◆最新市場調査レポート:2017年03月15日発刊

2017 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

エレクトロニクス製品のメーカー別/国別生産状況、地域別需要動向を一望できる完全データブック
−はじめに−
  • 2016年、2017年のエレクトロニクス市場は、これまで拡大をけん引してきたスマートフォン市場の成長鈍化により、成長は停滞している。スマートフォン市場では、ハイエンド製品からミドルレンジへと需要がシフトしユーザー数も増加してきたが、最大の需要地である中国で成長が鈍化したことで、エレクトロニクス全体市場としても陰りが見え始めている。今後はヘッドマウントディスプレイ、スマートウォッチ/ヘルスケアバンド、次世代自動車、ドローン、3Dプリンター、ヘッドアップディスプレイ、車載カメラ、車載用リチウムイオン二次電池などの製品市場の拡大が期待される。
  • AV機器としてはヘッドマウントディスプレイが注目されている。2016年にエンターテインメント用途でゲーム機メーカーによる市場投入が行われ、「VR元年」ともいわれた。先進国に加え、今後は中国市場の拡大も予測される。用途としてはコンシューマーだけでなく、ビジネス用途でも市場拡大が期待されている。
  • 白物家電市場は、北米や東南アジア地域の需要がけん引した。しかしルームエアコンではブラジルを中心とする中南米市場で景気が回復せず、マイナス成長となった。
  • モビリティ・産機、車載電装機器では次世代自動車および搭載される車載用リチウムイオン二次電池が増加する見通しである。産機ではドローンの拡大が期待されており、北米や欧州でビジネス用途での利用が活発化している。
  • ユニット製品としてはスマートフォンで採用される有機ELディスプレイが増加しており、今後はスマートフォンだけではなく、TVや車載用途でも採用が増加する見通しである。小型カメラモジュールもスマートフォン向けが多く、市場の伸びは鈍化するとみられるが、デュアルカメラや虹彩認証用カメラの搭載拡大などの高付加価値化が進められる見込みである。
  • 従来、エレクトロニクス製品は中国生産のウェイトが高かったが、中国経済の不調による内需の停滞や賃金の上昇、さらには関税対策により中国以外のアジア地域に生産拠点を移すケースが増加している。成長の鈍化が見え始めている製品では生産コストを抑えるため、よりその傾向が顕著になっている。
  • 本調査資料は、これらエレクトロニクス製品市場の現状と将来展望を明示することを目的とした。
−調査目的−
  • 注目されるエレクトロニクス製品を対象に、ワールドワイドの観点から日系メーカー、外資系/ローカルメーカーの国別生産実績を調査分析することによって、関連した事業戦略策定のための基礎データ提供を目的とした。
−調査対象−
調査対象品目
AV機器8品目FPD-TV、コンパクトDSC、デジタル一眼カメラ、カムコーダー、DVD/BDプレーヤー、DVD/BDレコーダー、据置型ゲーム機、ヘッドマウントディスプレイ
白物家電6品目電子レンジ、ルームエアコン、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、空気清浄機
情報通信機器11品目スマートフォン、フィーチャーフォン、デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートウォッチ/ヘルスケアバンド、PCモニター、サーバー、複写機/複合機、ページプリンター(LED/レーザー)、インクジェットプリンター(SFP/MFP)
モビリティ・産機6品目自動車、次世代自動車、自動二輪車、ドローン、3Dプリンター、監視カメラ
車載電装機器5品目カーオーディオ、カーナビゲーションシステム、ヘッドアップディスプレイ、車載カメラ、車載用リチウムイオン二次電池
ユニット製品・部品6品目大型LCD、中小型LCD、有機ELディスプレイ、小型カメラモジュール、HDD、光ピックアップ
合計42品目 
調査対象企業
AV機器、白物家電、情報通信機器、モビリティ・産機、車載電装機器、ユニット製品・部品に関わる日系および外資系メーカー
調査対象地域
日本、中国、アジア(台湾、韓国、フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インド、その他)、北米、中南米(メキシコ、ブラジル、その他)、欧州(西欧、ロシア含む東欧)、その他(アフリカ、オセアニア、中近東、トルコ、その他)
−調査項目−
製品別市場分析
1. 製品概要
2. 地域別生産実績と予測(2015年実績〜2022年予測)
3. メーカー別地域別生産量(2016年実績)
4. 生産メーカーシェア(2016年実績/2017年見込)
5. 仕向け地動向と予測(2015年実績〜2022年予測)
6. 主要メーカーの拠点動向
7. 業界動向
−目次−
I. 総合分析(1)
1. ワールドワイドエレクトロニクス全体市場概況(3)
2. ワールドワイド製品分野別市場規模推移(2015年実績〜2022年予測)(5)
1) AV機器(5)
2) 白物家電(7)
3) 情報通信機器(8)
4) モビリティ・産機(10)
5) 車載電装機器(11)
6) ユニット製品・部品(12)
3. ワールドワイド製品別市場動向(13)
1) AV機器(13)
2) 白物家電(15)
3) 情報通信機器(17)
4) モビリティ・産機(20)
5) 車載電装機器(22)
6) ユニット製品・部品(24)
4. 製品別地域別生産動向(2016年実績)(26)
1) AV機器(26)
2) 白物家電(28)
3) 情報通信機器(30)
4) モビリティ・産機(32)
5) 車載電装機器(34)
6) ユニット製品・部品(36)
5. 製品別仕向け地動向(2016年実績)(38)
1) AV機器(38)
2) 白物家電(40)
3) 情報通信機器(42)
4) モビリティ・産機(44)
5) 車載電装機器(46)
6) ユニット製品・部品(48)
6. 主要セット機器の市場トレンド(50)
1) TV(50)
2) 携帯電話(51)
3) ウェアラブル機器(52)
4) OA機器(53)
5) 次世代自動車関連(54)
6) ADAS関連機器(55)
7. メーカー拠点動向(56)
1) AV機器(56)
2) 白物家電(57)
3) 情報通信機器(59)
4) モビリティ・産機(61)
5) 車載電装機器(63)
6) ユニット製品・部品(65)
8. 製品分野別IoT関連動向(68)
1) 分野別IoT関連取り組み状況(68)
2) 主要製品別IoT関連動向(68)
9. 主要セット機器のM&A動向(73)
1) AV機器(73)
2) 白物家電(73)
3) 情報通信機器(73)
4) モビリティ・産機(74)
5) 車載電装機器(75)
6) ユニット製品・部品(75)
10. 世界各国/地域の基礎データ(76)
1) 各国/地域基礎データ(76)
2) 主要都市基礎データ(77)
II. 製品別市場分析(87)
A. AV機器(89)
A.1 FPD-TV(91)
A.2 コンパクトDSC(97)
A.3 デジタル一眼カメラ(103)
A.4 カムコーダー(109)
A.5 DVD/BDプレーヤー(115)
A.6 DVD/BDレコーダー(121)
A.7 据置型ゲーム機(127)
A.8 ヘッドマウントディスプレイ(133)
B. 白物家電(139)
B.1 電子レンジ(141)
B.2 ルームエアコン(147)
B.3 冷蔵庫(153)
B.4 洗濯機(159)
B.5 掃除機(165)
B.6 空気清浄機(171)
C. 情報通信機器(177)
C.1 スマートフォン(179)
C.2 フィーチャーフォン(185)
C.3 デスクトップPC(191)
C.4 ノートPC(197)
C.5 タブレット(203)
C.6 スマートウォッチ/ヘルスケアバンド(209)
C.7 PCモニター(215)
C.8 サーバー(221)
C.9 複写機/複合機(227)
C.10 ページプリンター(LED/レーザー)(233)
C.11 インクジェットプリンター(SFP/MFP)(239)
D. モビリティ・産機(245)
D.1 自動車(247)
D.2 次世代自動車(253)
D.3 自動二輪車(259)
D.4 ドローン(265)
D.5 3Dプリンター(271)
D.6 監視カメラ(277)
E. 車載電装機器(283)
E.1 カーオーディオ(285)
E.2 カーナビゲーションシステム(291)
E.3 ヘッドアップディスプレイ(297)
E.4 車載カメラ(303)
E.5 車載用リチウムイオン二次電池(309)
F. ユニット製品・部品(315)
F.1 大型LCD(317)
F.2 中小型LCD(323)
F.3 有機ELディスプレイ(329)
F.4 小型カメラモジュール(335)
F.5 HDD(341)
F.6 光ピックアップ(347)
III. ブランドメーカー動向(353)
1. ブランドメーカーシェア(2016年実績/2017年見込)(35)
1) A.1 FPD-TV(355)
2) A.2 コンパクトDSC(356)
3) A.3 デジタル一眼カメラ(357)
4) A.4 カムコーダー(357)
5) A.7 据置型ゲーム機(358)
6) A.8 ヘッドマウントディスプレイ(359)
7) B.2 ルームエアコン(360)
8) B.3 冷蔵庫(360)
9) B.4 洗濯機(361)
10) B.5 掃除機(361)
11) B.6 空気清浄機(362)
12) C.1 スマートフォン(363)
13) C.3 デスクトップPC(364)
14) C.4 ノートPC(365)
15) C.5 タブレット(365)
16) C.6 スマートウォッチ/ヘルスケアバンド(366)
17) C.7 PCモニター(367)
18) C.8 サーバー(367)
19) C.9 複写機/複合機(368)
20) C.10 ページプリンター(LED/レーザー)(369)
21) C.11 インクジェットプリンター(SFP/MFP)(369)
22) D.6 監視カメラ(370)
2. 主要セット機器のブランドメーカー生産委託状況(2016年実績)(37)
1) A.1 FPD-TV(371)
2) A.2 コンパクトDSC(372)
3) A.4 カムコーダー(373)
4) A.7 据置型ゲーム機(374)
5) C.1 スマートフォン(375)
6) C.4 ノートPC(376)
7) C.5 タブレット(377)
8) C.6 スマートウォッチ/ヘルスケアバンド(378)
9) C.9 複写機/複合機(379)
10) C.10 ページプリンター(LED/レーザー)(380)
11) C.11 インクジェットプリンター(SFP/MFP)(381)
IV. URLリスト(383)
1. 日系メーカー(385)
2. 外資系メーカー(391)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2017 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

頒価
120,000円+税

発刊日
2017年03月15日

報告書体裁
A4版 オフセット印刷

ページ数
410ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-813-2

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 20,000円+税
      合計金額 140,000円+税

集計ファイルセットがあります(集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 50,000円+税
      合計金額 170,000円+税

PDF+集計ファイルセットがあります(PDFデータと集計データのセットです。単品でのご購入はできません)
    PDF+集計ファイルセットでの購入を希望する
      追加費用 70,000円+税
      合計金額 190,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      頒価 240,000円+税
    ネットワークパッケージ版をご購入いただく際は、『利用約款(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
    知財管理/購買調達を主たる業務とする企業/部署のご担当者様は、ネットワークパッケージ版を実際にご利用いただく企業名/部署名/所在地などの詳細情報を通信欄にご記入ください。
    『ネットワークパッケージ版の利用約款』に同意する (ネットワークパッケージ版のご購入時のみ必須)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ