◆最新マルチクライアント調査レポート:2018年03月30日予定

レーザー加工機とキーデバイス・材料市場の最新動向調査

網羅的な市場情報に加え、非レーザー加工機との競合・リプレース状況、キーデバイス・材料の研究開発・採用動向を徹底調査
−調査の背景−
  • レーザーによる加工は従来の加工方式に比べ
    • 切断:ワーク形状の自由度が高い、プレス金型が不要
    • 溶接:ビードが細く完成品が軽量、加工部以外への熱影響を抑えやすい
    といったメリットのほか、加工機台数の削減によるトータルコストの低減が可能であり、幅広い業界で採用が拡大している。
  • また、IR/Green/Blue/UVなど長波長〜短波長や、超短パルス、高出力のレーザーを用いることにより、従来の方法では難しかった対象物・精度・スピードの加工を行えるようになってきている。それに付随し、加工品質に影響を及ぼすキーデバイスや材料の研究開発が行われている。
  • 本調査では、まず市場編で各種レーザー加工機・レーザー光源のうちいずれのタイプ・用途の市場が拡大するのかを明らかにする。次いでケーススタディー編で非レーザー加工機との競合・リプレース状況/メリット・デメリットや加工機を構成するキーデバイス・材料の研究開発・採用動向を把握し、レーザー加工機市場への影響を展望する。
    調査のポイント
    市場編
    • いずれのレーザー加工機・レーザー光源市場が拡大しているのか(有望市場の探索)
    ケーススタディー編
    • 非レーザー加工機と比べた際のメリット・デメリット分析・リプレース動向
    • キーデバイス・材料の研究開発・採用動向(高出力化対応・剛性など)
−調査対象−
1. 調査対象品目
レーザー加工機 1) 板金切断・溶接
2) 彫刻
3) マーキング
4) スポット溶接
5) 樹脂溶着
6) 微細加工
7) はんだ付け
8) ダイシング/アブレーション
9) その他(アニール、リペア、VIA、トリミング、肉盛り、表面改質、ろう付け、焼結(3Dプリント))
レーザー光源 1) CO2レーザー(ガスフロー/封じ切り)
2) DDL
3) ファイバーレーザー(高/低出力)
4) ディスクレーザー
5) 固体レーザー(CW〜QCW/短パルス/極短パルス)
6) その他(CO、エキシマなど)
キーデバイス・材料ミラー・レンズ・コーティング材・ファイバー(伝送系、スキャン系(ガルバノスキャナー・ミラー・fθレンズ)、加工ヘッド系(コリメート・集光レンズ))、放熱基板・ヒートシンク、共振器系(ドーパントなど)、3Dプリンター用金属粉末・樹脂材料など
2. 調査対象用途
自動車(ボディ、シート、摺動部品、インジェクションノズル、パワートレイン(ギヤ、シャフト、シリンダーブロック)など)、電子部品、重工(航空機エンジン、タービンブレード)、電池(外箱、内部電極)、LCD/OLED(ガラス、TFT)、医療(ステント、カテーテルなど)、家電など
3. 調査対象企業 日本に加えドイツ・米国は現地調査を行う
レーザー光源メーカー
加工機メーカー
(レーザー/非レーザー)
研究機関
アマダ、大阪大学、パナソニックグループ(TeraDiode)、ファナック、フジクラ、古河電気工業、三菱電機、Bystronic、Coherent(Rofin)、EOS、Han’s Laser、IPG Photonics、Lumentum、MaxPhotonics、Prima Power、Raycus、Scansonic、Spectra-Physics、Trumpf(SPI Lasers)など
キーデバイス・
材料メーカー
キヤノン、住友電気工業、三菱電線工業、ARGES、GSI、Lambda Research Optics、Precitec、ScanLab、II-VIなど
インテグレーター・
ジョブショップ・商社・
ユーザー
タマリ工業、東成エレクトロビーム、ナ・デックス、藤田ワークス、レーザーックス、Genesis Systems Group、その他(自動車メーカー研究所、自動車部品メーカー、電池メーカー、ディスプレイメーカー、重工など)
ご要望に応じて、調査対象は追加・変更可能
−調査項目−
1. 総括編
1) レーザー加工機市場総括
(1) ワールドワイド市場総括(2016年/2020年/2025年)
レーザー化動向やキーデバイス・材料の研究開発動向の影響などを盛り込む
(2) コスト分析(非レーザー加工機と比較したコスト構造、望まれる価格帯など)
(3) 各社参入状況総括
(4) タイプ別需要総括(波長×出力やビーム品質×発光効率などでの有望度分析)
(5) 用途別需要総括(各種用途の有望度分析(レーザー化率、レーザー化条件など))
(6) 地域別需要動向総括(海外需要など)
(7) 搭載レーザー光源総括(有望な媒質、波長、出力、ビーム品質、発光効率など)
2) レーザー光源市場総括
前項(1)〜(6)に同じ。
2. 市場編
1) レーザー加工機市場【10品目を予定】
(1) ワールドワイド市場規模推移・予測(2016〜2020年/2025年)
(2) 価格動向(2017年調査時点)
(3) メーカーシェア(2016年実績、2017年見込)
(4) タイプ別ウェイト(2016年実績、2017年見込)
(5) 用途別ウェイト(2016年実績、2017年見込)
(6) 地域別需要動向(海外需要動向・商流など)
(7) 搭載光源・発振器タイプ別ウェイト(2016年実績、2017年見込)
(8) 搭載光源・発振器メーカーシェア(2016年実績、2017年見込)
2) レーザー光源市場【10品目を予定】
前項(1)〜(6)に同じ。
3. ケーススタディー編
1) 有望用途における非レーザー加工機と比べたメリット・デメリット分析/競合・リプレース状況【5用途を予定】
(1) 加工対象/方法の概要、競合する非レーザー加工方法の概要、レーザー化率など
(2) レーザー化促進要因・阻害要因・条件(立ち上げ・プランニングコスト/加工機台数削減によるトータルコスト減/工賃/メンテナンス・生産維持/加工品質(軽量化・歩留まりなど))
2) キーデバイス・材料の研究開発・採用動向【3品目を予定】
(1) 基礎的市場情報(市場規模や参入メーカーの動向など)
(2) 高出力化・短波長化・短パルス化などへの対応(熱膨張など)、剛性、コストなど
ご要望に応じて、調査項目は追加・変更可能
都合により多少の項目変更を行う場合がある
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
レーザー加工機とキーデバイス・材料市場の最新動向調査

頒価
800,000円+税

発刊日
2018年03月30日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
100ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 80,000円+税
      合計金額 880,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ