◆最新マルチクライアント調査レポート:2017年03月17日予定

2017 IoT/M2Mにおける情報セキュリティビジネス市場の将来展望

-
実装フェーズに向かうIoT/M2Mの情報セキュリティの現状と今後の方向性
-
−調査の背景−
  • 「IoT(Internet of Things)」とは、これまで閉域網や個別ネットワークにより運用されてきたデバイスをオープンネットワークであるインターネットなどに接続することで、管理、運用を効率化しサービスの高度化を図る取り組みとして各産業分野の応用が進められている。
  • 閉域網や個別ネットワークにより運用、管理されてきたデバイスに関しては、セキュリティ対策を前提としていないものや必要な対策が講じられていないものも多く、IoTの安全な活用に向けて、セキュリティ対策の実装が大きな課題となっている。
  • IoTにおけるセキュリティ対策としては、デバイスのロックダウン化やデバイスの認証、ネットワークにおけるホワイトリスト機能の活用などが進められており、IoT化の進展と共にセキュリティビジネスとしても大きなインパクトとなりつつある。
  • IoTセキュリティとしては、省庁による対策ガイドラインの策定や各業界団体における対策例などが提示され、より具体的な取り組みが加速しつつあるなど、IoTシステムの安全な活用に向けて実装フェーズへと移行が進展しつつある。
  • こうしたIoT/M2Mのセキュリティビジネスにおいて、2回目となる本調査企画では、IoT/M2M向けのセキュリティサービス、セキュリティ製品、さらにはセキュリティソリューションビジネスの詳細な市場動向についてあらためて調査、分析を行うことで、今後のIoT/M2Mセキュリティビジネスの方向性を明確化し、実装フェーズへと向かう当該ビジネスの潜在性を明確化することを目的としている。
−調査対象−
1) 調査対象企業
セキュリティベンダー:10社
アズビルセキュリティフライデー、アルプスシステムインテグレーション、アラクサラネットワークス、EMC、イエラエセキュリティ、F5ネットワークス、カスペルスキー、サイバートラスト、シスコシステムズ、シトリックス・システムズ・ジャパン、シマンテック、ジュニパーネットワークス、SELTEC、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ、トレンドマイクロ、日本セーフネット、日本マイクロソフト、パロアルトネットワークス、フォーティネットジャパン、マカフィー、他
セキュリティソリューションベンダー:20社
アシスト、アズジェント、アドソル日進、伊藤忠テクノソリューションズ、インフォセック、SCSK、NRIセキュアテクノロジーズ、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ、NTTドコモ、キヤノンITソリューションズ、京セラコミュニケーションシステム、KDDI、新日鉄住金ソリューションズ、セコムトラストシステムズ、大日本印刷、ディアイティ、テクマトリックス、東芝ソリューション、西日本電信電話、日本IBM、日本マイクロソフト、日本電気、日本ユニシス、ネットワンシステムズ、ネットワンパートナーズ、パナソニック、日立システムズ、日立製作所、日立ソリューションズ、富士通、富士通SSL、ベリサーブ、三井情報、三井物産セキュアディレクション、三菱電機、三菱電機インフォメーションシステムズ、三菱電機インフォメーションネットワーク、ユニアデックス、横河電機/横河ソリューションズ、ラック、リコー、他
2) 調査対象分野×対象ソリューション・技術
−調査対象分野−
自動車
  • 車載ネットワーク、テレマティックス、ETC、カーナビ(自動車とスマートフォンの連携)、他
エネルギーインフラ
  • 電力/ガス/水道等ユーティリティシステム、他
運輸/交通インフラ
  • 道路交通システム、鉄道運行システム、他
産業/製造
  • FA/PAネットワーク、制御システム、プラントシステム
流通/サービス
  • POSシステム、RFID、自動販売機、サイネージシステム、他
ホームネットワーク
  • デジタル家電/ネットワーク家電、HEMS、ヘルスケア、他
その他
  • 金融(ATM、他)、医療(医療機器、他)、ビル管理(監視カメラ、設備関連機器、他)
×
−調査対象ソリューション・技術−
サービスビジネス
  • コンサルティングサービス
  • 脆弱性診断、検査サービス
  • 不正アクセス監視サービス
製品ビジネス
  • ホワイトリスト型製品
  • 不正接続防止(エアギャップ対策)
  • 電子認証サービス/PKI
  • セキュリティモジュール(チップ暗号化、HSM)
  • 仮想化ソリューション
  • デコイサーバー
対策技術
  • 匿名化
  • 秘密計算
  • 暗号化、他
  • 各分野におけるIoT/M2Mの情報セキュリティビジネスの潜在性/インパクト分析
  • IoTのセキュリティリスクに対する有効的なソリューション・技術を明確化
  • ITとOTの融合による情報セキュリティビジネスの可能性の探究
−調査項目−
      :2017年版における追加調査項目
A:総括編
1) IoT/M2Mにおける情報セキュリティ市場と将来展望(2016年〜2020年予測)
2) IoT/M2Mにおける情報セキュリティビジネスを取り巻く環境と市場変遷
3) IoT/M2M×産業分野別情報セキュリティ市場規模推移(2016年〜2020年予測)
4) IoT/M2M×産業分野別情報セキュリティサービス/製品ニーズ動向
5) IoT/M2M×産業分野別情報セキュリティサービス/製品の潜在需要規模(2016年、2020年)
6) 導入事例/モデルケースによるユーザー動向分析
7) 産業分野別の情報セキュリティの必要性と要因
8) 主要セキュリティベンダーのビジネスモデル比較
9) IoT/M2Mにおける情報セキュリティ市場の拡大要因/阻害要因
10) IoTセキュリティ技術とIoTセキュリティにおける対策分野
11) 関連団体および関連省庁の政策/ガイドラインと対応製品/サービス
12) 当該ビジネスのインパクトと今後の方向性
B:セキュリティベンダー/セキュリティソリューションベンダー
1) 企業プロフィール
2) IoT/M2Mにおける情報セキュリティの取り組み
3) IoT/M2Mにおける提供製品/サービス
4) 産業分野別情報セキュリティビジネス実績【2016年見込、2017年予測、2018年予測】
5) IoT/M2Mにおける情報セキュリティの導入事例/モデルケース
6) IoT/M2Mセキュリティの提供製品/サービスの需要分野/受容性
7) 当該ビジネスの推進体制
8) 当該ビジネスにおけるアライアンス/協業の状況
9) 産業分野別の情報セキュリティの有望性【市場成長要因/阻害要因】
10) 当該ビジネスの方向性と市場性に対する見解
C:ソリューション市場編
1) 製品/サービス定義
2) 参入プレーヤーにおけるマーケティング動向、事業規模予測
3) 市場規模推移(2016年〜2020年予測)
4) 対策分野別市場予測
5) 主要提供製品/サービス一覧
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2017 IoT/M2Mにおける情報セキュリティビジネス市場の将来展望

頒価
400,000円+税

発刊日
2017年03月17日(予定)

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
200ページ(予定)

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

予約特典のご案内
発刊前日までにご予約いただいた場合、CD-ROM(PDF版)を無償提供いたします。
お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 40,000円+税
      合計金額 440,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ