイ/放送局用モニターなど専用機器除く)
フルカラーLED
ディスプレイ
LED方式のディスプレイのうち、256階調/1,677万色以上対応のフルカラーLEDディスプレイを対象(3色タイプのLEDディスプレイは対象外)
2. 調査対象企業
A. 国内市場編:12社
B. 世界市場編:8社
−調査項目−
国内市場編:個別企業編
1. プロジェクター事業概要
2. 製品概要
3. 製品/方式別販売規模推移(2018〜2019年度実績/2020年度見込:数量/金額)
4. 販売形態(自社ブランド/他社OEM供給)
5. 地域別販売動向 自社ブランド対象
6. 製品別販売動向 自社ブランド対象(国内+海外販売)
7. 国内販売動向 自社ブランド対象
8. OEM調達/供給先動向
9. 今後の事業展開
世界市場編:個別企業編
1. プロジェクター事業概要(製品ラインアップ/製品一覧)
2. 販売動向(製品/方式別、製品/解像度別、ビジネスプロジェクター:短焦点/タイプ別、固体光源モデル/光源別、エリア別)
3. 生産動向
ブランド:生産委託/OEM調達先
メーカー:自社生産拠点/体制、OEM供給先
4. 今後の事業展開(製品化の方向性/プロジェクター事業の方向性)
−目次−
国内市場編(1)
I. 総括・分析編(2)
1. プロジェクター国内市場概況(3)
1) フロントプロジェクター製品分類/調査対象(3)
2) 市場規模推移/予測(3)
3) 市場概況(3)
2. フロントプロジェクター国内市場規模推移と予測(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(4)
3. 調査対象12社のプロジェクター事業規模比較(2019/2020年度:金額)(5)
4. 製品別メーカーシェア(2019年度:数量)(6)
1) 総販売 国内市場+調査対象日系メーカー10社の海外販売(6)
2) 国内(国内市場)(7)
3) 海外(調査対象日系メーカー10社の海外販売)(8)
5. ビジネスプロジェクター市場動向(9)
1) 国内市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(9)
2) ブランドシェア(2019年度:数量/金額)(10)
3) デバイス別市場動向(11)
4) 解像度別市場動向(15)
5) 輝度別市場動向(19)
6) 価格帯別市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(25)
7) 短焦点モデル市場動向(28)
8) 需要先/用途別市場動向(30)
9) 日系メーカーの海外販売動向(33)
6. ホームプロジェクター市場動向(36)
1) 国内市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(36)
2) ブランドシェア(2019年度:数量/金額)(37)
3) デバイス別市場動向(38)
4) 解像度別市場動向(40)
5) 輝度別市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量)(43)
6) 価格帯別市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(44)
7) 日系メーカーの海外販売動向(45)
7. ポケットプロジェクター市場動向(48)
1) 製品別国内市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(48)
2) ブランドシェア(49)
3) デバイス別市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(50)
4) 輝度別市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量)(51)
8. 演出/照明用プロジェクター市場動向(52)
1) 国内市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量/金額)(52)
2) メーカーシェア(2019年度:数量/金額)(52)
9. 競合ディスプレイ市場動向(53)
1) 業務用FPD市場動向(53)
2) フルカラーLEDディスプレイ市場動向(56)
3) 業務用ディスプレイ(映像機器)間の競合/すみ分け(58)
10. 主要デバイス市場動向(59)
1) 光源市場動向(59)
2) 投射レンズユニット市場動向(61)
3) 主要デバイスの供給関係(62)
11. 固体光源モデル市場動向(63)
1) 固体光源モデルの国内市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量)(63)
2) 製品/光源別国内市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度年度:数量)(64)
3) 固体光源モデルにおけるブランドシェア(2019年度:数量)(65)
4) ビジネスプロジェクター/輝度別固体光源モデル市場規模推移(2018年度〜2025/2030年度:数量)(66)
12. フロントプロジェクター市場予測(67)
1) 輝度/製品別市場予測(67)
2) 固体光源モデル市場予測(67)
II. 個別企業編(12社)(68)
世界市場編(183)
I. 総括・分析編(184)
1. フロントプロジェクター世界市場規模推移(2018年〜2025/2030年:数量/金額)(185)
2. 調査対象企業の事業比較(186)
3. 地域別市場概況(187)
4. 新型コロナウイルスがフロントプロジェクター市場に与える影響(188)
5. ビジネスプロジェクター市場動向(190)
1) デバイス別市場動向(190)
2) 地域別市場動向(195)
3) 解像度別市場動向(201)
4) 輝度別世界市場規模推移(2018年〜2025/2030年:数量)(204)
5) 世界の教育機関向け市場動向(205)
6) デジタルシネマプロジェクター市場動向(206) 7) 短焦点モデル市場動向(207)
6. ホームプロジェクター市場動向(209)
1) デバイス別市場動向(209)
2) 地域別市場動向(213)
3) 解像度別市場動向(217)
7. ポケットプロジェクター市場動向(220)
1) 製品別世界市場規模推移(2018年〜2025/2030年:数量/金額)(220)
2) ブランドシェア(2019年:数量)(221)
3) 地域別世界市場規模推移(2018年〜2025/2030年:数量/金額)(222)
8. 固体光源モデル市場動向(223)
1) 固体光源モデルの世界市場規模推移(2018年〜2025/2030年:数量)(223)
2) 製品/光源別世界市場規模推移(2018年〜2025/2030年:数量)(224)
3) 固体光源オデル市場におけるブランドシェア(2019年:数量)(226)
4) ビジネスプロジェクター/輝度別固体光源モデル世界市場規模推移(2018年〜2025/2030年:数量)(227)
9. 生産動向(228)
1) 主要メーカーの生産拠点(228)
2) 主要メーカー/ブランドの供給/調達先(229)
10. フロントプロジェクターのOEM供給図 2020年8月時点(230)
II. 個別企業編(8社)(231)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
プロジェクター市場の徹底分析総調査(2020年版)

頒価
880,000円(税抜 800,000円)

発刊日
2020年09月15日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
266ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 968,000円(税抜 880,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ