◆マルチクライアント調査レポート:2015年01月08日発刊

2015 中国におけるカメラモジュール業界の最新動向調査

ハイエンド指向を強める中国カメラモジュールメーカーの実態を徹底現地調査・セキュリティや車載分野などへの新規事業展開も網羅
(2014 中国におけるカメラモジュール業界の最新動向調査から改題)
−調査の背景−
  • スマートフォンの市場は、先進国では需要が一巡し市場が成熟しつつある。その一方、中国では引き続き旺盛な需要が見込まれている。現在では中国スマートフォン市場の約8割(出荷数量ベース)を中国メーカーが占めており、グローバルメーカーよりも中国メーカーの存在感が高まっている。大手中国メーカーは販売シェアだけでなく、高機能端末の開発・販売も強化しており、もはや単なる低価格端末メーカーではなくなっている。
  • 中国スマートフォンメーカーはカメラの高機能化にも積極的である。サブカメラを例にとると、中国以外では1.3Mや2Mが一般的であるが、中国では5Mや8Mを搭載するケースが増加している。これには中国で自分撮りのニーズが高いという背景がある。しかし、高画素の自分撮りカメラは、中国独自のトレンドの域を超えて、徐々にグローバルに広がる兆しがあり、中国から新しいカメラのトレンドが生みだされる可能性が高まっている。
  • サブカメラだけでなく、メインカメラもグローバルメーカーと同様か、それ以上の高機能を求める傾向がある。具体的には、16Mや20Mなどの高画素イメージセンサー、IR吸収フィルター、光学式手振れ補正(OIS)ユニット、ツインカメラなどの搭載が挙げられる。
  • 本調査資料では中国のスマートフォン・カメラモジュールメーカーに注目し、各社の動向を明確にした。市場編では、カメラにおける新機能搭載の動向や、端末・カメラモジュール・キーデバイスのサプライチェーンなどを明らかにした。また、企業事例では、各社のカメラモジュール事業の現状および開発状況、車載カメラや監視カメラ分野への展開動向などの調査も行った。
  • 本調査資料が、カメラモジュール関連業界に携わる各企業にとって、今後の戦略立案を行う上での一助となり、広くご活用いただければ幸いである。
−調査目的−
  • 市場拡大が続く中国市場を中心に、中国スマートフォンメーカーのカメラ機能のトレンド、中国におけるカメラモジュールメーカーおよび関連部材メーカーの事業戦略、生産規模や新製品開発動向を把握することを目的とした。
−調査対象−
調査対象品目/調査対象企業
デバイス市場5品目カメラモジュール、イメージセンサー、レンズユニット、アクチュエーター、IRカットフィルター
メーカーケーススタディ20社カメラモジュールメーカー(9社)、レンズユニットメーカー(4社)、アクチュエーターメーカー(3社)、IRカットフィルターメーカー(4社)
調査対象企業 順不同
中国スマートフォンメーカーBBK、Coolpad、Gionee、Huawei、Lenovo、Meizu、OPPO、TCL、Xiaomi、ZTEほか
カメラモジュールメーカーSunny、Q Technology、Truly、O-FILM、KingCome、Darling、Lite Array、Lite-ON、Foxconn、BYDほか
イメージセンサーメーカーソニー、Aptina Imaging、GalaxyCore、OmniVision Technologies、Samsung Electronicsほか
レンズユニットメーカー旭業光電、覇王、川和田、理念光電、カンタツ、Genius、Larganほか
アクチュエーターメーカー金誠泰、比路、新思考、TDK、アルプス電気、ミツミ電機ほか
IRカットフィルターメーカー水晶光電、五方光電、白金、成都光明、旭硝子ほか
−調査項目−
カメラモジュール
1. 市場規模推移・予測
2. メーカーシェア(数量、2013年・2014年実績)
3. サプライチェーン
4. OISカメラモジュールの市場規模推移・予測
5. 画素・タイプ別価格動向
6. 中国カメラモジュールメーカーのシェア推移
カメラモジュール関連デバイス
1. 市場規模推移・予測
2. メーカーシェア(数量、2013年・2014年実績)
3. サプライチェーン
4. カメラモジュールの薄型化・高機能化に貢献する技術の動向
5. 画素・タイプ別価格動向
6. 主要メーカーの中国市場へのアプローチ状況
メーカーケーススタディ
1. 基本プロフィール
2. 主要ビジネスの現状
3. カメラモジュール関連事業の特徴・強み
4. 主な事業沿革
5. 製造関連拠点
6. 出荷数量の推移と将来予測
7. 販売状況(中国国内/中国国外のターゲット市場)
8. 供給状況
9. 設計/製造の外注比率
10. 生産能力の状況
11. キーデバイスの調達状況
12. 今後の開発の方向性
13. 主な画素別の戦略
14. スマートフォン以外の分野での取り組み状況
−目次−
I. 総括(1)
1. 中国におけるカメラモジュール業界の現状(2)
2. 中国スマートフォン市場におけるカメラ機能のトレンド(4)
3. 中国カメラモジュールメーカーの特徴(7)
4. 中国スマートフォンメーカーのカメラ機能の動向(10)
5. キーデバイスメーカーの中国市場での事業展開(12)
II. 市場編(17)
1. カメラモジュール(18)
2. イメージセンサー(24)
3. レンズユニット(28)
4. アクチュエーター(32)
5. IRカットフィルター(35)
III. 企業事例(カメラモジュールメーカー)(39)
1. Sunny(40)
2. Q Technology(48)
3. Truly(56)
4. O-FILM(64)
5. KingCome(72)
6. Darling(80)
7. Lite Array(88)
8. Lite-ON(97)
9. Foxconn(105)
IV. 企業事例(レンズユニットメーカー)(113)
1. 旭業光電(114)
2. 覇王(120)
3. 川和田(126)
4. 理念光電(131)
V. 企業事例(アクチュエーターメーカー)(137)
1. 金誠泰(138)
2. 比路(143)
3. 新思考(148)
VI. 企業事例(IRカットフィルターメーカー)(154)
1. 水晶光電(155)
2. 五方光電(161)
3. 白金(166)
4. 成都光明(172)
−お問い合わせ・お申し込みについて−
調査資料名
2015 中国におけるカメラモジュール業界の最新動向調査

頒価
400,000円+税

発刊日
2015年01月08日

報告書体裁
A4版 ワープロタイプアップ

ページ数
177ページ

担当部署
株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門
TEL. 03-3664-5839 FAX. 03-3661-1414

お申し込み方法
下記のフォームにて直接お問い合わせ、お申し込みください。
受信後、担当者より折り返しご連絡いたします。
また、必要事項をE-mail、ファクシミリにてinfo@fcr.co.jpまでお送りいただいても結構です。
お申し込み後の処理フローは“市場調査レポートのお申し込みについて”のページでご確認ください。


E-mailお申し込み書

お問い合わせ・お申し込み内容
このレポートについて詳細な説明を受けたい
このレポートに類似した内容について市場調査の依頼を検討している
このレポートの見積を依頼する
このレポートの購入を希望する

PDFセットがあります(市場調査レポートをPDF化したものです。単品でのご購入はできません)
    PDFセットでの購入を希望する
      追加費用 30,000円+税
      合計金額 430,000円+税

お名前 (必須)
御社名 (必須)
ご所属 (必須)
ご役職
ご所在地 郵便番号(必須)
電話番号 (メール、電話どちらか必須)
FAX
電子メール (メール、電話どちらか必須)
富士キメラ総研担当者
お支払い予定日
お支払い規定
通信欄
ご入力いただいた個人情報はお申し込み・お問い合わせへのご対応に利用させていただきます。
市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて(新しいウィンドウもしくはタブで開きます)』の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみ、以下の入力欄にチェックを入れてください。
『市場調査レポートのご購入・お問い合わせに際して取得する個人情報のお取り扱いについて』に同意する (必須)
簡単入力機能 入力内容を保存する  
チェックをつけるとフォームの内容が保存され次回以降の入力が簡単になります。


ページトップ