◆最新市場調査レポート:2020年02月04日予定

次世代映像ビジネス総覧 2020

映像機器/コンテンツを活用した映像ソリューションビジネスの全貌、分野(需要先)/ソリューション/機器別市場動向、次世代映像技術トレンド
−調査の背景−
  • 映像コンテンツは、企業における会議ソリューション、店舗/商業施設や公共施設、交通機関におけるデジタルサイネージソリューション、映像セキュリティなど身近なものから、放送局/プロダクションなど映像制作/現場、医療機関(医用画像ソリューション)、教育現場、アミューズメント/エンターテインメント分野など、さまざまな分野/業界において活用されている。
  • 映像業界においては、「4K・8K」「HDR」といった高解像度/高精細化のほか、「AR(拡張現実)・VR(仮想現実)・MR(複合現実)」「360°動画コンテンツ」といったバーチャル技術の活用による臨場感あるコンテンツを使ったサービスの提供、ビジネスへの活用が広がっている。また、高解像度化に伴うデータの大容量化および「5G」を用いた高速通信/低遅延の実現に伴い、より高度な符号化/圧縮技術、効率的な配信技術、信頼性に対する重要度が増しており、データ保管/保存のためのアーカイブシステムの大容量化、ビッグデータ活用、符号化/圧縮/配信技術、著作権や個人情報を保護するための電子透かし技術や認証技術などの関連技術の活用および開発が日々進行している。
  • 映像機器/デバイス技術、情報配信/通信技術、画像処理/解析技術の進歩は、機器/システム市場だけでなく、映像機器/コンテンツを活用した各種映像ソリューション/サービスのビジネス領域の拡大/多様化/活性化にもつながっている。
  • 映像業界には、デバイス〜機器/システムメーカーのみならず、システム設計/提案から販売/システム構築、設置/施工、保守/メンテナンスを手掛けるSIer/AVディーラー/電設業者、サービスを提供するソリューションベンダー/通信事業者、コンテンツ制作会社、企画会社/広告代理店など、多種多様な企業が、さまざまなビジネス/サービス形態により参入している。
  • 本市場調査資料は、各種映像ソリューション/サービス市場を主対象とし、販売先/導入先となる分野別(需要先別)市場動向/ニーズトレンド、表示〜入力/撮像〜記録/再生〜分配/配信/通信までの各種映像関連機器/システムの市場動向/技術トレンドなど幅広く調査/分析することで、参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作するものである。
−調査ポイント−
  • 映像ソリューションビジネス/業界の全体像
  • 分野(需要先/ユーザー)別映像機器/システム活用の実態、ソリューションおよび映像機器/システム市場規模推移、先進活用事例
  • 映像ソリューション市場:ソリューション別市場規模推移、参入企業/ビジネスモデル、有望分野/用途
  • 映像機器/システム市場:カテゴリー別市場動向、技術トレンド、ターゲット分野/用途
  • 次世代技術動向(新技術/機能が機器市場/ソリューションビジネスに齎す影響、新ビジネス/サービス抽出の可能性)
−調査対象−
I. 分野別市場編(8〜10分野予定)
1. 一般企業(オフィス)
2. 一般企業(工場/研究所)
3. 教育機関
4. 医療機関
5. 店舗/商業施設
6. 公共施設/官公庁自治体
7. 交通機関
8. レジャー/アミューズメント施設
9. 放送局/プロダクション
10. その他
II. 映像ソリューション市場編(13〜15品目予定)
1. 会議ソリューション
2. 教育ソリューション
3. 医用画像/遠隔医療ソリューション
4. セキュリティソリューション(監視/防災/認証)
5. デジタルサイネージソリューション
6. 自治体向けソリューション
7. 放送局向けソリューション
8. 映像制作ビジネス
9. AR/VR/MRソリューション
10. 動画配信プラットフォーム
11. VODソリューション
12. ライブ/イベントソリューション
13. プロジェクションマッピング
14. eスポーツ
15. その他(デジタルシネマ/シミュレーション、など)
III. ソフト/ツール市場編(3〜4品目予定)
1. 画像認識
2. 画像解析
3. 動画編集
4. その他(特定業務用/暗号化、など)
IV. 映像機器/システム市場編(15〜17品目予定)
1. 表示機器
1-1. 業務用モニター
1-2. TV(業務利用)
1-3. ビジネスプロジェクター
1-4. フルカラーLEDディスプレイ
1-5. その他(HMD/スマートフォン/タブレット端末/ホログラムディスプレイ/電子POP、など)
2. 入力/撮像機器
2-1. 監視カメラ
2-2. 放送局用カメラ
2-3. 医療用カメラ
2-4. Webカメラ
2-5. その他(FAカメラ/マシンビジョンカメラ/リモートカメラ/書画カメラ/ドローン、など)
3. 記録/再生/編集機器・システム
3-1. 監視レコーダー
3-2. その他(放送局向けレコーダー/映像アーカイブシステム/ノンリニア編集システム、など)
4. 出力/分配/配信/伝送機器
4-1. デジタルサイネージ用STB
4-2. ビデオエクステンダー
4-3. その他(スイッチャー/ミキサー、など)
5. 会議/通信機器・システム
5-1. TV会議システム
5-2. Web会議システム
5-3. インタラクティブホワイトボード(電子黒板)
5-4. ワイヤレスプレゼンテーションユニット
5-5. その他
V. 調査対象企業
映像機器/システムメーカー、デバイスメーカー、ソリューションベンダー(SIer/AVディーラー/イベント・レンタル会社/電設業者)、映像配信事業者、放送局、ポストプロダクション、映像制作会社、など
都合により若干の品目変更を行う場合があります。
−調査項目−
I. 総括編
1. 調査総括
2. 映像ソリューション業界構造
3. 分野別市場動向
(分野別映像ソリューション/機器市場規模、有望ソリューション、映像活用の方向性、など)
4. 映像ソリューション市場動向
(有望ソリューション、ターゲット分野、ビジネス/サービストレンド、など)
5. 映像機器/システム市場動向
(カテゴリー別市場規模推移、製品別ターゲット分野、技術トレンド、など)
6. ソリューション別課題/問題点
7. 映像技術トレンドおよび各ソリューションに与える影響
(高精細化:4K/8K、大容量化/5G、フォルダブル、インタラクティブ、AR/VR/MR、AI、その他)
8. 映像ソリューションビジネス/サービスの方向性
II. 集計編
1. 分野別映像ソリューション市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
2. 分野別映像機器/システム市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
3. 映像ソリューション別市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
4. 映像機器/システム別市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
III. 分野別市場編
1. 調査対象定義/業界構造
2. 映像機器/システム活用実態
3. 主要参入企業動向(ビジネス/サービス概要)
4. 当該分野における映像ソリューション市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
5. 当該分野における映像機器/システム市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
6. 先進ユーザー事例
7. 映像関連技術/機能に関するニーズ/トレンド
8. 映像機器/システム活用の方向性
IV. 映像ソリューション市場編
1. 調査対象定義およびビジネスモデル
2. 主要参入企業動向(ビジネス/サービス概要)
3. 国内市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
4. メーカー/ベンダーシェア(2019年見込)
5. 分野別市場構成比(2019年見込)
6. 価格動向(料金/サービス体系)
7. ビジネス/サービス上の課題/問題点
8. 当該ソリューションにおける映像技術トレンド
9. ビジネス/サービスの方向性
V. ソフト/ツール市場編
1. 調査対象定義
2. 映像ソリューションにおける位置付け
3. 主要参入企業/製品概要
4. 国内市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
5. 技術/機能トレンド
6. 今後の方向性
VI. 映像機器/システム市場編
1. 調査対象定義/市場概況
2. 主要参入企業/製品概要
3. 国内市場規模推移と予測(2018年実績〜2024年予測)
4. メーカーシェア(2019年見込)
5. 分野別市場構成比(2019年見込)
6. 価格動向
7. 技術トレンド
8. 今後の方向性(製品化の方向性/ターゲット分野/市場予測)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
次世代映像ビジネス総覧 2020

頒価
160,000円+税

発刊日
2020年02月04日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
250ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 180,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 320,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ