◆最新市場調査レポート:2018年07月30日予定

2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

自動車や半導体産業など拡大が期待される用途別フィルム・シート市場および高機能化における新規用途開拓の可能性を徹底分析
−調査の背景−
  • フィルムおよびシートは樹脂の代表的な加工方法であり、汎用樹脂からエンプラ、スーパーエンプラまで、さまざまな樹脂がプラスチックフィルム・シートとして活用されている。採用用途も幅広く、容器・包装、エレクトロニクス、自動車、エネルギー・環境、農業、建材、ライフサイエンスなど多岐にわたる分野で利用されている。
  • これまでフィルム・シート産業は特にエレクトロニクス領域での市場発展で成長してきたが、その後、モバイル端末やTV市場の成長鈍化を背景に食品やライフサイエンスなど息の長い事業へと軸足を置く方向と、高機能化の開発を継続することによるエレクトロニクス、エネルギー・環境、自動車などへの用途開拓へ向かう方向性などが見出されてきた。
  • 近年、注目されている分野では自動車分野で、EV化やセンサー搭載数の増加、加飾技術の進歩によりフィルム・シートへの適用範囲が増えていくとみられる。また半導体・実装基板向けの市場拡大やプロセス変化による耐熱温度域の変化など多様な可能性が考えられる。
  • 本市場調査資料では、これまでのプラスチックフィルム・シート市場動向を見直し、注目用途のブレイクダウンを実施する。また耐熱や難燃、バイオ化などの高機能化の用途や市場を捉えることにより新規の用途拡大の可能性を模索するものである。
  • 本市場調査資料が当該市場参入各社の経営、研究、製造、販売など、マーケティング活動全般においてご活用いただけるものと確信しております。
−調査対象−
III. 品目別市場編
A. 汎用樹脂フィルム
A1. PVCフィルム
A2. PE系フィルム
A3. PPフィルム
A4. PO系フィルム
A5. PSフィルム
A6. PVAフィルム(光学用)
A7. PVAフィルム(その他)
A8. EVOH系フィルム
A9. PVDCフィルム
A10. PVDC系共押出フィルム
A11. EVAフィルム
A12. PVBフィルム
A13. アクリル系フィルム(光学用)
A14. アクリル系フィルム(その他)
A15. TPUフィルム・シート
A16. セロハン
A17. TACフィルム
A18. ABSフィルム
B. エンプラ・スーパーエンプラフィルム
B1. PAフィルム
B2. PCフィルム
B3. COP・COCフィルム
B4. PETフィルム(包装用)
B5. PETフィルム(光学用)
B6. PETフィルム(工業用・その他)
B7. PENフィルム
B8. PBTフィルム
B9. 超高分子量ポリエチレンフィルム・シート
B10. PTFEフィルム・シート
B11. ETFEフィルム
B12. PVFフィルム
B13. PVDFフィルム
B14. その他フッ素フィルム
B15. PPSフィルム・シート
B16. LCPフィルム
B17. PEIフィルム
B18. PIフィルム
B19. PEEKフィルム・シート
B20. その他エンプラフィルム・シート(POM・PPE)
C. シート
C1. PP系シート
C2. A-PET・O-PETシート
C3. PETシート
C4. HIPSシート
C5. OPSシート
C6. EVOH系共押出シート
C7. PMMAシート
C8. PCシート
D. その他フィルム・シート
D1. PLAフィルム・シート
D2. バイオプラスチックフィルム
D3. 生分解性プラスチックフィルム・シート
D4. 熱硬化系フィルム・シート
D5. 合成紙
D6. 不織布
上記品目より約50品目を対象とする(ご要望がありましたら別途お問合せください)
IV. 主要参入企業ケーススタディ(下記は主要な企業例)
アキレス、旭化成、旭硝子、大倉工業、コニカミノルタ、倉敷紡績、クラレ、グンゼ、住友化学、住友ベークライト、帝人、東洋紡、東レ、富士フイルム、三井化学東セロ、三菱ケミカル、他
国内の主要なフィルム・シートメーカーを対象に、約10〜15社を対象にケーススタディ化を実施する
−調査項目−
I. 市場総括編
1. プラスチックフィルム・シート市場全体像
2. 注目・高成長フィルム・シートの動向
1) 成長率ランキング
2) 新規用途・注目用途動向
3. 産業別フィルム・シートの位置付け・需要構造
1) 包装・容器
2) 農業・建材
3) メディカル・ライフサイエンス
4) エレクトロニクス
5) エネルギー・環境
6) 自動車 部位別のフィルム採用状況整理
4. 海外市場の動向
1) 地域別需要構造
2) 輸入・輸出動向の分析
3) 日系企業の海外進出状況
5. 高機能化の動向
1) 厚み別市場分析
2) 機能別市場・用途分析
3) フィルム別耐熱性ランキング
II. 集計編
1. 主要参入企業一覧
2. 市場規模推移(2015年〜2022年予測)
3. 品目別価格一覧
III. 品目別市場編
1. 製品概要
2. 主要参入企業・関連企業一覧
1) 当該品メーカー
2) コンバーター/主要ユーザー例
3) 業界構造(直販/商社・代理店/その他)
4) 原料高騰・物流事情
3. 価格動向(2018年4-6月期)
4. 市場規模推移および予測(2015〜2022年予測)
5. 用途動向
1) 分野別ウェイト(2018年見込)
2) 用途別ウェイト(2018年見込)
3) 業界注目用途の抽出
6. メーカーシェア(2018年見込)
7. 海外市場動向
1) エリア別需要ウェイト(2018年見込)
2) 輸出入動向
3) 海外拠点一覧
8. 製造加工技術・高機能化動向
1) 製造技術・工程
2) 表面処理および加工技術
3) 厚み別ウェイト(2018年見込)
4) 高機能化用途動向(2018年見込)
耐熱、難燃、バイオ、密着・平滑性など
5) 課題点・ニーズ
9. 今後の方向性
IV. メーカーケーススタディ
1. 企業概要
2. 生産品目・生産拠点
国内外の拠点、製造ファブレス化の取り組みなど
3. 販売動向(2017年・2018年見込)
4. 新製品開発動向
5. フィルム事業の位置付け・事業戦略
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2018年 プラスチックフィルム・シートの現状と将来展望

頒価
150,000円+税

発刊日
2018年07月30日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 170,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 300,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ