◆最新市場調査レポート:2018年09月20日発刊

2018 中国における人工知能(AI)市場の現状と将来展望

AI技術で加速する中国の巨大データ資源が生み出す新たなビジネスチャンスの探索
−はじめに−
  • 2018年3月5日に行われた「中国共産党第十九次全国代表大会」において、習近平主席は国家を挙げて2030年までに中国の人工知能(AI)産業を世界のトップ水準までに向上させ、AI大国を目指すと宣言した。現時点では、中国におけるAI研究者、開発技術者の技術レベルはシリコンバレーに及ぶ水準に達していないが、「投資」「データ資源」「スピード感」「政府支援」はどの国よりもよい環境が整っている。中国政府は半導体、センシング、音声認識、画像認識、ディープラーニングなどの技術や、5G、データセンター、クラウドなどのインフラ事業に巨額な補助金を投入し、13.8億人の人口を強力な武器に、人工知能を国家プロジェクトとし、世界の頂点に立とうとしている。
  • 人工知能に関しては、既に2015年の「中国製造2025」で論じている。同政策では新エネルギー自動車、ロボット、IoT、軍事、海洋、宇宙などのテーマが最重要テーマとして挙げられた。2016年には、人工知能産業の促進に向けて「互聯網+人工知能三年行動実施方案」(インターネットプラスAI3年行動実施方案)が発表された。AI技術を重点領域で活用することで世界に通用するトップ企業を育成することを目的に補助金も支給している。さらに2017年7月20日、中国最高組織の国務院は「新一代人工知能発展規画」を発表し、2020年から2030年にかけて中国の人工知能産業が進む方向性、戦略を明確にした。中長期的には、「一帯一路」戦略に合わせて、周辺国に限らず、最終的には世界まで広げる狙いが見えた。
  • 人工知能はロボット、自動運転、MaaS、物流、スマートホーム、支払いなどさまざまな分野で期待されている。Baiduの自動運転プラットフォーム「Apollo計画」、配車サービスではUberの中国事業を買収したDIDI、スマートホームを先行するXiaomi、医療分野で先行するTencent、スマートシティではAlibabaなど、各分野においてAI活用が進む。本市場調査資料では、各領域において期待される活用シーン、ビジネスモデル、プレーヤー、キーテクノロジー、デバイスのサプライチェーンなどを明確化した。
  • さらに各領域で期待される有力サプライヤーを抽出し、各企業の参入背景、キーテクノロジー、製品、応用分野、ビジネスモデル、将来的に目指す方向性などを明らかにした。これらキーテクノロジー参入ベンダーの融資先、売上実績、取り扱い製品、今後の方向性を明確にした。
  • 総括部分では、海外企業との提携、各レイヤーのビジネスモデル、産学連携の動向、今後中国企業の開発方向性および担当する企業などを整理した。人工知能ビジネスは今後重要なビジネスになることは間違いなく、参入企業各社および参入を検討している企業各社のご担当者にとって有用な市場調査資料として活用いただければ幸甚である。
−調査目的−
  • 本市場調査資料は人工知能市場における中国の位置付けを明確にし、中国における人工知能の関連政策、産学連携、または政府が育成する産業の市場規模、全体像を把握した。具体的な内容としては、10応用分野において期待される市場規模予測、活用シーン、ビジネスモデル、プレーヤー、キーテクノロジー、ソリューションなどを明確にした。さらに各分野で期待されるキーテクノロジーの有力サプライヤーを抽出し、各企業の参入背景、キーテクノロジー、製品、応用分野、ビジネスモデル、将来において目指す方向性などを明らかにすることで、人工知能関連ビジネス立案を図る企業にとって、有用な情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
カテゴリー調査対象対象数
分野別市場編製造業、農林水産、医療/介護/ヘルスケア、インフラ、スマートホーム、交通、金融業、卸売小売業、教育、生活サービス10分野
注目企業事例編メガクラウド
ベンダー
Baidu、Alibaba、Tencent、Xiaomi4社
キーテクノロジー
ベンダー
半導体(Hisilicon、Cambricon、Horizon Robotics、Vimicro)4社18社
画像認識(SenseTime、Face++、YITU、Momenta、Hikvision、Dahua、Pony.ai)7社
音声認識(iFlytek、Unisound、AISpeech)3社
ビッグデータ(Beagledata、Baifendian)2社
ディープラーニング(4Paradigm、DeePhi)2社
−調査項目−
総括編
1. 人工知能市場における中国の位置付け
2. 外資系企業との協業形態および事例
3. 中国における人工知能関連政策
4. 中国における産学連携の動向および各大学の動向
5. 中国政府が支援する関連企業および内容
6. 中国における人工知能市場規模・推移
7. 中国におけるAI産業関連の投資動向および内容
8. 人工知能産業における各キーテクノロジーの参入ベンダーおよび動向
9. 中国における人工知能市場の参入規制
10. メガクラウドベンダーによる人工知能の展開
分野別市場編
1. 調査対象市場の定義・範囲
2. 市場概況/人工知能の採用状況/ロードマップ
3. 有望分野での利活用事例および主要参入企業
4. 技術、ソリューションの主要企業の事業展開および将来の発展動向
5. 実証実験/導入事例(その他)
注目企業事例編
1. 企業プロフィール
2. 創業者およびキーマンのバックグラウンド
3. 関連組織、AIの位置付けおよび拠点一覧
4. 出資者
5. 人工知能ビジネス規模(2016〜2018年)
6. 製品および注力分野
7. ビジネスモデル
8. ビジネス展開事例
−目次−
I. 総括編(1)
I-1. 人工知能産業における中国の位置付け(3)
I-2. 外資系企業との協業形態および事例(5)
I-3. 中国における人工知能関連政策(7)
I-4. 中国における産学連携の動向および各大学の動向(11)
I-5. 中国政府が支援する関連企業および内容(15)
I-6. 中国における人工知能市場規模・推移(2015年〜2030年)(22)
I-7. 中国における人工知能関連の投資動向および投資内容(25)
I-8. 人工知能産業におけるキーテクノロジーの参入ベンダーおよび動向(31)
I-9. 中国における人工知能市場の参入規制(50)
I-10. メガクラウドベンダーによる人工知能事業の展開動向(53)
II. 応用分野(61)
II-1. 製造業(63)
II-2. 農林水産(68)
II-3. 医療/介護/ヘルスケア(72)
II-4. インフラ(77)
II-5. スマートホーム(83)
II-6. 交通(87)
II-7. 金融業(92)
II-8. 卸売小売業(98)
II-9. 教育(102)
II-10. 生活サービス(107)
III. BATX(113)
1. Baidu(115)
2. Alibaba(124)
3. Tencent(133)
4. Xiaomi(140)
IV. 企業編(147)
1. HiSilicon(149)
2. Cambricon(156)
3. Horizon Robotics(163)
4. Vimicro(170)
5. SenseTime(176)
6. Face++(182)
7. YITU(189)
8. Momenta(196)
9. iFlytek(203)
10. Unisound(212)
11. AISpeech(220)
12. Beagledata(227)
13. Baifendian(234)
14. Hikvision(241)
15. Dahua(250)
16. DeePhi(258)
17. 4Paradigm(264)
18. Pony.ai(271)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2018 中国における人工知能(AI)市場の現状と将来展望

頒価
180,000円+税

発刊日
2018年09月20日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
276ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 企画部
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-859-0

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ