◆市場調査レポート:2020年08月04日発刊

2020年 バイオケミカル・脱石油化学市場の現状と将来展望

海洋汚染や地球温暖化対策として注目されるバイオケミカル市場
−はじめに−
  • 1970年代に2度発生したオイルショックにより石油が枯渇する懸念が世界中で広がり、石油は「あと40年で枯渇する」と言われた。以降、石油に代わる資源として、バイオマスを原料とした化学品が長年研究されてきた。
  • その後、2008年1月には、原油価格が100ドル/バレルを超え、脱石油化学への注目度が高まった。PLAをはじめとしたバイオプラスチックの開発が活発化し、資源枯渇の問題に加え経済的にもバイオマスから化学品を生産しようという動きが加速した。
  • しかし、結果的に石油は枯渇するどころか採掘可能な量は大幅に増加している。資源である以上いつかは枯渇するが40年という数字は事実とかけ離れていた。原油価格は下落し、2020年には新型コロナウイルスの影響で、一時的に価格がマイナスになるなど、石油の枯渇がバイオプラスチック開発の動機として成立しなくなった。
  • 一方で、地球温暖化や海洋汚染といった地球環境への関心が高まることで再度バイオマスや脱石油化学といったキーワードが注目されている。
  • 特に、海洋汚染問題は世界中が注目し、日本でもレジ袋の有料化など法整備も進んでいる。バイオプラスチックは海洋汚染問題そのものを解決しないという意見もあるが、環境に対する意識が高まることでバイオプラスチックの需要も拡大している。
  • また、これまでは多くの企業にとって環境問題は努力目標という側面が少なからずあったが、「ESG」や「SDGs」といった指標によって、バイオ・脱石油化学品を生産あるいは採用することは、企業価値を左右する重要な要素となりつつある。バイオケミカル・脱石油化学が付加価値(プレミアム)として受け入れられる時代に突入している。
  • 本市場調査資料では、バイオケミカル・脱石油化学市場として、バイオ化学品、バイオプラスチック、脱石化プラスチック、添加剤、バイオ燃料の5分野・50品目の市場動向をまとめた。
  • バイオケミカル・脱石油化学市場の現状を多面的に把握することで、本市場調査資料が関連各社の経営、研究、製造、販売、新規事業計画策定や製品開発など、マーケティング全般においてご活用いただき、地球環境問題解決の一助となれば幸甚である。
−調査目的−
  • 本市場調査資料は、バイオ化学品、バイオプラスチック、脱石化プラスチック、添加剤、バイオ燃料の5カテゴリーにおけるバイオケミカル・脱石油化学の市場を捉えた。注目用途、使用形態、原料などのトレンドや将来性を把握・分析することを目的とした。
−調査対象−
調査対象対象品目
A. バイオ化学品22品目エチレン、プロピレン、ブタジエン、イソプレン、MEG、グリセリン、IPA、PDO、エピクロルヒドリン、アクリル酸、MMA、1,3-BDO、1,4-BDO、コハク酸、アスパラギン酸、フルフラール、HMF、イタコン酸、フェノール、BTX・FDCA、セバシン酸、ファルネセン
B. バイオプラスチック18品目PE、PP、PET・PEF、PTT、PA、イソソルバイドPC、SAP、PU、エポキシ、PLA、PBS、PHBH、PBAT、フラン樹脂、酢酸セルロース、でんぷん系、でんぷん系(ガスバリア)、トチュウエラストマー
C. 脱石化プラスチック3品目CO2由来PC、ケミカルリサイクルプラスチック、マテリアルリサイクルプラスチック
D. 添加剤3品目バイオマス可塑剤・改質剤、生分解性添加剤、CNF
E. バイオ燃料4品目バイオエタノール、バイオディーゼル、バイオジェット燃料、バイオガス
−調査項目−
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 市場動向
4. 価格動向
5. 用途別ウェイト
6. メーカーシェア
7. 技術開発動向
8. 原材料トレンド
9. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. バイオケミカル・脱石油化学市場(3)
1) 市場概要(3)
2) 分野別市場規模推移および予測(2016年〜2023年予測)(4)
3) バイオプラスチックの方向性(5)
4) 各分野別市場トレンド(6)
2. バイオプラスチックの用途別トレンド(13)
1) 用途別ウェイト(2019年)(13)
2) ボトル類(14)
3) 軟包装フィルム(16)
4) 電気・電子(18)
5) 食品容器(20)
6) 自動車(22)
7) ストロー・カトラリー類(24)
3. バイオケミカル・脱石油化学の主なフローチャート(26)
1) バイオマス・植物由来(26)
2) 廃棄物(28)
3) CO2(28)
4. バイオケミカル・脱石油化学原料概要(29)
1) バイオマス(29)
2) 廃棄物・CO2(30)
II. 集計編(31)
1. 主要参入企業一覧(33)
2. 市場規模推移および予測(2016年〜2023年予測)(43)
3. 品目別価格一覧(47)
III. 品目別市場編(49)
A. バイオ化学品
A1. エチレン(53)
A2. プロピレン(57)
A3. ブタジエン(59)
A4. イソプレン(63)
A5. MEG(66)
A6. グリセリン(69)
A7. IPA(72)
A8. PDO(74)
A9. エピクロルヒドリン(77)
A10. アクリル酸(80)
A11. MMA(83)
A12. 1,3-BDO(86)
A13. 1,4-BDO(90)
A14. コハク酸(93)
A15. アスパラギン酸(96)
A16. フルフラール(99)
A17. HMF(103)
A18. イタコン酸(105)
A19. フェノール(109)
A20. BTX・FDCA(112)
A21. セバシン酸(114)
A22. ファルネセン(117)
B. バイオプラスチック
B1. PE(123)
B2. PP(127)
B3. PET・PEF(129)
B4. PTT(133)
B5. PA(136)
B6. イソソルバイドPC(140)
B7. SAP(144)
B8. PU(148)
B9. エポキシ(151)
B10. PLA(154)
B11. PBS(158)
B12. PHBH(162)
B13. PBAT(165)
B14. フラン樹脂(169)
B15. 酢酸セルロース(171)
B16. でんぷん系(175)
B17. でんぷん系(ガスバリア)(179)
B18. トチュウエラストマー(183)
C. 脱石化プラスチック
C1. CO2由来PC(189)
C2. ケミカルリサイクルプラスチック(194)
C3. マテリアルリサイクルプラスチック(197)
D. 添加剤
D1. バイオマス可塑剤・改質剤(203)
D2. 生分解性添加剤(206)
D3. CNF(209)
E. バイオ燃料
E1. バイオエタノール(215)
E2. バイオディーゼル(218)
E3. バイオジェット燃料(222)
E4. バイオガス(226)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2020年 バイオケミカル・脱石油化学市場の現状と将来展望

頒価
150,000円+税

発刊日
2020年08月04日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
229ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-910-8

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

電子書籍があります(市場調査レポートをクラウドで提供するサービスです。単品でのご購入はできません)
    電子書籍セットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税 合計金額 180,000円+税
お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ