◆マルチクライアント調査レポート:2016年08月19日発刊

自動運転技術で注目される車載用光学・耐熱ポリマーの市場性

HUD、車載カメラ・センシング、自動運転などにおける光学かつ耐熱ポリマー市場徹底調査
−調査の背景−
  • 2016年8月、日産自動車が高速道路の同一車線内での自動運転技術を搭載した「セレナ」を発売する予定である。限られた条件での自動運転であり、厳密にはADASの領域を出ない技術であるものの、自動運転普及に向けて着実に開発が進んでいる。
  • 米国でもフォードが2021年に完全自動運転を実現すると発表するなど、自動運転技術に関するニュースは毎日のように報道されている。
  • 一方で、米国では自動運転技術を搭載したテスラ社の自動車が事故を起こすなど、技術的にも法規制的にもまだ課題が多い。
  • 自動運転技術の進展に伴い、多数のカメラ・センサーが搭載される傾向にある。安全に関わる重要なデバイスであるため、カメラレンズなどの材料には高い信頼性が要求される。特に、耐熱性の要求は年々厳しくなっており、光学特性と耐熱性を両立した樹脂材料ニーズが高まっている。
  • HUDも高級車を中心に採用されているが、耐熱性と光学特性を兼ね備えた樹脂ニーズが高い。HUDはまだ搭載されている車種が限定的であり、技術開発が進むにつれさまざまな樹脂材料が今後検討されていくものとみられる。
  • このような背景を踏まえ、本調査レポートでは、自動運転・ADAS用の車載カメラとHUD市場を整理し、それぞれの部材および材料動向について明確化した。特に、耐熱性を中心とした樹脂材料に対する要求特性を整理した。
  • 自動運転システム・HUDユニットから採用材料までを網羅的に整理することで、本調査レポートが関連企業の研究開発、営業展開、海外進出など事業戦略策定にご活用いただけるものと確信している。
−調査目的−
  • 本調査レポートは、自動運転およびHUDの現状と将来像を整理することによって、車載分野における光学ポリマーの市場性を明確化することを目的とした。
−調査対象−
調査対象対象品目
システムADAS・自動運転システム、HUDユニット
部材カメラモジュール、レーダー・レーザーセンサー(ミリ波レーダー、レーザーレーダー、レーザースキャナー)、カメラ用レンズユニット、レーザー用光学部品、カメラ用樹脂、コンバイナー、凹面鏡・平面鏡、カバーシート、その他HUD部材(レンズ、他)
自動車メーカートヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、マツダ、富士重工業
部材メーカーContinental、デンソー、パイオニア、パナソニック、Valeo、日本精機、日立マクセル、村上開明堂
樹脂メーカー旭化成、JSR、帝人、日本ゼオン、ポリプラスチックス、三井化学、三菱ガス化学
−目次−
I. 総合分析・集計編(1)
1. 自動運転・HUDの普及シナリオ(2)
1) 世界自動車生産台数におけるHUD・カメラ搭載比率と採用樹脂市場(2)
2) 車載カメラの将来像(3)
3) HUDの将来像(5)
2. 採用材料動向(6)
1) 自動運転・HUD樹脂市場(7)
2) 車載カメラにおける光学ポリマーの潜在市場(7)
3) 車載カメラ・センシング用材料一覧(8)
4) HUD用材料一覧(9)
3. 各国の政策・法規制動向(11)
1) 日本(11)
2) 欧州(12)
3) 米国(13)
4) 中国(14)
4. 国内外の政府・研究機関の開発動向(15)
5. 自動車生産台数(2014年〜2020年予測、2025年予測)(17)
1) 地域別生産台数(17)
2) セグメント別生産台数(18)
6. ADAS・自動運転関連データ(21)
1) カメラ搭載自動車生産台数(21)
2) カメラ搭載自動車とカメラモジュール需要(21)
3) カメラモジュール市場(純正品のみ)(22)
4) 車載用カメラモジュール市場(純正品+ドライブレコーダー)(22)
5) 車載用カメラモジュール用レンズユニット市場(23)
6) レンズ市場(24)
7) レンズ用樹脂市場(25)
7. HUD関連データ(26)
1) HUDユニット市場(26)
2) HUD関連部材市場(26)
3) 採用素材市場(27)
II. システム・部材別ケーススタディ編(28)
A. ADAS・自動運転(29)
A1. ADAS・自動運転システム(29)
A2. カメラモジュール(38)
A3. レーダー・レーザーセンサー(50)
A4. カメラ用レンズユニット(58)
A5. レーザー用光学部品(65)
A6. カメラレンズ用樹脂(68)
B. HUD(76)
B1. HUDユニット(76)
B2. コンバイナー(86)
B3. 凹面鏡・平面鏡(90)
B4. カバーシート(96)
B5. その他HUD部材(99)
B6. HUD用材料(102)
III. メーカー別ケーススタディ編(107)
A. 自動車メーカー(108)
A1. トヨタ自動車(108)
A2. 日産自動車(112)
A3. 本田技研工業(115)
A4. マツダ(118)
A5. 富士重工業(120)
B. 部材メーカー(122)
B1. Continental(122)
B2. デンソー(125)
B3. パイオニア(129)
B4. パナソニック(132)
B5. Valeo(135)
B6. 日本精機(139)
B7. 日立マクセル(144)
B8. 村上開明堂(147)
C. 樹脂メーカー(151)
C1. 旭化成(151)
C2. JSR(153)
C3. 帝人(155)
C4. 日本ゼオン(157)
C5. ポリプラスチックス(160)
C6. 三井化学(162)
C7. 三菱ガス化学(164)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
自動運転技術で注目される車載用光学・耐熱ポリマーの市場性

頒価
660,000円(税抜 600,000円)

発刊日
2016年08月19日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
166ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門
TEL. 03-3241-3490 FAX. 03-3241-3491

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      頒価 726,000円(税抜 660,000円)

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ