◆最新市場調査レポート:2018年11月02日予定

業種別ITソリューション市場 2018年版

業種特化のITソリューション動向を徹底調査
−調査の背景−
  • 本市場調査資料で対象とする業種別ITソリューションは、業種固有の業務フローや商慣習などに対応した業種特化型のソリューションである。業種固有業務の省力化や効率化などを主目的として導入が進んだが、昨今は、顧客接点の強化や売上拡大などの直接ビジネスの拡大につながるソリューションとしての需要により、従来導入したレガシーシステムからの再構築に加えて、新規導入が拡大している。
  • システムの導入形態としては、業種/業務の汎用型ソリューションと比べ、パッケージ、クラウドの利用が遅れている状況であったが、市場環境への迅速な対応やIT投資の最適化を図るためにパッケージ、クラウドの利用が増加傾向にある。クラウドの提供増加により、コスト的に導入が困難であった中小企業におけるIT化が進展しており、業種特化型のITソリューション市場拡大につながっている。
  • 新たな技術であるIoTやAI、ビッグデータ、AR/VRなどの利用が開始されており、業界固有の課題解決につがることが期待される。こうした新技術を活用した新たなソリューション提供開始に加えて、従来から提供されている業種特化型ITソリューションとの連携が進展している。
  • 本市場調査資料では、各業種における有望なソリューションをパッケージ、クラウド、スクラッチといった提供形態別に市場を分析するとともに、IoTやAIなどの新技術の活用動向なども把握し、総合的に業種特化型ソリューションビジネス市場を分析することを目的とする。企業向けソリューション市場をビジネスフィールドとするITベンダーのご担当者各位にとって必須の調査資料として活用いただければ幸甚である。
    本市場調査資料のポイント
    • 業種特有のITソリューションニーズや有望ITソリューションの分析。
    • クラウドサービスの進展による新規需要分野の分析。
    • 業種特有のITソリューションにおけるAI、IoT、AR/VRなどの新テクノロジーの活用状況の把握。
    • 注目ベンダーの動向把握。
−調査対象業種および製品/ソリューション(予定)−
業種製品/ソリューション
農業
  • 物流管理システム
  • 生産管理システム
  • 経営管理システム
  • 環境制御システム
  • 農業用GPS関連システム
建設業
  • 統合工事管理システム
  • 原価管理システム
  • CAD(測量/土木系)
  • CAD(建築系)
  • 施工管理システム
製造業
  • 生産管理システム
  • PLM/PDM
  • MES
  • SCADA
  • SCP
  • スケジューラー
  • 機械系CAD/CAM
  • 電気系CAD/CAM
運輸業
  • 配車計画支援システム
  • 車両運行管理システム
  • 倉庫(貨物)管理システム(WMS)
  • 運送業向け統合管理システム
  • 利用運送業務トータル支援システム(フォワーダー向け)
  • バスロケーションシステム
小売業
  • ポイント管理システム
  • モバイルPOSシステム
  • GMS/SM向け基幹系システム
  • アパレル業向け基幹系システム
  • テナント管理システム
  • 店舗データ分析ソリューション
  • EC/O2Oソリューション
金融業
  • 銀行向けシステム
  • 証券向けシステム
  • 保険(生命保険/損害保険)向けシステム
  • クレジット/信販向けシステム
不動産業
  • 戸建販売管理システム
  • マンション販売管理システム
  • 賃貸仲介システム
  • 賃貸管理システム
  • 売買仲介システム
  • 買取再販システム
宿泊業
  • PMS
  • サイトコントローラー
外食業
  • 外食業向け統合業務管理システム
  • モバイルPOSシステム
  • オーダリングシステム
  • 発注管理システム
  • 予約管理システム
学校教育
  • eラーニングシステム
  • 協働学習支援システム
  • 校務支援システム
  • 学務支援システム
医療業、
社会福祉/介護事業
  • 医事会計システム
  • 電子カルテシステム
  • 医療用画像情報システム(PACS)
  • 地域包括ケアシステム
  • 社会福祉/介護事業向け業務支援システム
地方公共団体
  • 内部情報管理システム
  • 住民情報管理システム
調査実施段階で調査項目/調査対象が変更になる可能性があります。
−調査項目−
I. 総括編
1. 業種別ITソリューション市場の展望
2. 提供形態別市場分析(パッケージ/クラウド/スクラッチ)
3. 業種別ITソリューション市場分析
4. 業種別の課題/IT化ニーズ
5. AI、IoT、AR/VRなどの新テクノロジーの活用状況
II. 集計編
1. 業種別ITソリューション市場規模推移
(金額):2017年度〜2022年度、パッケージ/クラウド/スクラッチ別
2. 業種特化ITソリューション市場規模推移
(金額):2017年度〜2022年度、パッケージ/クラウド/スクラッチ別
3. 業種特化ITソリューション市場占有率
(金額):2017年度/2018年度
III. 市場編
1. 調査対象ソリューションおよび業務フロー
2. 提供形態の方向性
3. 業界の課題およびIT投資の方向性
4. 業種別ITソリューション市場
(金額):2017年度〜2022年度、パッケージ/クラウド/スクラッチ別
5. 業種特化ITソリューション市場 前項の製品/ソリューションを対象予定
1) 市場規模推移
(金額):2017年度〜2022年度、パッケージ/クラウド/スクラッチ別
2) 市場占有率
(金額):2017年度/2018年度
6. 注目ベンダーの動向/トピックス
7. AI、IoT、AR/VRなどの新テクノロジーの活用状況
8. 製品一覧
調査実施段階で調査項目が変更になる可能性があります。
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
業種別ITソリューション市場 2018年版

頒価
180,000円+税

発刊日
2018年11月02日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
270ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
PDF版セット/集計ファイル版セットのご案内
PDF版は、本市場調査資料全編のPDFファイルを収録。集計ファイル版は「II. 集計編」の市場データを収録。PDFファイルの印刷は不可となります。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

集計ファイルセットがあります(PDFとエクセルファイルのセットです。単品でのご購入はできません)
    PDF・集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 40,000円+税
      合計金額 220,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ