◆市場調査レポート:2015年08月10日発刊

2015 次世代携帯電話とキーデバイス市場の将来展望

2極化が進むスマートフォン市場でしのぎを削る各社の製品差別化の方向性、ついに普及の始まったウェアラブル機器とスマートフォンの連携を徹底分析
−はじめに−
  • 2015年に入り、フィーチャーフォン市場の断続的かつ大幅な縮小、スマートフォンの伸長率の急速な鈍化など、いよいよ携帯電話市場にも市場停滞の波が押し寄せてきている。
  • スマートフォンの需要地域は、中国を含むアジア市場が数量市場全体の50%以上を占め、引き続き低価格帯の端末が市場をけん引しており、数量市場全体の40%強が150USD以下の端末となっている。
  • 市場の注目は低価格帯のスマートフォンに集まっているが、キーデバイスの価格下落が進んだことで2013年の前回調査時にミドルからミドルハイクラスで採用されていたデバイスが低価格帯に搭載され、ミドルレンジまでしか対応のなかったLTEがエントリークラスにまで拡大している。
  • 一方でフラッグシップの高機能化も大きく進む見込みであり、年内には4Kディスプレイ、24Mカメラ、10コアプロセッサーなどが搭載される予定となっている。
  • メーカー各社の動向をみると、低価格帯のスマートフォン市場が拡大したことから、さらに中国メーカーの影響力が強まっており、数量市場全体の約30%程度のシェアを占める。Apple、Samsung El.と合わせて携帯電話市場は三極化の様相を呈しており、デバイスメーカーにとってはこれらのメーカー、メーカー群との取引が重要性を増している。
  • スマートフォンの通信速度は今後さらに高速化していくことが予想され、2020年には1Gbps時代を迎えるとされる。超高速通信時代の幕開けと共に、現在享受しているサービスやこれを実現するために搭載されているデバイスは大きく様変わりする可能性がある。
  • 本調査レポートでは、携帯電話、タブレット、ウェアラブル機器などのモバイル情報通信機器の市場動向や参入メーカー各社の戦略、通信の高速化と共に搭載されるデバイスや実現する機能の中長期的なロードマップなどについて調査・検証を行った。
  • 本調査レポートが関係各位の今後の事業戦略立案・展開されるにあたり、役立てていただけることを切に望む。
−調査目的−
  • 本調査レポートでは、成長著しいスマートフォン市場と、同市場と今後競合・共存していくであろうタブレット、ウェアラブル機器市場、それらのキーデバイス市場を調査し、今後のモバイル機器におけるデバイストレンドを明らかにすることにより、当該事業展開のための有用な情報を提供することを目的とした。
−調査対象−
調査対象品目/メーカー事例対象企業
モバイル機器4品目携帯電話(フィーチャーフォン/スマートフォン)、タブレット、データ通信モジュール、ウェアラブル機器(スマートウオッチ/ヘルスケアバンド/活動量計)
モバイル機器メーカー9社Samsung El.、Apple、LG El.、Lenovo、Huawei、Xiaomi、ZTE、ソニーモバイル、 ASUSTeK
OEM、ODM、IDH3社Huaqin、Wingtech、Longcheer
キーデバイスRFデバイス4品目SAW/BAWデバイス、パワーアンプ、RFモジュール、水晶デバイス
LSI7品目ベースバンドプロセッサー、アプリケーションプロセッサー、センサーハブ、NAND、DRAM、無線デバイス、NFC
カメラ4品目カメラモジュール、イメージセンサー、IRカットフィルター、フラッシュライト
ディスプレイ3品目ディスプレイ、タッチパネル、バックライトユニット
バッテリー3品目リチウムイオン二次電池、フレキシブル電池、ワイヤレス充電
基材3品目ビルドアッププリント配線板、フレキシブルプリント配線板、部品内蔵基板
センサー4品目加速度センサー/ジャイロセンサー、電子コンパス、環境センサー(気圧センサー/IC温湿度センサー)、指紋認証センサー
調査対象企業
モバイル機器メーカー
Apple、ASUSTeK、Coolpad、Huawei、Lenovo、LG El.、Xiaomi、ZTE、ソニーモバイル ほか
OEM、ODM、IDH
Huaqin、Longcheer、Wingtech ほか
RFデバイスメーカー
Avago、Qorvo、Skyworks、TDK、太陽誘電MT、村田製作所 ほか
LSIメーカー
Atmel、Broadcom、Intel、Leadcore、MediaTek、Micron、NXP Semiconductors、Qualcomm、Samsung El.、SK Hynix、STMicroelectronics、東芝 ほか
カメラメーカー
EVERLIGHT、Foxconn、GalaxyCore、JSR、LG Innotek、Lite-ON、Lumileds、OVT、Samsung El.、SEMCO、Sunny Optical、旭硝子、シチズン電子、シャープ、水晶光電、ソニー、白金 ほか
ディスプレイメーカー
AUO、BOE、BYD、CPT、Giant Plus、HannStar、Innolux、IVO、JDI、LG Display、Samsung Display、Tianma、Truly、シャープ、パナソニック液晶ディスプレイ ほか
バッテリーメーカー
ATL、Convent Power、LG Chem、Lishen、Powermat、Samsung SDI、ジオマテック、積水化学、ソニー、日本電気、パナソニック、村田製作所 ほか
基材メーカー
AT&S、InterFlex、SEMCO、SI-Flex、TDK、TTM Technologies、Unimicron、Zhen Ding Technology、イビデン、住友電気工業、日本メクトロン、メイコー ほか
センサーメーカー
Apple、Bosch、InvenSense、STMicroelectronics、Synaptics、旭化成エレクトロニクス、アルプス電気、ヤマハ ほか
−調査項目−
モバイル機器
1. 製品概要
2. ワールドワイド市場動向
1) 市場概況
2) 今後の見通し
3. メーカーシェア
4. 主要参入メーカーおよび参入メーカーの動向
5. タイプ別ウェイト
6. ブランドメーカーの生産委託関係
7. 技術動向、業界トレンド
モバイル機器メーカー
1. 企業概要
1) フェイスシート
2) 企業としての強み/弱み
2. モバイル機器の出荷実績と推移
3. スマートフォンカテゴリー別出荷実績と推移
4. 生産拠点、外部委託状況(2014年実績)
5. 主要モデルの販売戦略と出荷台数(2015年見込)
6. スマートフォン向けプラットフォームの採用状況
7. ウェアラブル機器の開発動向
8. キーデバイスの調達動向
OEM、ODM、IDH
1. 企業概要
1) フェイスシート
2) 企業としての強み/弱み
2. モバイル機器の生産受託実績と推移
3. 自社ブランドと生産受託ウェイト
4. 主要端末メーカーからの生産委託状況
5. 今後の受託戦略
キーデバイス
1. 製品概要
2. ワールドワイド市場動向
1) 市場概況
2) 今後の見通し
3. 価格動向
4. メーカーシェア
5. 主要参入メーカーおよび参入メーカーの動向
6. 納入関係(2015年Q2時点)
7. モバイル機器用途別ウェイト
8. タイプ別ウェイト
9. 技術動向、業界トレンド
10. 中国市場向けの製品トレンド
−目次−
1. 総括(1)
1.1 ワールドワイドにおけるモバイル機器およびキーデバイスの将来展望(3)
1.2 各ウェアラブル機器の特徴および今後の方向性(5)
1.3 GDP、人口からみた有望市場分析(8)
1.4 携帯電話メーカーの日系部材採用状況(13)
2. モバイル機器市場動向(21)
2.1 モバイル機器の市場規模推移(23)
2.2 携帯電話メーカーシェア(27)
2.3 携帯電話地域別市場規模推移(29)
2.4 スマートフォンカテゴリー別市場規模推移(31)
2.5 モバイル機器のOS別市場規模推移(35)
2.6 新興国の携帯電話メーカー一覧(37)
3. 通信市場概況(39)
3.1 モバイル機器で使用される周波数一覧(41)
3.2 LTE/5G高速化のロードマップ(45)
3.3 トラフィック増加傾向の予測(47)
4. 主要デバイスのトピックス(49)
4.1 CPUメーカー間の競合関係と微細化の進展(51)
4.2 メモリー市場における微細化の方向性(54)
4.3 モバイルカメラモジュールの進化およびデュアルカメラの動向(57)
4.4 スマートフォン用ディスプレイの最新トレンド(61)
4.5 スマートフォン/ウェアラブル機器へのバイオメトリクスセンサーの搭載(64)
4.6 モバイル機器への決済機能の導入(66)
4.7 新規デバイスの搭載(68)
5. 集計(69)
5.1 キーデバイス市場全体の動向(71)
5.1.1 キーデバイス市場全体の動向(73)
5.2 キーデバイス市場の集計(75)
5.2.1 RFデバイス(77)
5.2.2 LSI(80)
5.2.3 カメラ(84)
5.2.4 ディスプレイ(87)
5.2.5 バッテリー(90)
5.2.6 基材(93)
5.2.7 センサー(96)
6. モバイル機器の市場動向(99)
6.1 携帯電話(フィーチャーフォン/スマートフォン)(101)
6.2 タブレット(107)
6.3 データ通信モジュール(111)
6.4 ウェアラブル機器(スマートウオッチ/ヘルスケアバンド/活動量計)(114)
7. メーカー事例(119)
7.1 モバイル機器メーカー(121)
7.1.1 Samsung El.(123)
7.1.2 Apple(127)
7.1.3 LG El.(131)
7.1.4 Lenovo(135)
7.1.5 Huawei(140)
7.1.6 Xiaomi(144)
7.1.7 ZTE(149)
7.1.8 ソニーモバイル(153)
7.1.9 ASUSTeK(157)
7.2 OEM、ODM、IDH(161)
7.2.1 Huaqin(163)
7.2.2 Wingtech(166)
7.2.3 Longcheer(169)
8. キーデバイス(173)
8.1 RFデバイス(175)
8.1.1 SAW/BAWデバイス(177)
8.1.2 パワーアンプ(182)
8.1.3 RFモジュール(187)
8.1.4 水晶デバイス(193)
8.2 LSI(201)
8.2.1 ベースバンドプロセッサー(203)
8.2.2 アプリケーションプロセッサー(208)
8.2.3 センサーハブ(213)
8.2.4 NAND(217)
8.2.5 DRAM(222)
8.2.6 無線デバイス(228)
8.2.7 NFC(233)
8.3 カメラ(237)
8.3.1 カメラモジュール(239)
8.3.2 イメージセンサー(247)
8.3.3 IRカットフィルター(254)
8.3.4 フラッシュライト(258)
8.4 ディスプレイ(263)
8.4.1 ディスプレイ(265)
8.4.2 タッチパネル(275)
8.4.3 バックライトユニット(283)
8.5 バッテリー(287)
8.5.1 リチウムイオン二次電池(289)
8.5.2 フレキシブル電池(295)
8.5.3 ワイヤレス充電モジュール(298)
8.6 基材(303)
8.6.1 ビルドアッププリント配線板(305)
8.6.2 フレキシブルプリント配線板(310)
8.6.3 部品内蔵基板(316)
8.7 センサー(321)
8.7.1 加速度センサー/ジャイロセンサー(323)
8.7.2 電子コンパス(329)
8.7.3 環境センサー(気圧センサー/IC温湿度センサー)(335)
8.7.4 指紋認証センサー(338)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2015 次世代携帯電話とキーデバイス市場の将来展望

頒価
120,000円+税

発刊日
2015年08月10日

報告書体裁
A4版 原本コピー簡易製本

ページ数
342ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

ISBNコード
ISBN978-4-89443-756-2

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 10,000円+税
      合計金額 130,000円+税

ネットワークパッケージ版があります(ネットワークパッケージ版の詳細について
    ネットワークパッケージ版の購入を希望する
      追加費用 120,000円+税
      合計金額 240,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ