◆最新市場調査レポート:2018年02月28日予定

2018年 化粧品ケミカル材料の現状と将来展望

化粧品・トイレタリー原料市場の全体像/材料代替トレンド/化粧品・原料メーカーにおける海外戦略の徹底調査
−調査の背景−
  • 日本国内の人口増加は頭打ちの状態にあるが、訪日観光客のインバウンド需要による市場の下支えに加えて、アンチエイジングやホワイトニング、敏感肌対応、保湿効果など化粧品のニーズ・高機能化は高まっている。例えば、ヘアケア製品では低刺激なノンシリコンがトレンドとして注目されている。これらのトレンドを背景に、国内工場を新設する動きが一部の化粧品メーカーでみられる。
  • 海外に目を向けると、中国や東南アジアでは人口増加と経済成長に伴い、化粧品市場が急速に成長している。日系の化粧品メーカーはこれらのアジア地域への進出を加速させている。それに伴って、原料メーカーも中国や東南アジアへの展開を進めている。
  • 化粧品は製品ごとに細かく製品設計をしており、原料としてはそれぞれの製品に適したカスタマイズが求められるため、化粧品原料メーカーのビジネスは少量多品種の展開になる傾向があり、販売単価が高い一方で、ロット数が少なくなりがちである。原料メーカーはニッチな需要を巡って、新製品の開発を絶えず行っている。
  • 近年は、敏感肌対応や保湿効果などの高機能化に加えて、強化される環境規制への対応が重要性を増している。2015年には、米国でプラスチックマイクロビーズ規制が制定され、セルロースなど植物由来原料を用いた製品への切り替えが進行するなどの動きがみられる。
  • このように多様化する市場環境に対応するため、化粧品原料メーカー各社には、積極的な製品開発およびマーケティング活動が求められている。
  • 本調査レポートでは、多様化する化粧品原料市場を明確化することで、関連企業の経営、研究、製造、販売等、マーケティング全般においてご活用いただけるものと確信している。
−調査ポイント−
  • 界面活性剤や油性成分から保湿剤、老化防止・抗酸化剤まで幅広く化粧品原料について取り上げ、それぞれの製品の位置付けを明確化する。
  • ユーザーによる皮膚への低刺激性ニーズやプラスチックマイクロビーズ規制など環境規制に対応した製品の開発・販売動向についてまとめる。
  • 中国や東南アジアは人口増加および経済成長によって化粧品市場が急速に拡大している。この状況を受け、日系の化粧品メーカーおよび原料メーカーは中国・東南アジアへ進出しているが、これらの動向についても把握する。
    本調査レポートで、化粧品として対象とする最終製品
    洗顔フォーム
    クレンジングオイル
    マッサージ・コールド
    化粧水
    乳液
    リップクリーム
    パック
    ハンドクリーム
    リンス・コンディショナー
    ヘアスタイリング剤
    ヘアカラー
    スカルプケア
    メイクアップベース
    ファンデーション
    アイシャドウ
    アイブロー
    マスカラ
    リップカラー
    サンスクリーン
    歯磨粉
    洗口剤
    シャンプー
    ボディシャンプー
    石鹸
    ハンドソープ
    柔軟仕上げ剤
    合成洗剤(衣料用)
    ファッション洗剤
−調査対象品目−
界面活性剤
1. N-アシグルタミン酸塩
2. 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩
3. アルキル硫酸塩
4. ラウリル硫酸塩
5. ラウレス硫酸塩
6. ステアリルトリモニウムクロリド・ブロミド
7. ベヘントリモニウムクロリド・ブロミド
8. ココアンホ酢酸塩
9. コカミドプロピルベタイン
10. ショ糖脂肪酸エステル
11. ソルビタン脂肪酸エステル
12. ポリオキシエチレンアルキルエーテル
13. シリコーン系界面活性剤
14. アミノ酸系界面活性剤
アルコール・高級脂肪酸
15. エタノール
16. ブタノール
17. セタノール
18. ステアリルアルコール
19. ステアリン酸
20. ラウリン酸
21. オレイン酸
22. ミリスチン酸
油性成分
23. 流動性パラフィン
24. ワセリン
25. スクワラン
26. ラノリン
27. ホホバ油
28. オリーブ油
29. エステル系
30. シリコーン系
保湿剤・コンディショニング剤
31. グリセリン
32. 1,3−ブチレングリコール
33. ポリプロピレングリコール
34. ジプロピレングリコール
35. プロパンジオール
36. ヒアルロン酸
37. アミノ酸
38. セラミド
39. コラーゲン
40. β−グルカン
41. プラセンタ
42. カチオン化ポリマー
増粘剤・品質保持剤
43. アルギン酸ナトリウム
44. カルボキシビニルポリマー
45. N-ビニルアセトアミド・アクリル酸ナトリウム
46. ヒドロキシメチルセルロース
47. パラベン
48. フェノキシエタノール
49. 塩化ベンザルコニウム
老化防止・抗酸化剤
50. コンエンザイムQ10
51. 白金ナノコロイド
52. ビタミン・ビタミンC誘導体
53. 紫外線吸収剤
感触付与剤・水溶性高分子
54. プラスチックビーズ(アクリル、PA、PE、他)
55. セルロース系ビーズ・スクラブ剤
56. その他植物由来ビーズ・スクラブ剤
57. カルボキシメチルセルロース(CMC)
58. ポリビニルアルコール(PVA)
59. ポリビニルピロリドン(PVP)
色材・紫外線散乱剤
60. マイカ
61. シリカ
62. 酸化亜鉛
63. 酸化チタン
上記品目より50品目前後を対象とする
要望などにより、必要に応じて品目を追加する
−調査項目−
I. 総合分析編
1. 化粧品ケミカル材料市場の全体像
2. 主要な化粧品市場一覧
3. 用途別術動向
4. 分野別動向
5. 業界構造・サプライチェーン
6. 材料・技術動向
1) 材料の競合・代替動向
2) 低刺激性・環境規制への対応
7. プラスチックマイクロビーズ規制動向
8. グローバル動向(中国・東南アジアなど)
II. 集計編
1. 主要参入メーカー一覧
2. 市場規模推移・予測(2014〜2021年予測)
3. 価格動向
4. 用途別ウェイト(2017年)
III. 品目編
1. 製品概要
2. 主要参入メーカー
3. 業界構造・サプライチェーン
4. 市場規模推移・予測(2014〜2021年予測)
5. 競合品・代替品の市場トレンド
6. 価格動向
7. 用途別動向
8. グローバル動向(中国、東南アジアなど)
9. 研究開発・技術動向(競合品・代替品含む)
10. 今後の方向性
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2018年 化粧品ケミカル材料の現状と将来展望

頒価
180,000円+税

発刊日
2018年02月28日(予定)

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
300ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 200,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 360,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ